デパ地下のスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

【スイーツ番長推薦!】銘品「小川軒レイズンウイッチ」をデパートで手に入れる

レーズンサンドクッキーの元祖ともいえる存在で、どこにお土産としてもっていっても喜んでもらえる逸品中の逸品。

投稿日:2015/08/17

スイーツ番長のスイーツセレクション

銘品「小川軒レイズンウイッチ」をデパートで手に入れる

卯花墻(諸国銘菓) / 御茶ノ水小川軒・レイズンウイッチ

レイズンウイッチ

スイーツ番長の「ここが推薦ポイント!」

point1
どこにお土産としてもっていっても喜んでもらえる逸品
point2
レーズンサンドクッキーの元祖
point3
バターとバニラ、洋酒漬レーズンの香りが大人な味わい

レーズンサンドクッキーの元祖ともいえる存在で、どこにお土産としてもっていっても喜んでもらえる逸品中の逸品。

小川軒は明治38年、小川鉄五郎氏が洋風レストラン「小川軒」を汐留に開業したのが発端。その歴史の中で長男が「代官山小川軒」、次男は「巴裡小川軒(目黒・新橋)」、三男「御茶ノ水小川軒」(レストラン)、親戚は「鎌倉小川軒」暖簾が分かれていった。もちろん、どこもレーズンウイッチを製造販売し、微妙な個性があり、それぞれにファンがいる。

サクサクのクッキーに特製ホイップクリームで洋酒漬レーズンを和えサンド。バターとバニラの大人な味わいがいい。御茶ノ水小川軒のレイズンウイッチは一日の製造数が少くレアなところがスイーツマニアに人気なんです。

レイズンウイッチ

西武池袋本店

池袋

商品名
御茶ノ水小川軒・レイズンウイッチ
販売店名
卯花墻(諸国銘菓)
税込価格
1,296円

※ご購入の際は、事前に店舗へご確認の上お買い求めください。

おいしい寄り道 デパ地下 INDEX

エリアで探す
ジャンルで探す
ランキング
スイーツ番長

スイーツ番長

プロフィール

強面のルックスとスイーツのギャップ、見識の深さ、個性的な文体と美しい写真による独自のスイーツ評、そしてライフスタイルが耳目を集め、多方面にて活躍。スイーツ&グルメなどのプロデュース、商品開発、コンサルタントも手がける。フードキュレーター協会代表、2014年にグルメブロガー集団「たべあるキング」を旗揚げし主宰を務める。

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える