江戸東京博物館 特別展 没後150年 坂本龍馬

2017/4/29(土)2017/6/18(日)
  • トップ

人気の理由はどこにあるのか!?日本でもっとも人気のある歴史上の人物のひとり“坂本龍馬”が、現代の人をひきつける理由を解き明かす展覧会開催!

  • 坂本龍馬湿板写真 江戸時代 慶応二年(1866)
    または三年(1867) 高知県立歴史民俗資料館蔵
    3日間展示 ※他の期間は複製を展示

  • 紫糸威鎧 島津斉彬所用 江戸時代 
    京都国立博物館蔵

  • 大日本沿海與地全図(伊能中図) 
    8枚のうち中国四国(予定)
    江戸時代 文政四年(1821)
    京都・日本写真印刷株式会社蔵
    ※各会場で地域替え展示

  • ペリー来航図巻(甲寅記事画巻)(部分) 江戸時代
    安政元年(1854)
    ※画面巻き替えあり

  • 肥前長崎丸山廓中之風景 歌川貞秀筆 江戸通油町藤岡屋慶次郎板 江戸時代 文久二年(1862) 長崎歴史文化博物館蔵

イベント詳細

日本でもっとも人気のある歴史上の人物のひとり“坂本龍馬”。彼が亡くなって150年を迎える今、龍馬が現代の日本人をひきつける理由は何か?という観点から構成される展覧会開催!

天保6年(1835)に土佐高知で生まれ、慶応3年(1867)に京都近江屋で暗殺者の凶刃に倒れた坂本龍馬。その波乱の生涯は歴史の研究書や小説、映画、ドラマ、漫画などたくさん描かれ、明治39年(1906)没後40年祭にはすでに主要な手紙や遺品が集められ京都東山で展示公開されてます。そんな龍馬の自由な発想や先見性・行動力・交友の広さ・家族への愛情・ユーモアあふれる文章表現などが楽しめる展覧会です。

見どころ1、龍馬の手紙
龍馬が人気である最大の理由とも言えるのが、彼の書き残した面白い手紙です。妻おりょうとの新婚旅行の様子が書かれた手紙など、多くの直筆の手紙から、ユーモアあふれる手紙から龍馬の思考の柔軟さや家族への愛情を体感できる展示です。

見どころ2、新たな龍馬像に迫る
現代においても龍馬に関する新資料が少しずつ見つかってます。その新資料のほか、これまで存在が知られていたもの、行方不明だった龍馬の手紙の所在が判明したものなどを展示します。

見どころ3、刀をめぐる新事実
近年新たに見つかった文書から、刀を含む様々な龍馬遺品の伝世経緯がわかってきました。北辰一刀流関係の目録が複数あったことや、刀についての情報が明らかになったことなど、最新の研究成果が楽しめます。

見どころ4、龍馬が生まれ活躍した時代
龍馬が活動した幕末時代を、伊能中図やペリー来航関係資料から概観できます。また、当時の瓦版や明治初期の錦絵、幕末の騒乱を描いた絵巻物、この時期の工芸品などを通じて、龍馬の生きた時代をビジュアル面から紹介。


【日程】
2017年4月29日(土・祝)~6月18日(日)

【時間】
9:30~17:30(土曜日は9:30~19:30)
※入館は閉館の30分前まで

【会場】
東京都江戸東京博物館

【休館日】
毎週月曜日(ただし、5月1日・5月15日は開館)

【お問合わせ】
TEL:03-3626-9974(代表)

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

基本情報

イベント名 江戸東京博物館 特別展 没後150年 坂本龍馬
最寄駅 両国
日程 2017/4/29(土) ~ 2017/6/18(日)

江戸東京博物館のその他のイベント

江戸東京博物館のイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる