イメージ

LANCOME 80th ANNIVERSARYプレス発表会に潜入取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1935年にフランスで生まれ、以降世界中で愛され続けるコスメブランド、LANCOME(ランコム)。 この80周年を記念するプレス発表会に、レッツファッション編集部が潜入取材してきました!

Date2015/04/15

カテゴリ
おしゃれ
ファッションおでかけをもっとオシャレに、もっと楽しく!【Let's Enjoy FASHION】

 LANCOME 80th ANNIVERSARYプレス発表会に潜入取材!

イメージ


 世界中のセレブリティから愛されるブランド・ランコムが、アニバーサリーイヤーに提唱するのは、 「エフォートレス・フレンチシック」。
肩の力を抜いた、自分らしい美しさを演出する、といったスタイルは、 今季のファッショントレンドでもある、ノームコア(=究極のシンプル)ともマッチ。

でもこれを美容で表現するってどういうこと???

ランコムの新ミューズであり、フレンチシックの象徴でもあるカロリーヌ・ド・メグレさんは 「完璧を追及しないで、自分らしくいることこそがエフォートレス!何事もやりすぎないことが大事なんです」と、このテーマを表現。
また、メイクアップクリエイティブディレクターに就任した、リサ・エルドリッチさんは、 「日本の女性は想像以上にトレンディで美容の情報をよく知っていますね。 でも複雑にメイクのことを考えなくていいんです。鏡の前にずっといました、 なんていうのはかっこ悪いですからね(笑)。自分が楽しめるメイク、 自分自身を引き出すメイクが、エフォートレスだと思いますよ」とアドバイス。

ベリーショートなヘアスタイルで、すっかりイメージチェンジをした、本日のゲスト、マリエさんは、 エフォートレス・フレンチシックをこう語った。
「私は父親がフランス人で、父方のおばあさまにパリジェンヌのことをいろいろ学びました。 その中で気付いたのが、フランス人女性は人生を楽しむことがとっても上手ということ!自分にユーモアを持って、 楽しく生きているんですよね。ライフスタイルやメイクにもそれが生きていて、とても素敵で憧れますね。
私も髪を切って、今日はシックなメイクの中にもオレンジのリップで自分らしい部分をプラスして楽しんでみました。 今は自分にどんなものが似合うんだろう?っていうFinding自体も楽しんでいます」

イメージ

(左から、メイクアップアーティストのリサ・エルドリッチさん、マリエさん、 ランコムの新パリジェンヌミューズのカロリーヌ・ド・メグレさん)

イメージ


 40cm以上髪を切って、すっかりイメージチェンジされたマリエさん。 ドレスもメイクもよく似合って、とても素敵でした!!


キラキラと輝く3人のように、エフォートレス・スタイルで、春のお出かけ、楽しんでみたいですね!




同じエリアの人気記事

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える