1. ソロ活>
  2. 一人仮眠スポット>
  3. 汐留・新橋>
  4. 【銀座で終電逃したら】むしろ泊まりたい!一泊2,980円~海外雑誌や漫画も読み放題!泊まれるブックカフェがオシャレすぎ!

2017/5/1

【銀座で終電逃したら】むしろ泊まりたい!一泊2,980円~海外雑誌や漫画も読み放題!泊まれるブックカフェがオシャレすぎ!

大人のイメージの街、銀座で飲んでいたら終電を逃しちゃった! タクシーは深夜料金が痛いし、この辺りのビジネスホテルは高そう…。カラオケで過ごしたりカプセルホテルに泊まったりする手もありますが、銀座には泊まれるブックカフェがあるんです! 本とカフェと宿泊の融合とは? さっそく潜入してきました。

大人のイメージの街、銀座で飲んでいたら終電を逃しちゃった! タクシーは深夜料金が痛いし、この辺りのビジネスホテルは高そう…。カラオケで過ごしたりカプセルホテルに泊まったりする手もありますが、銀座には本にまみれて泊まれるカフェがあるんです! 本とカフェと宿泊の融合とは? さっそく潜入してきました。

まるで外国の本屋さんみたい! 超オシャレな宿泊カフェBook Tea Bed GINZA

新橋駅より徒歩1分。オフィス街を1本入ったビルの5階に、“本”と“カフェ”と“泊まる”をコンセプトにした「Book Tea Bed GINZA(ブッティー ベッド ギンザ)」があります。

さっそくエレベーターで上がってみると、厳重な厚い扉が。早速インターホンを押してみます。毎日変わるという入り口のロック番号を教えてもらい、いざ潜入! 毎日ロック番号が変わるなんてセキュリティ万全で安心ですね♪


六本木VIVI


扉をあけるとすぐ目の前に本棚が!海外の写真集が並んでいて、オシャレな雰囲気です。

宿泊料金は2,980円〜。ベッドの広さによって料金が変わり、2人でも泊まれるペア用のお部屋(5,500円〜)もあります。もちろんこの部屋に1人で宿泊してもかまいません。


六本木VIVI


中に入ると、暖色系のランプと木の色合いがほっと心を落ち着かせてくれます。そして、壁には本とベッドが。

本は海外の雑誌やカラフルな絵本が目立ちますが、日本の小説や漫画なども、寝るのがもったいない!と思えるほどバリエーション豊かにそろえられています。


六本木VIVI


ベッドには落ち着いた色合いの深緑色のカーテンが。フリースペースとプライベートスペースがバランスよく配置されています。

「本が読めるカフェが多くなっていますが、その空間にそのまま宿泊できたらと思って実現させました」と、Book Tea Bedの広報の鈴木さん。気になる本をゴロゴロしながら読み漁って、眠くなったらそのままおやすみなさい…なんてことが自宅以外でできるなんて、不思議な気分になりつつもワクワクします。




プライベートスペースでゆったりゴロゴロ一人時間を過ごしたい♪


六本木VIVI

宿泊できるベッドルームは電源とブックライトがあって至れり尽くせり。ベッドも適度にフカフカです。お休みの際に周りの音が気になる方には耳栓も貸してもらえます。



六本木VIVI

プライベート空間のスペースはこんな感じ。ゆったりとした広さで快適!

中には、セキュリティロッカーが完備されているので、貴重品を入れておけば、うっかり本を読みながら寝落ちしてしまった!なんてときでも安心ですよ。




ミニマムなシャワー&パウダールームも完備!


六本木VIVI

奥の方にはシャワールームが3つ完備。シャワーの音が気になる方もいるので、深夜0:00〜5:00まではできるだけ使用を控えるようにとのことですが、その他の時間は基本いつでも使用できるので、朝一で浴びるのが良さそうです。


六本木VIVI


シャワールーム利用の際は、別途「アメニティセット(540円)」の購入が必要です。 普段のちょっとしたおでかけにも使えそうなオリジナルトートバッグとポーチも付いてこのお値段なら、お得ですね。


六本木VIVI


宿泊着の貸し出しはないので、シャワーはちょっとめんどくさい…という方は、サクっとパウダールームで洗顔&歯磨きを済ませるのもアリです。




おしゃれな“カフェ”の雰囲気も楽しみたい!

六本木VIVI


小腹が空いたな…と思ったら、受付で販売しているパンやナッツ(250円~)をつまむこともできます。“カフェ”というコンセプトもあるので、こだわりのフレーバーティーやコーヒー(250円~)の用意もありますよ♪


六本木VIVI


なんだか眠れない~!なんて時は、フリースペースで読書しちゃいましょう。ニューヨークのカフェのようなオシャレスペースでドリンクを飲みながらリラックス!


六本木VIVI


まるで外国の本屋さんにいるかのような錯覚を与えてくれるBook Tea Bed GINZA。珍しいコンセプトやオシャレな雰囲気に浸りたいと、わざわざ泊まりに訪れる方も多いんだとか。 がっつり眠る!というよりは、ゆったり楽しみたいと思うようなオシャレな空間でした♪

チェックアウトは翌朝10時。これからは飲み会や残業などで終電を逃してしまったときは、オシャレなのにリーズナブルに利用できるBook Tea Bedに泊まってみてはいかがでしょうか。




Book Tea Bed GINZA(ブッティー ベッド ギンザ)
住所:東京都港区新橋1-9-1 新橋二光ビル5F
電話番号:03-6264-5307
宿泊料:2,980円〜
シャワー利用の場合は別途アメニティセット(540円)の購入が必要
チェックイン16:00〜 チェックアウト翌10:00
最寄り駅:新橋



取材・編集/女子部JAPAN(・v・)姫野ケイ
撮影/中川有紀子





ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事