パロディ、二重の声――日本の一九七〇年代前後左右

2017/2/18(土)2017/4/16(日)

右も左もパロディづくし!挑発と擬装の技を呼び戻す。日本語として定着しても、なお不明瞭なこのパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返る。

イベント詳細

日本の戦後文化史において、1970年代は前衛の後退とサブカルチャーの開花期として語られます。反抗と闘争に彩られた 60年代から、軽やかな知略に富んだ70 年代へ。この時代の様相を最も端的に象徴する語が「パロディ」です。

本展は、モダンとポストモダンの時代の隙間に開花したこのパロディという技術もしくは形式を、あらためて検討します。パロディとはいかなる技術であるのか。風刺や模倣とは何が同じで、何が異なるのか。どのような場面で、どのようにして使用されてきた技術なのか。歴史を辿ればギリシャ語にまで由来を遡れるパロディを、広く抽象的に眺めるのではなく、あえて一時代に焦点を絞ることで、生々しく具体的な表現と社会の交錯をあぶりだします。

会期中には南伸坊、夏目房之介、会田誠ら豪華な顔ぶれによるトークイベントも開催。詳細は東京ステーションギャラリーHPをご確認ください。


【日程】
2017年2月18日(土)~4月16日(日)

【時間】
10:00~18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで

【場所】
東京ステーションギャラリー

【休館日】
3月20日をのぞく月曜日、3月21日(火)

【料金】
一般 900(800)円、高校・大学生 700(600)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障碍者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

【主催】
東京ステーションギャラリー

【特別協力】
 Cappellini Point Tokyo - TEAM IWAKIRI PRODUCTS

【お問合わせ】
TEL:03-3212-2485(代表)


※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 パロディ、二重の声――日本の一九七〇年代前後左右
最寄駅 東京
日程 2017/2/18(土) ~ 2017/4/16(日)
オフィシャル
サイト
東京ステーションギャラリー

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる