1. ソロ活>
  2. 本物に出会う>
  3. 上野・浅草>
  4. (PR)べっ甲、銀細工etc.浅草で古き良き伝統工芸を体験!大人女子の休日ソロ時間を満喫しよう

2017/6/28

(PR)べっ甲、銀細工etc.浅草で古き良き伝統工芸を体験!大人女子の休日ソロ時間を満喫しよう

みなさんは”台東区”って聞くとどんなイメージが浮かびますか?実は「台東区」は様々な伝統工芸品を手がける職人さんが1箇所に集約しているという世界でも珍しい町なんですよ。 今回はそんな台東区にある浅草で、古き良き日本の伝統技術に触れてきました。 伝統工芸の手法で作るべっ甲や銀のアクセサリー体験など、ひとりで過ごす休日には、上質な和のモノに触れて美的感性を磨くチャンス。ありきたりの浅草散歩に飽き足らないオトナ女子にぴったりな知的好奇心を満たすショートトリップへGO!

みなさんは”台東区”って聞くとどんなイメージが浮かびますか?実は「台東区」は様々な伝統工芸品を手がける職人さんが1箇所に集約しているという世界でも珍しい町なんですよ。 今回はそんな台東区にある浅草で、古き良き日本の伝統技術に触れてきました。 伝統工芸の手法で作るべっ甲や銀のアクセサリー体験など、ひとりで過ごす休日には、上質な和のモノに触れて美的感性を磨くチャンス。ありきたりの浅草散歩に飽き足らないオトナ女子にぴったりな知的好奇心を満たすショートトリップへGO!


体験スポット1:ベッ甲イソガイ/ べっ甲で作る、あめ色とツヤ感が美しいペンダントトップ


スタートは、浅草公会堂のある浅草オレンジ通りの「ベッ甲イソガイ」へ。

昭和14年から続くべっ甲細工の専門店の店内には、髪留めやピアス、ネックレスなどのアクセサリー類がいっぱいで、見ているだけでときめいちゃいます! べっ甲というと、高価でなかなか手が出しづらいイメージだけど、ショーケースに並ぶべっ甲のアクセサリーはどれもモダンでとても素敵。

浴衣などの和装はもちろん、これからの季節に大活躍してくれそうな、ツヤ感たっぷりのべっ甲アクセサリーです。



ベッ甲イソガイ

▲体験教室は4人以上で開催。参加者が集まっていれば1人での飛び入り参加もOK!

ベッ甲イソガイ

▲左からピアス9,720円、かんざし各12,960円、ネックレス30,240円



今回は、そんなべっ甲の美しさが際立つペンダントトップ作りに挑戦!浅草の職人さんの技術に触れてまいります。

べっ甲はタイマイという海亀の厚さ1~5ミリ程度の薄い甲羅を重ねて、熱と圧力を加え厚みをもたせていくそう。最後に磨き上げて完成です。

今回の体験では、この磨きの仕上げ作業を職人さんから教わりながら作品を完成させます。磨く前のざらざらとしたチップが、どうやったら深い飴色のツヤツヤになっていくのか楽しみです~。



ベッ甲イソガイ

▲削った粉が出る作業があるので汚れてもいい服装で行くか、気になる人はエプロンを持参して


まずは専用の布で赤い粗磨き用の粉を使いチップを丁寧に磨いていきます。
地味な作業だけど、頭を空っぽにして無心に取り組めるのがなんだか心地いい~♪

白い仕上げ磨きの粉をつけて磨きあげたら、あのべっ甲特有のツヤが現れました~。コツはソフトにすばやくこすると、いいツヤが出るそうですよ。そして、出来上がった作品がこちら!



ベッ甲イソガイ

▲体験教室で作れるのは「根付」と「ペンダントトップ」の2種類。お好きな方をチョイスして。 磨き作業前のべっ甲(右)は、左の完成品と比べるとツヤ感がこんなに違う!


自分で作ったと思えない、ステキなペンダントトップができあがりました~♪
独特の深みのある光沢に、我ながらうっとり。

べっ甲は、使い続けることで皮脂と馴染んで、よりツヤのある光沢に変化していくんですって。シンプルな着こなしに、美しいべっ甲のアクセサリーをプラスすれば、本物のわかる上質な大人のお洒落が楽しめそう!

体験教室は、商品が並ぶ店内の一角にて3,000円で体験できます。
※事前予約必須(平日のみ)。詳細はお問い合わせを。



▼今回体験したお店はこちら

ベッ甲イソガイ

住所:東京都台東区浅草1-21-3
TEL:03-3845-1211
アクセス:東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草」駅 徒歩5分
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜



体験スポット2:銀泉いづみけん/金槌で打って指輪の模様をデザイン


次に向かったのは、浅草花やしきのそばにあるシルバーアクセサリーが作れる「銀泉いづみけん」。

ここでは銀の指輪の模様付けから仕上げまでを5,000円で体験できるとか。
職人でもあるオーナーが金属の文化に馴染みの薄い日本人に、もっと銀に触れてもらうきっかけ作りになればと工房で体験教室を始めたのだそう。



銀泉いづみけん

▲ビルの2階にある「銀泉いづみけん」
左がギャラリー兼ショップで、体験ができる工房は右側

銀泉いづみけん

▲左から市松文様のバングル28,000円、ネコのペンダント24,000円、市松文様のペンダント16,500円、ほおづきのイヤリング25,000円、ネコの指輪33,600円



まずはギャラリーで、手の込んだシルバーのオブジェやジュエリーをたっぷり見学。
細かな手作業で仕上げられたアクセサリーは、まさに芸術品。
モチベーションをアップさせたところで、隣の工房へと移動しました。

体験教室は、職人が普段使っている工房で道具を借りて行いますが、さっきの素晴らしい作品が生まれている工房に座っているだけでなんだかワクワク!



