「ただいま」と言いたくなるような、一軒家を改装したお店。扉を開けると「いらっしゃいませ」という優しい...

Date2015/06/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ただいま」と言いたくなるような、一軒家を改装したお店。扉を開けると「いらっしゃいませ」という優しい

「ただいま」と言いたくなるような、一軒家を改装したお店。扉を開けると「いらっしゃいませ」という優しい声が聞こえてきました。

素朴でナチュラルなマフィン達が並ぶ、「ヴィーガンマフィン屋 七曜日」。

選んだのは「紅茶とはっさく」。
ぎっしり、しっかりとしたマフィン。
気持ちがきちんと込められているのでしょう。ホッとする、安心感のような幸せが感じられました。

紅茶の茶葉がたっぷりと入り、香り豊かに仕上がったマフィンの中心には、はっさくがゴロゴロ!甘酸っぱさにちょっぴり苦味が加わり、とてもさわやか。


こちらのマフィンは、純植物性のヴィーガンマフィンというのが特徴。

卵やバター、牛乳などの動物性食材、白砂糖を使わずにからだにも心にもやさしいマフィンを作られています。

だからと言って、甘くないわけではなく、甜菜糖やメープルシロップなどで甘さが付いており、あとは使用している食材のもつ力。南部地粉や国産の全粒粉、その他できる限り国産またはオーガニックの食材を使うというこだわり。

とても魅力的なマフィンに出会いました。味は季節で変わるそうなので、違う味も食べてみたいですね。

今回紹介したスポット

ヴィーガンマフィン屋 七曜日

  • 東京都目黒区緑が丘1-13-4パークハイツ緑が丘 1F

場所緑が丘

同じエリアの人気記事

プロフィール

製菓専門学校卒業、パティスリーの経験を経て現在、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格「スイーツコンシェルジュ アドバンス」を取得。自身の経験や感覚を生かした執筆、制作、レシピ提供を行っている。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える