夏はカレー。 パン!パン!と威勢よく生地をたたいて カウンターの向こうでナンを焼く気配がする。 ...

Date2015/08/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏はカレー。  パン!パン!と威勢よく生地をたたいて カウンターの向こうでナンを焼く気配がする。

夏はカレー。

パン!パン!と威勢よく生地をたたいて
カウンターの向こうでナンを焼く気配がする。

やがてそれはワイヤーでつくった籠にのせられて、
カウンター越しにネパールのカレーといっしょに
手渡される。アチ!となるほど焼きたてのナン。

夏はスパイスに元気をもらう。
冬は指先とからだを温めてもらう。

一年中、熱々がおいしいねといって
指先に気をつけながら巨大なナンをちぎって食べている。

熱々がおいしいパンは、ナンとピッツァと中華饅頭。
食いしん坊は、いつもそんな話になる。

今回紹介したスポット

Sajilo Cafe

TEL.0422-77-9468

  • 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8
  • 月・火・木・金 ランチ:11:30~15:30(L.O.15:00) 土・日・祝日 ランチ:11:30~16:00(L.O.15:30)(土日祝日は通し営業(~23時まで)) 月・火・木~日・祝日 ディナー:18:00~23:00(L.O.22:30)
  • 毎週水曜日

場所吉祥寺

同じエリアの人気記事

清水美穂子

清水美穂子さん

東京生まれ東京育ち

プロフィール

情報サイトAll AboutパンやBread Journalの他、雑誌等メディアでおいしいパンとその向こう側にスポットをあて続ける。パンを楽しむ企画のコーディネート、執筆多数。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える