1. ソロ活>
  2. 朝活>
  3. 東京・丸の内・日本橋>
  4. 出社前のひとときは君だけの聖域だ!5月病は #エクストリーム出社 で乗り切れ

出社前のひとときは君だけの聖域だ!5月病は #エクストリーム出社 で乗り切れ

前回、出社前に築地市場で寿司を食べ、卵焼きをつまみ、カレーをたいらげ、そしてコーヒーを流しこんでから出社するという早朝にしては随分ハイカロリーなソロ活の模様をレポートしました。今回はその続編で、出社前にそういったアクティブな活動をする人を支援する「日本エクストリーム出社協会」の会長・天谷窓大(@amayan)さんにお話を聞きました。朝早くから自分と向き合って、こだわりの時間を過ごし、颯爽と出社をキメる「エクストリーム出社」はまさにソロ活とも好相性。何でこんな活動を始めたのか、どんな出社パターンがオススメか、そしてエクストリーム出社の意外な効用とは?

narumi:(前回記事の続きなので)いま朝6時50分ですよ。さんざん食べましたが眠いですね。天谷さん、そもそもエクストリーム出社という活動はいつからやってるんですか。


天谷:個人で始めたのは5年くらい前。前職のとあるSNSの会社に勤務していたときからです。でもエクストリーム出社って名前をつけてやりだしたのは一昨年の夏ですね。


▲日本エクストリーム出社協会・会長の天谷窓大さん

「厳しい上司…会社に行きたくなかった」


narumi:じゃあそれ以前はただ早起きして、どこかに寄って出社していただけですよね。なぜそんなことを…。さっき「中栄」で食べたカレーが胃の中でまだ暴れていますけど。


天谷:なんかもう会社に行きたくなかったんですよ(笑) その頃ってすごい厳しい上司の下で働いていて、毎日怒られていたので会社行くのが嫌になっちゃって。でも会社に行く前の時間くらいは自由にすごしたいなと。だからといって朝活みたいなものは苦手だし、じゃあとりあえず早く起きて好きなところに出かけてみよう、と1人で始めました。

朝早く起きて、築地にいってご飯食べて会社に行ったりしたら、すごく面白かった。それで出社前に遠回りしていろいろなところに寄ってから会社に行くことに挑戦していました。


▲米本珈琲店のコーヒーは絶品。


narumi:いまはもうSNSの会社というより完全にゲームの会社ですが、当時は行きたくなかったんですね(笑) その遠回り出社はほぼ毎日やってたんですか? さすがに疲れますよね。


天谷:毎日やっていました。とにかく現実逃避したくて(笑) 例えば羽田空港とかはよく行ってましたね。飛行機には乗らないんですけど、中に入ってご飯を食べて、ぶらぶら歩いて、飛行機の離発着を見たりして。空港に行くだけでも旅気分が味わえていいですよ。


▲たしかに旅気分が味わえる風景ですね。


エクストリーム出社は楽しいパフォーマンス


narumi:それめちゃくちゃリア充ですねー。「エクストリーム出社」という名前をつけたのは2年前ですよね。きっかけは?


天谷:エクストリーム出社協会は僕と友だちの2人でやってるんですけど、一緒に飲んでるときになんとなく。彼は地図を作る会社に勤めていて、新しい観光コンテンツを作るっていう話をしていて、「なんか変わった旅の仕方ってないかねー」みたいな話をしていて、自分が出社前にあちこち出かけていたのを思い出して、「こんなことやってたんだけど…」と話しました。

当時は転職して、1回エクストリーム出社はやめていたんですけど、そんな話をしているうちに盛り上がりました。「それって出社自体をスポーツにするみたいで面白いよね」と。今度は現実逃避じゃなくて、楽しいパフォーマンスにするのがいいなと思いました。

「エクストリームアイロニング」って昔アメリカで流行ってたの知ってますか? いわゆる山の上とか断崖絶壁の上とかでシャツにアイロンをかけるんです。しょうもないでしょ(笑)


『エクストリームアイロニング』…極限状態でアイロンを掛ける! - NAVER まとめ


もともとはエクストリームスポーツをしている人たちが制覇した山の上でおふざけをやるみたいな試みだったと思います。それを思い出して、普通のことをあり得ないシチュエーションでやるのって面白いなと。

じゃあどれだけ変わった出社の仕方ができるかっていうのをTwitterで実況しながら試してみました。最初は友だちにウケるかなーって思いながら、早く起きて、鎌倉で海水浴場で泳いでから会社に行ったりしました。それをハッシュタグをつけて実況していたら、ニュースサイトの「ねとらぼ」に拾われて、「すごいぞ!」って取り上げられて、それから全国各地いろいろな人が参加してくれました。

朝から遊びながら会社に行く人がこれだけいるんだ!って驚きました。じゃあそういう人が集まれる場所があればいいなと、エクストリーム出社協会を作ったんです。


出社前のわずかな時間にどれだけ“休日感”を出すか


narumi:協会というからには、公式ルールみたいなものを定めてるんでしょうか? 最低限守るべきものとか。


天谷:遅刻をしない、あとは仕事中に居眠りをしないこと(笑) それくらいですかね。あとは人に迷惑をかけないとか。眠くなったら昼休みに寝るのはありですね。業務に支障をきたしちゃだめですから、ルールとしてはそれくらいです。


narumi:非常に厳しいルールですね。特に昼寝禁止は厳しい…。いままでで“一番エクストリームだった”出社はなんですか。


天谷:一番すごかったのは宮城県からエクストリーム出社したことでしょうか。石巻っていうところから朝の4時半に出て、高速バスと新幹線を乗り継いで、9時半までに会社に間に合いました。

