インタビュー
Vol.
06
染谷将太さん
園子温監督

人気ドラマ『みんな!エスパーだよ!』の映画化に伴い、今回は主演の染谷将太さんと監督の園子温さんに、インタビュー。映画の秘話から、それぞれのおでかけ事情、また2人がおすすめする東京のデートスポットなども直撃!

「巣鴨とか色々な場所に出かけるのが好きです。"ぶらり途中下車"みたいなデートもしてみたいですね(染谷)」

 2015年9月に公開予定の『映画 みんな!エスパーだよ!』に加えて、過去にも『ヒミズ』や『TOKYO TRIBE』など共作の多い2人。プライベートでは一体どのような付き合いがあるのだろうか。

染谷「さすがに監督と2人で出かけることはないですが(笑)、僕が園さんの家へお邪魔することはたまにありますよ」
 そんな染谷さんは日ごろから、色々な場所に出かけるという行動派。
染谷「昔は渋谷によく行ってました。『アイ&アイ』という古着ショップが好きだったので、買い物をしたり映画を観たり…何をするにも渋谷が多かったですね。 最近は、もっといろいろなところに出かけるのが好きで、この前は巣鴨へも行きましたよ。昔ながらの商店街など雰囲気があってよかったですね。とげぬき地蔵(高岩寺)にもきっちりお参りに行ってきました」
園「巣鴨いいよね。俺も住んでたことがあって、昔はよくプラプラしてたよ」
 ちなみに園さんは知る人ぞ知る、大の"引っ越し魔"。
園「巣鴨でしょ、あと隣の大塚池袋茗荷谷浅草渋谷新宿……。今仕事場が下北沢なんですが、下北沢の中だけでも4回引っ越してます(笑)。どこでも長く住んでいると、とにかく飽きちゃうんですよね。最短だと3ヶ月で引っ越したこともあります(笑)」
 園さんが現在住んでいる高円寺~方南町界隈は、住み始めて2年半。飽きっぽい園さんが長期間住み続けるその魅力とは?
園「派手さのない街並みですが、近くに神田川が流れていたりして素朴な感じがいいんですよね。川沿いは散歩にするのにも最適です」

 東京の街事情に詳しいお2人。おすすめの東京のデートコースを聞いてみると、
染谷「ローカルな都電の旅とか楽しそうですよね。『ぶらり途中下車の旅』じゃないですけど、あんな感じでのんびりと小旅行ができたら最高じゃないですか」
園「意外と新宿のゴールデン街って、行ったことがない人も多いと思うのでオススメ。女同士ではなかなか行けないし、昔ながらの雰囲気のあるお店とか、今の若い女性などは新鮮に感じるんじゃないですかね」

「もし自分がエスパーなら、"惚れさせ力"を身につけたいです(園)」

 2013年O.A.当時、大人気を博した、童貞高校生が織りなすおバカでちょいエロな青春妄想ドラマシリーズ『みんな!エスパーだよ!』が、このたびエロ&妄想度もスケールアップして映画化&復活!

園「確かにエロ度は格段に上がっています。ただ53歳の自分が若い女性の水着を撮りまくって、世間様から"園子温はエロオヤジなんだ"って誤解だけはされたくない(笑)」
染谷「現場の光景が異常すぎて、大勢の水着の女性も、もはや異常でエロくないです(笑)」
 そんなお二人が思う、今作の見どころは?
染谷「自分でいうのもなんですが、僕の女装ですかね…(笑)。女装はドラマ版でもしているんですが、今回よりも前の方がよかったって俳優陣からはガッカリされました。『前回よりもスネが大人になってるんだよなぁ』とか言われたりして(笑)。でも女優陣からは大絶賛されたので、ここは見る方の判断にお任せします」
園「見どころかどうか微妙ですが、各キャラクターごとに瞬間移動や透視といった特殊な能力を持っているにもかかわらず、全員がまったく活用できてないという部分ですかね。例えばマキタスポーツさんが演じる輝(てる)は念動力(テレキネシス)の使い手でテンガを武器として持ち歩いていますが、一度も使った試しがない。あれは高校球児が胸のお守りを握りしめているのと同じです(笑)」
 もし、自身がエスパーになるならどんな能力を身につけたいかを聞いてみると…。
染谷「一度見たら絶対に忘れない記憶力を身につけたいです。そうすればセリフを一瞬で憶えられるので」
園「仕事に役立つ能力を欲する真面目な染谷くんには申し訳ないですが、僕なら"惚れさせ力"ですね。もういるだけで女性がバンバン寄ってくるという(笑)。特に思春期の男子にこれがあれば、大抵の悩みは解消されると思います」


Photo/Megumi Uchiyama Text/Kei Osawa

PROFILE & INFORMATION

染谷将太(そめたに・しょうた)1992年9月3日生まれ。東京都出身。
俳優。9歳のときに映画『STACY』で初出演を果たすと、2009年には映画『パンドラの匣』で初主演。2011年第68回ヴェネチア国際映画祭に出品した『ヒミズ』では日本人で初めてマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。今秋には映画『先生と迷い猫』、『バクマン。』、『ディアーディアー』が公開待機中。
公式サイトはコチラ→http://www.toysfactory.co.jp/artist/shotasometani

園子温(その・しおん) 1961年12月18日生まれ。愛知県出身。
映画監督。大学入学後に8mm映画を制作し、映画『俺は園子温だ!』が『ぴあフィルムフェスティバル』にて入選を果たす。その後『紀子の食卓』や『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『ヒミズ』など多くの人気作を手掛ける。ちなみに今作『映画 みんな!エスパーだよ!』の舞台である愛知県東三河は、園さんの出身地。
公式サイトはコチラ→http://www.sonosion.com

『映画 みんな!エスパーだよ!』
高校生エスパー・鴨川嘉郎と、その仲間たちによる戦いや友情を描いた人気ドラマの劇場版。エスパーたちの童貞人生をかけたちょっとエッチな青春コメディを、今作ではドラマシリーズを遥かに凌ぐスケールで描いている。9月4日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。【配給】ギャガ
公式情報はコチラ→http://esper-movie.gaga.ne.jp/

(c)若杉公徳/講談社(c)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

週末に出かけたい!おすすめ「おでかけスポット」はコチラ

染谷さんも訪れたとげぬき地蔵尊。昔ながらの商店街などレトロな雰囲気の巣鴨へ!

園さんおすすめ!ディープな雰囲気を楽しむ"変りダネ"デートコース

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える