銀泉いづみけん

▲体験は事前に電話で予約を。必要な道具はすべて工房にあるので手ぶらでOK。


銀の指輪の表面を金槌でトントン打って、指輪に模様をつけていきます。早い人だと30分、平均すると1時間前後で仕上がるそう。

緊張して力の入れ加減に迷っていると、マンツーマンでついてくださった職人さんがすかさずアドバイス。工作やハンドメイドに慣れていない人でもこれは心強いですね~



銀泉いづみけん

▲体験は指輪のほか、ペンダントトップ(5,000円)やバングル(7,000~10,000円 銀の使用量によって異なる)の模様付けも


作業開始から1時間程度で、見事に指輪の模様が完成しました~。金槌を使うので、力仕事をイメージしていましたが、女性でも力をいれずに模様がつけられました。

トントン叩く作業は、一人で没頭して集中できるので、ちょっとしたストレスの解消にも。ギャラリーの作品とは程遠いけれど、自分では100点の仕上がりに大満足♪



▼今回体験したお店はこちら

銀泉いづみけん

住所:東京都台東区浅草2-26-5 SDSビル201
TEL: 03-3841-7361
アクセス:つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩4分・東京メトロ銀座線「田原町」「浅草」駅 徒歩12分
営業時間:10:00~18:00
定休日:月・火曜



体験スポット3:台東区立江戸下町伝統工芸館/もっと知りたい、見たい! 伝統工芸のプロの技を見学


台東区立江戸下町伝統工芸館

▲蔵をイメージした外観が目印の「台東区立江戸下町伝統工芸館」では入館無料で伝統工芸品の展示を観ることができます

台東区立江戸下町伝統工芸館

▲1階の受付横では伝統工芸品を購入することも可能。お手ごろ価格なのでちょっとしたプレゼントとしても喜ばれそう。



べっ甲や銀の工芸体験に加えて、もっと江戸や下町の伝統工芸に触れてみたい、という大人女子には、浅草駅から歩いて15分のところにある「台東区立江戸下町伝統工芸館」へ! 台東区や周辺の地域で作られた江戸指物や銅器などの伝統工芸品が、なんと入場無料で楽しめるとのことで、大人の休日ソロ散歩にはぴったりです。

台東区は昔から伝統工芸産業が盛んな土地で、東京都が指定する伝統工芸品40品目のうち26品目が台東区で作られています。

伝統工芸品の一大集積地になっている台東区。この「台東区立江戸下町伝統工芸館」は、伝統工芸品を紹介するために開設されました。



台東区立江戸下町伝統工芸館

▲江戸つまみ簪や江戸漆器など、江戸時代から受け継がれる職人技の粋を集めた品物が並べられた2階の展示室



台東区立江戸下町伝統工芸館

▲台東区に特に多いのが「江戸指物」の職人さん。江戸指物とは金釘をほとんど使わずに組み立てられる、軽くて丈夫な家具。タンスや鏡台のほか小物を入れる箱なども。

台東区立江戸下町伝統工芸館

▲お鍋やグラス、やかんなどに使われる「銅器」。銅の板を金槌で叩いてのばして形を作る銅器は、ステンレス製に比べて熱伝導率が高いのが特徴



台東区立江戸下町伝統工芸館

▲「江戸簾」は、竹や萩、蒲、葦などの天然素材を使って、今も丁寧に織って作られているそう

台東区立江戸下町伝統工芸館

▲「東京くみひも」は着物には欠かせない伝統工芸品。シックな色合いが特徴的な組紐は、機械生産では作れない適度な弾力で、使うほど馴染んでやわらかくなる。



イベント盛りだくさん!「台東区立江戸下町伝統工芸館」の20周年記念感謝祭にGO


2017年で開館20周年を迎える「台東区立江戸下町伝統工芸館」。これを記念して7月8日(土)、9日(日)にイベントを開催! さまざまな伝統工芸品の職人がやってきて実演をしてくれるほか、伝統工芸品の手づくり体験、ガラポン抽選会など盛りだくさん。

注目は2階の展示物のオークション販売。欲しくてもなかなか手が出ない伝統工芸品が、市場価格よりも割安で手に入るチャンス! これを機会に職人技が光る逸品を手に入れちゃおう。

台東区立江戸下町伝統工芸館

▲2007年に行われた「匠の技と伝統の力」と銘打った10周年のイベント。職人のトークショーや記念式典など、台東区の60周年記念イヤーとも重なり大いに盛り上りました

台東区立江戸下町伝統工芸館

▲台東区で開催中の「職人工房スタンプラリー」。スタンプラリーに参加している工房で見学orお買い物をすると「台東区立江戸下町伝統工芸館20周年感謝祭」で記念品をもらえます。
詳細はこちらから

情報提供:台東区役所 文化産業観光部 産業振興課


▼今回訪れたミュージアムはこちら

台東区立江戸下町伝統工芸館

住所:東京都台東区浅草2-22-13
電話:03-3842-1990
アクセス:つくばエクスプレス線「浅草」駅 徒歩5分、東京メトロ銀座線都・営浅草線・東武線「浅草」駅 徒歩15分
開館時間:10:00~20:00
休館日:無休
入館料:無料
江戸時代から受け継がれてきた伝統工芸品の展示・紹介をしている施設。週末に行われる職人による伝統工芸品の制作実演のほか、年間を通してさまざまな催し物を行っています。

台東区立江戸下町伝統工芸館20周年記念感謝祭の詳細はこちらから



ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事