今話題のココナッツオイルの失敗しない 選び方3つのポイント ココナッツオイルは最近人気ですが、情報...

Date2015/04/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
美容・癒し
今話題のココナッツオイルの失敗しない 選び方3つのポイント  ココナッツオイルは最近人気ですが、情報

今話題のココナッツオイルの失敗しない 選び方3つのポイント

ココナッツオイルは最近人気ですが、情報に振り回されて、危ない摂り方をしている方がとても多いので、今日はココナッツオイルの害についてお話ししたいと思います。

1.油はヴァージンココナッツオイルを選びましょう。

まずは油についての基礎知識から。
サラダ油や、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸などの飽和脂肪酸は
〝体に悪い・太る〝とされていますが、同じ飽和脂肪酸でもココナッツオイルは
中鎖脂肪酸のため例外として扱われています。

その為、健康や美容、ダイエット、老化防止効果に優れています。
また、アメリカではアルツハイマー病の予防になるとされています。

最重要ポイントは、
ココナッツオイルはココナッツオイルでも
ヴァージンココナッツオイルと普通のココナッツオイルは
〝全く異なる効果を持つ別のオイル″だという事。

一般にココナッツオイルとして売られている安価なオイルには、
「水素化」の問題がある場合が多く、しかも製造上の事なので
私たちからは「見えない」やっかいな問題です。
十分気をつけ〝本物″を購入しましょう。

水素化がなぜ良くないのか?それは、飽和度が上がる為。
この過程で「トランス脂肪」と呼ばれる人工的な飽和脂肪が生成されます。

この人工的飽和脂肪は天然の飽和脂肪とは異なり、多くの健康問題を引き起こす事が
分かっており、その中にはインスリン抵抗性や脂肪肝の問題もあります。


2.摂取はほどほどに。採り過ぎには注意しましょう。

ココナッツオイルは体にいい!エネルギー代謝が良い!
といって沢山摂れば摂るほど痩せるというわけではありません。
基本は油なので、摂りすぎに注意しましょう。

摂取目安は、
大人は1日大さじ2ー4杯まで、
7ー12歳 小さじ4杯まで、
2ー6歳 小さじ2杯まで
(※運動量の少ない人はこの半分で十分です)


3.初心者は食べ物に混ぜて摂取するのがおすすめ。

ココナッツオイルを そのままスプーンで飲んでいる人もいらっしゃるそうですが、
いくら本物のココナッツオイルでも、これを初心者がすぐ真似してしまうと危険です!

急に、オイルそのままを摂りすぎてしまうと、
消化不良や腹痛、下痢を起こす可能性があります。

そのため初心者の方は食べ物に混ぜて摂ることから始め、
体が慣れてきたら、オイルをそのまま摂取するのに切り替えていくと良いでしょう。

可能な限りオーガニックのココナッツオイルがお勧めです。

せっかく健康や美容に良いココナッツオイル。
本物のヴァージンココナッツオイルを正しく取り入れて綺麗になりましょう♪

同じエリアの人気記事

前田由紀子

前田由紀子さん

東京在住2年

プロフィール

渋谷 リーディングビューティースクールで、料理教室やファスティングインストラクター養成講座を開催。株式会社リーディングビューティー代表取締役。 (社)日本ファスティングインストラクターズ協会代表理事。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える