WOMENのスポット・イベントおでかけ記事

おでかけスタイル
流行のお店やイベントなど、今話題の情報を知りたい人は必見! 旬の人や、キュレーター、おでかけ大好き編集部が、気になるおでかけスタイルを記事(コラム)提案します。通勤途中や寝る前のちょっとした時間に、次のおでかけ先をチェック。
イメージ

ミャンマーの魅力発信イベント『GLACE』に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月3日、ミャンマーのテイン・セイン大統領の来日にあわせて開催されたミャンマーの魅力発信イベント「GRACE」。ミャンマーを拠点にグローバルに活躍するファッションデザイナーMo Hom(モー・ホム)氏のファッションショーも行われると聞きつけLet’s Enjoy FASHION編集部も潜入取材へ!

Date2015/07/09

ファッションおでかけをもっとオシャレに、もっと楽しく!【Let's Enjoy FASHION】

ミャンマーの魅力発信イベント『GLACE』に潜入!

 2015年7月3日、ミャンマーのテイン・セイン大統領の来日にあわせて開催されたミャンマーの魅力発信イベント「GRACE」。ミャンマーを拠点にグローバルに活躍するファッションデザイナーMo Hom(モー・ホム)氏のファッションショーも行われると聞きつけLet’s Enjoy FASHION編集部も表参道のIDOLへ潜入取材へ!

イメージ
イメージ

 会場内は、ミャンマーの伝統的な生地や雑貨で鮮やかに彩られ、カウンターに並ぶ料理からはエスニックな香辛料の香りが漂い、早くもエネルギー溢れるミャンマーの様子が伝わってくる。



ミャンマー出身のデザイナーMo Hom氏のファッションショー

 ファッション、雑貨を中心に、ミャンマーで作られたものを世界につなぐためのきっかけ作りとして開催された今回のイベント。中でもメインイベントとなったのは、ミャンマーを拠点にNYでも自身のブランドを展開するファッションデザイナーMo Hom(モー・ホム)氏のファッションショー。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

 ミャンマーの伝統的な民族衣装にモダンなデザインをプラスして新しく生まれたスタイルは、存在感があるけれど軽快で現代的。Mo Hom氏がのショーが始まり会場は一気に華やぎ、ミャンマーの伝統的な技法を生かした繊細な手仕事、エネルギッシュな色使い、多種多様な民族が集まったミャンマーだからこそ生まれた表情豊かなテキスタイルを使ったスタイルが次々に登場した。



ファッションデザイナーMo Hom氏 インタビュー

イメージ

 今回のショーを手がけたMo Hom(モー・ホム)氏は、祖国ミャンマーとNYを行き来しながらブランド「Lotus Hom」を展開しているファッションデザイナー。「Lotus Hom」はミャンマーに残る手仕事や伝統意匠を生かしながら、Mo Hom氏がグローバルに活躍する中でキャッチアップしたモダンな感覚をミックスしたスタイルを提案。最近ではエアラインやホテルの制服デザインなども手がけているそうなのでミャンマーに旅行へ行く時には是非チェックしてみたい。

ブランド展開する一方、ミャンマー、そして女性の社会支援を行う活動も手がけるMo Hom氏。まだまだミャンマーはファッション市場としてのマーケットが小さいと話すMo Hom氏のつくる洋服は、主にNYなどアメリカをはじめとした先進国での展開が中心。しかしファッションを通してミャンマーが豊かになるように、女性に向けて刺繍など収入を得られるための技術教育を行ったり、現地の人が自国で作られたファッションを楽しめるように低価格に抑えた商品を展開したりと 様々な取組みで現地の生活をサポートしている。

生活水準が上がることで、ファッションを楽しむ余裕も出てくる。もっとミャンマーの人にもファッションを楽しんで欲しいと今後の社会支援にも精力的。

東京の女性のファッションについて尋ねると、「おしゃれな人が多い。ただ流行を取りれるだけではなくて、プラスして可愛いらしさがあったりと、みんなそれぞれにユニークな要素がプラスされている」と感想を話してくれた。さらに東京で行きたい場所を尋ねると、美術館や古い建造物が好きでお寺なども見てみたいそう。多くの自然や仏教遺跡が残るミャンマーとはまた違った街の表情に新しいアイディアも沸いてくるかも!?

チャーミングな人柄でファッション、そしてミャンマーの活性化に大きく貢献するMo Hom氏。ミャンマーにはたくさんの大事にするべき技術やデザインがあること、まだまだ発展していくポテンシャルがあることを話してくれた。今回のイベントはそれを日本で伝える大切なきっかけとなったよう。



ミャンマーの手仕事から生まれた表情豊かな雑貨たち

イメージ

 ちょっととぼけた表情の動物をかたどった張り子、カラフルな色使いのアクセサリー、伝統衣装ロンジーを使った財布・・・。次から次へと目を奪われてしまう雑貨たちもミャンマーの魅力を知るには欠かせないアイテム。

イメージ

 今回展示に並んだ雑貨たちは、現地のショップ「Pomelo(ポメロ)」で実際に取り扱われている商品からセレクトされ、どれも毎日がちょっと楽しく、豊かになるようなものばかり。



蓮から布!?蓮の茎から糸をつむぐ実演も!

イメージ

 会場の一角では蓮の茎から糸をつむぐ実演も行っていた。パキッと蓮の茎を折るとごく細い繊維が。(写真下)触らせてもうと意外な程にしっかりしていて、それを重ね糸をつむいでいく。ミャンマーではこの蓮の茎から作った糸で民族衣装やスカーフを作っているそうで、コットンのようなあたたかく柔らかなさわり心地の生地が織りあがっていた。



トップレベルの交流も行われ今後の展開が楽しみ!

イメージ

 ファッションがメインながらもその枠にとどまらず、ミャンマーの魅力を様々に伝える今回のイベント。今後はミャンマー発のブランドを日本で目にする機会も増えていきそう!

イメージ

安倍首相も来場!!

普通のイベントに比べてやけに警備が厳重・・・と思っているとなんと会場にはテイン・セイン大統領と日本の安倍首相の姿も!安倍首相は今回のように文化的要素の強いファッションや地場産品といった交流も日本・ミャンマー間で深めていきたいとスピーチ。




今回紹介したスポット

IDOL

TEL.03-6427-4779

  • 東京都港区南青山5-11-9B1
  • 月〜土 11:30〜23:00 (L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30) ランチ 11:30-16:00/カフェ 15:00-18:00/ディナー 18:00-23:00 日 11:30〜18:00 (L.O.17:00、ドリンクL.O.17:30) ランチ 11:30-16:00/カフェ 15:00-18:00
  • 不定休日あり

場所表参道

ファッションTOPに戻る

同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

ページTOPへ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える