葉桜が増えてきていますが、桜スイーツは、まだまだ満開ですよ! 今日は「生グラス」をいただきました。...

Date2015/04/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
葉桜が増えてきていますが、桜スイーツは、まだまだ満開ですよ!  今日は「生グラス」をいただきました。

葉桜が増えてきていますが、桜スイーツは、まだまだ満開ですよ!

今日は「生グラス」をいただきました。
欲張って2種盛りに!!

「サクラ」という名前のグラスは、塩漬けした桜の葉を使用したバニラベースのもの。
塩気がほんのり、桜の香りがふんわり、軽く、柔らかい口溶け。

もうひとつは「フレーズシャンパーニュ」、栃木ココファームのワイナリーのヴィンテージシャンパンと栃木の完熟イチゴのマリアージュ。

さっぱりとした口当たりに、ぎゅっとイチゴを詰め込んで、最後にほんのり大人余韻!

どちらも春らしい、旬の味ですね。

先程から「生グラス」と言っていますが、生グラスとは作りたてのアイスのこと。
グラスはフランス語でアイスクリーム。

作り立てのアイスは空気をたくさん含んでいて、ふんわり軽く、口溶けのが良い。イメージしただけでも、美味しそうでしょ?しかし時間が経つと風船のような感じで空気が抜けて、固くなってしまうのです。

そこを「生グラス」として、その日に作ったアイスを売り切りスタイルでやっているのがグラッシェル。

妥協しない、この口溶けの良さとフレッシュ感。圧倒される美味しさでした!

今回紹介したスポット

GLACIEL

TEL.03-6427-4666

  • 東京都渋谷区神宮前5-2-23
  • 11:00~20:00(カフェL.O.19:00)
  • 毎週火曜日(祝日の火曜日は営業します)

場所原宿

同じエリアの人気記事

プロフィール

製菓専門学校卒業、パティスリーの経験を経て現在、一般社団法人日本スイーツ協会が主催する資格「スイーツコンシェルジュ アドバンス」を取得。自身の経験や感覚を生かした執筆、制作、レシピ提供を行っている。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える