でも、「いかに遠くから始業時間までに会社につくか」というだけではなく、あとは出社前の時間を使って、どれだけ休日みたいに楽しめるかというスポーツでもあるんです。

このあいだは上野でエクストリーム忘年会っていうのをやりました。上野に24時間営業のホルモン屋さんがあって、「普通に忘年会をやるのも面白くないから朝やろうぜ!」って7時に集合して、7時集合・9時解散で焼肉を食べました。


出社前・朝7時からの #エクストリーム忘年会 は可能か 〜24時間営業のホルモン屋から #エクストリーム出社


もちろんお酒は飲めないですけど(笑) ノンアルコールビールで乾杯して、朝からホルモンを食べて会社に行きました。


▲これが朝7時から始まったエクストリーム忘年会の様子…。


ママ友とカラオケして家族が起きる前に帰るエクストリーム主婦


narumi:お酒なしで焼肉を食べるっていう発想がなかったですよ。天谷さんは早寝早起きなんですか。


天谷:自然と早くなりましたね。でも寝るのは12時から1時くらいなので普通ですかね。起きるのは6時くらいですね。エクストリーム出社やるときは4時とか5時ですけど。冬か夏かでも変わりますね。早い時間から明るいですから。


narumi:メインのシーズンはやっぱり夏?


天谷:夏ですね。ゴールデンウィークくらいからがベストシーズンじゃないでしょうか。ハッシュタグも夏は盛り上がります。だいたい朝の6時、7時が温かくなってくるのが5月くらい。6月が一番陽が長いですよね。


narumi:出社っていう概念が必要なんですよね。フリーランスの人は一体どうすれば。


天谷:そういう人たちは仕事場につくまでが出社タイムですよ。たとえば主婦の方もいて。家族が起きてくるまでに楽しむんです。朝起きて、ママ友と集まって、朝からカラオケボックスいって、家族が起きるまでに戻って朝ごはんを作るというw


▲築地の早朝カフェはとてもオシャレな雰囲気。

朝からボーリング場で合コンも可能


narumi:家族はその秘密を知らないわけですもんね。それは気持ちいいでしょうね。


天谷:いいですよねぇ。大学生なんかも通学前にやっていますね。エクストリーム登校って。このあいだ一橋大学エクストリーム登校部というのを見つけました。

ボーリング場って昔から早朝営業やってるじゃないですか。笹塚駅にある「笹塚ボウル」も朝7時オープンですよね。朝から合コンしてる人もいるみたいですよ。夏場の朝6時くらいに、サクラホテルっていう外国人の観光客がよく泊まってるホテルあるじゃないですか、そこに併設されているカフェが24時間営業なので、そこで朝カフェオレで乾杯するんです。


#エクストリーム出社 健康的すぎる朝合コン編


そこで合コンの1次会をして、そのあと7時に笹塚ボウルが開くのを待って、ボーリングで2次会をして、笹塚ボウルの中にはカラオケルームもあるので、そこで3次会やって出社するというエクストリーム出社もあります。


▲確かにこれは健康的すぎる!爽やか!


天谷:あとは普段夜とか休みの日とかにやってることを、朝の出社前にやる人がけっこう多いです。釣りとかはオススメですね。イタリア料理のフルコースを作って出社する人もいました。でっかいパイを焼いてたり(笑)

5月病にはエクストリーム出社が効く!?


narumi:釣りはいいですねー、ソロ活としても楽しそうです。そういえば新入社員の方々が社会に出てそろそろ1ヶ月。「会社だるいなあ」なんて感じる時期じゃないですか。エクストリーム出社をマスターしておくと、5月病も怖くないかもしれないですね。


天谷:そうですね。エクストリーム出社の一番の醍醐味は「出社前の時間にここまで遊べちゃうんだ!」と知ることで自分の日常を拡張できるところかな、と思います。 会社へ行きたくないなぁ、とか、刺激のない毎日を送っているなぁ、という人にこそぜひ試してみて欲しいですね。 会社が始まるまでのひとときは、何者にもとらわれない、本当に自分の思い通りになる時間ですから。

エクストリーム出社で思い切り遊んで、遊び帰りにふらっと立ち寄るような気持ちで会社へ行けば、毎日の出社も楽しくなって、毎日自体がちょっと輝いてくるかも……。


そうそう、これまでお話した例をふくめ、全国の会社員の人々が実際に試したエクストリーム出社の記録をたっぷりと収録した本「サラリーマンは早朝旅行をしよう! 〜平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」〜」(SB新書)を出しました。 ガイドブックとして活用していただくもよし、読みながら妄想するもよし、ぜひぜひお手にとって見ていただけたらと思います!


▲天谷さん、ありがとうございました!

エクストリーム出社

平日朝からさまざまなアクティビティをこなし、いかに天真爛漫に会社へ行くかを競っている。プロレスリング・絶叫マシーン・市場などさまざまな場所からの定時出社を試みる傍ら、「早朝コスメバイキング」など出社前に楽しめる朝イベントを続々企画している。

この記事を書いた人

narumi(@narumi)

元記者、NAVERまとまーの会社員(33)。
ブログ「Blog @narumi」では主に渋谷周辺の美味しいお店について書くことが多い。好きな食べ物はコンビニおでん。ちなみに朝はすごく苦手。

ソロ活免許皆伝絵巻

ソロ活免許皆伝絵巻

  • 一人飲み

    一人飲み

  • 一人レジャー

    一人レジャー

  • ダイエット

    ダイエット

  • 自分にぴったりをみつける

    自分にぴったりをみつける

  • 自分ご褒美

    自分ご褒美

  • 一人ご褒美ディナー

    一人ご褒美ディナー

  • 一人カラオケ

    一人カラオケ

  • 一人焼肉

    一人焼肉

注目の記事

注目の記事