デートのスポット・イベントおでかけ記事

地下へ降りていくと、鮮やかなグリーンの壁と、丸い窓が印象的なドア。店内は気取らないモダンなフレンチシ...

Date2015/04/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
食・グルメ
エリア
吉祥寺
地下へ降りていくと、鮮やかなグリーンの壁と、丸い窓が印象的なドア。店内は気取らないモダンなフレンチシ

地下へ降りていくと、鮮やかなグリーンの壁と、丸い窓が印象的なドア。店内は気取らないモダンなフレンチシックです。奥の席からキッチンに繋がる小窓が塗り分けられているのは、インテリアを担当した建築家の船曳桜子さんの女性らしい配慮によるもの。「汚れやすい所はツートンカラーの濃い色を。空間にリズムも出ます」この日は、昆布締めの鯛の前菜に、サフランソースの色鮮やかなホタテ。デザートに苺タルトを。盛り付けも心踊るビストロです。

土橋陽子

土橋陽子さん

東京在住25年程度

プロフィール

IDEEに5年間所属し、定番家具の開発に携わる。以後フリーの家具デザイナー・インテリアライターとして様々な企業と組み独自の活動を続ける。写真撮影:Koji Fukuzaki

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える