「ずんだ」のお菓子をわざわざ東京で?と思うかもしれませんが、この「ずんだスイーツ大福」は、ずんだ茶寮...

Date2015/06/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ずんだ」のお菓子をわざわざ東京で?と思うかもしれませんが、この「ずんだスイーツ大福」は、ずんだ茶寮

「ずんだ」のお菓子をわざわざ東京で?と思うかもしれませんが、この「ずんだスイーツ大福」は、ずんだ茶寮・大丸東京店のみの販売なのです。

ふわふわ、もっちりの薄い求肥もちでたっぷりの特製ずんだクリームと、プリン、スポンジ、を包んだ大きな大福。

プリンのコクが、更にずんだの風味を広げてまろやかに。粒つぶとしたずんだの食感もしっかりと感じられます。

すぐ後ろに厨房があり、そこで作られているのだそう!

思わず頬ずりしたくなるような、綺麗で丸々とした大福は、なんだか食べるのがもったいなくて。。

でも食べ始めると、止まらなくなるんですけどね。笑

美味しさにも驚きましたが、もうひとつ驚いたことが!!
この大福、私が購入したものが綺麗だった訳ではなく、ショーケースに並んでいる全てがどれも均一に作られていて、とても綺麗でした。これは本物?と思ってしまうくらいです。

同じものをたくさん作ることはとても大変で、もちろん一つ一つ形が違うのも「味」となって、それが良い場合もありますが、この大福のように均一に作られたものがショーケースに並ぶのも、本当に綺麗で見惚れてしまいます。

今回紹介したスポット

ずんだ茶寮 東京大丸店

  • 東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店 B1F

場所東京

同じエリアの人気記事

プロフィール

製菓専門学校卒業、パティスリーの経験を経て現在、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格「スイーツコンシェルジュ アドバンス」を取得。自身の経験や感覚を生かした執筆、制作、レシピ提供を行っている。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える