かりんとうの「ゆしま花月」さんは、昭和20年代初め、粋でいなせな風情あふれる東京湯島で、先々代のおか...

Date2015/03/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
買い物
かりんとうの「ゆしま花月」さんは、昭和20年代初め、粋でいなせな風情あふれる東京湯島で、先々代のおか

かりんとうの「ゆしま花月」さんは、昭和20年代初め、粋でいなせな風情あふれる東京湯島で、先々代のおかみが子供相手の小さな駄菓子屋を開いたことから始まりました。
試行錯誤の上、出来あがったのが宝石のように美しく、美味しいかりんとうです。
こちらのかりんとうはしっかりと表面に水飴がコーティングされているので、いつまでたっても固く、カリッとしているのです。
私はよく「単衣」という商品をお土産用として利用しています。「単衣」は着物のような包装紙に包まれた、食べきりサイズの個包装。かりんとうの他にいわおと(醤油の方上げ煎餅)さざれ(一口サイズのあられ)、かさねうめ(梅風味のあられ)、あげせんがあり、お好みに応じて選ぶことができます。

ゆしま花月
〒113-0034 東京都文京区湯島3-39-6
http://www.karintou-kagetsu.com/

今回紹介したスポット

ゆしま花月

TEL.03-3831-9762

  • 東京都文京区湯島3-39-6
  • 9:30~18:00
  • 日曜・祝日

場所御徒町

同じエリアの人気記事

相原 あすか

相原 あすかさん

東京都在住12年

プロフィール

元国際線CA。現在アンガ―マネジメント講師として講座を開講。「イライラが減った!」 「前向きな気持ちになれる!」と評判を得る。怒りの感情教育「Clair(クレア)」主催。三児の母。(社)CAN会員。

この記事もおすすめ

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える