今宵の〆は旨みたっぷりのパエリアとこっくりな赤ワインでいかが❓ 西麻布の隠れ家のような居心地のよい...

Date2015/09/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今宵の〆は旨みたっぷりのパエリアとこっくりな赤ワインでいかが❓  西麻布の隠れ家のような居心地のよい

今宵の〆は旨みたっぷりのパエリアとこっくりな赤ワインでいかが❓

西麻布の隠れ家のような居心地のよい『フェルミンチョ』
ここは スペインバスク地方とカタルーニャ地方のレストラン。

シェフはこのスペインのふたつの地方で長いこと働いていましたので、現地のエッセンスそのままが香ります。


〜バスクとカタルーニャ地方の食について〜

スペイン料理は、地方によってさまざまな特徴があります。
バスクもカタルーニャもそれぞれ独特の文化、気質、言語、食べものを持ちます。
特にこのふたつの地方は独立心が強く、自分たちはバスク人、カタルーニャ人と尊厳を持って文化を守っています。

ふたつの地方の料理の共通点といえば、海と山の幸に恵まれ、新鮮な素材をシンプルに仕上げ、独自のレシピを持つことでしょう。
バスクは大西洋、カタルーニャは地中海に面し、そしてどちらもピレネー山脈をはさんでフランスとの国境にまたがっています。

豚、鶏、羊、魚貝、干し鱈や木の実、独特のスパイスやオリーブオイルと豊かな食材から生まれる世界的に有名なレストランの数は、スペインのなかでバスクとカタルーニャ地方に集中しているのです。

ワインの共通点はすてきな "泡" があること!
バスク地方には北大西洋を望む丘でできる『チャコリ』というチャーミングな微発泡スパーリングワインが。
現地のバールに入ればカウンターの中で高く掲げた『チャコリ』のボトルから寸胴グラスに注ぐ威勢のよい様子が見られます。
爽やかで軽やかな味わいで、タパスや魚介料理にぴったり!

カタルーニャ地方ではご存知『カヴァ』が作られます。シャンパーニュのように第二次発酵させた風味豊かでコクをもつスパーリングワインは、どんな料理にも合わせることができます。

もちろん白ワイン、赤ワインとバラエティもいろいろ。

くわしくはシェフとおしゃべりしながら味わってみてくださいね♪


西麻布 フェルミンチョ
http://www.fermintxo.com/

今回紹介したスポット

FERMiNTXO

TEL.03-6804-5850

  • 東京都港区西麻布1-8-13
  • 月~金 18:00~24:00(L.O.23:00) 土 17:00~23:00(L.O.22:00)
  • 毎週日曜日 ※不定休あり

場所乃木坂

同じエリアの人気記事

アユミンゴ

アユミンゴさん

東京生まれ東京育ち

プロフィール

現役国際線CA, シニアソムリエ, チーズプロフェッショナル, 利き酒師, コルドンブルーパリ校上級ディプロマ, 仏語検定2級, 仏バスク地方で料理人の経験, 欧州食文化をテーマに投稿, CAN会員

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える