ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

まもなく終了

  2016/10/25(火)2017/2/26(日)
  • トップ

六本木でマリー・アントワネットの“プライベート空間”を再現!絵画をはじめ、愛用の食器や家具、衣服など約200点を展示。悲劇の王妃の誤解と真実とは!?

  •   エリザベト=ルイーズ・ ヴィジェ・ル・ブラン
      フランス王妃 マリー・アントワネット
      1785年 ヴェルサイユ宮殿美術館
      (C)Château de Versailles (Dist. RMN-GP)/
      (C)Christophe Fouin

  • アンドレ・バセ
    マリー・アントワネットのヴェルサイユ到着
    1770年 ヴェルサイユ宮殿美術館
    (C)Château de Versailles

  •   クロード=ルイ・デレの原画に基づくマルシャ
      ル・ドゥニの版刻
      大盛装姿のマリー・アントワネット
      1775年頃 ヴェルサイユ宮殿美術館
      (C)Château de Versailles

  •   ルイ・オーギュスト・ブラン、 通称ブラン・
      ド・ヴェルソワ
      狩猟をするマリー・アントワネット
      1783年頃 ヴェルサイユ宮殿美術館
      (C)RMN-GP (Château de Versailles)/
      (C)Gérard Blot

  • ウィリアム・ハミルトン
    1793 年10 月16 日、死刑に処されるマリー・アント
    ワネット
    1794年 ヴィジル、フランス革命美術館
    (C)Coll. Musée de la Révolution française/
    Domaine de Vizille

  •   エリザベト=ルイーズ・ ヴィジェ・ル・ブラン
      白いペチコートに青いマントを羽織って座る
      マリー・アントワネット
      1788年 ヴェルサイユ宮殿美術館
      (C)RMN-GP (Château de Versailles)/
      (C)Gérard Blot

イベント詳細

フランス絶対王政の象徴で、マリー・アントワネットがフランス革命までの約20年を過ごしたヴェルサイユ宮殿が日本で初めて《企画・監修》する展覧会。
華やかな宮廷生活をしのばせる絵画や、マリー・アントワネットがヴェルサイユ宮殿で愛用した食器や家具、革命期に着用していた衣服など200点あまりを展示します。さらに宮殿内にあった王妃のプライベート空間、「プチ・アパルトマン」を原寸大で再現。その波乱の一生に迫ります!

~みどころ~
●14歳の花嫁
オーストリア大公マリア=テレジアの娘として誕生。15番目の子供ということもあり、宮廷作法にあまり重きを置かず、のびのびと成長します。そんな彼女が14歳という若さで、当時のフランス王太子(のちのルイ16世)に嫁ぐことに。本展では、結婚式の様子を描いた版画や祝宴で使われたテーブル飾りなどが展示され、当時の華やかな雰囲気を感じられます。

●ファッションリーダー
1770年頃、華やかな盛り上がりをみせていたパリのファッション界。マリー・アントワネットも最新の流行に夢中になります。服や靴、アクセサリーだけでなく髪の毛を高く盛り、複雑な編み込みを施したマリー・アントワネットの姿が当時の版画に残されています。一方で、堅苦しい宮廷の作法を嫌い、シンプルな服装を好み、公的な儀式など、必要な場合にしか正装はしませんでした。1783年に描かれた白い木綿のドレス姿の肖像画は「軽薄」などと批判を浴びました。威厳が求められる王妃としての地位と、シンプルなものを好む個人的な趣味との間で苦しんでいたのかもしれません。

●“日本”ファン?
母、マリア=テレジアは日本の漆器をこよなく愛し、その趣味は娘にも受け継がれました。マリー・アントワネット自身もパリの美術市場で漆器を買い集め、ヴェルサイユ宮殿には70点あまりからなる彼女のコレクションが残されています。本展では、その一部を展示します。

●原寸大再現!“プライベート空間”
ヴェルサイユ宮殿には娘の教育を見守るため確保した、浴室・図書室・居室の3室からなる「プチ・アパルトマン」と呼ばれるマリー・アントワネットの“プライベート空間”があります。室内の家具だけでなく、壁の装飾に至るまで彼女の好みを色濃く反映しているこのプライベート空間を、当時使われていたベッド、椅子、同時代の浴槽などとともに原寸大で忠実に再現。また、現在は残っていない図書室を、かつての設計図などをもとにバーチャルリアリティで蘇らせます。六本木で、マリー・アントワネットが生きた空間を“体感”しませんか?

●フェルセン伯爵との恋 新たな証拠
フランス王妃とスウェーデン人将校の恋。フェルセン伯爵がヴェルサイユ宮殿に現れた時、マリー・アントワネットはその美しさに衝撃を受けたと言われています。2人はフランス革命勃発後も、暗号を使うなどしながら手紙を交わしていました。中には部分的に黒く塗りつぶされているものもあり、その解読が試みられてきましたが、2016年1月、ついにその一部が明らかになりました。マリー・アントワネットからフェルセンへの手紙の墨塗りの下から浮かび上がったのは、「あなたを狂おしいほど愛しています。一瞬たりともあなたを敬愛することをやめられません」という文字。フランス国立図書館は、「2人の秘密が明らかに」と大きく伝えました。本展では、2人が使った暗号表の実物と、墨塗りの手紙の複製を展示します。

●フランス革命、37歳の最期
展覧会の最後は、パリの歴史を専門とするカルナヴァレ美術館所蔵の作品などでマリー・アントワネットの悲劇的な末路を辿ります。
ヴェルサイユ宮殿襲撃からパリへ連行、失敗に終わった「ヴァレンヌ逃亡事件」、タンプル塔での幽閉生活。形ばかりの裁判により国家反逆罪で死刑判決を受け、1793年10月16日、マリー・アントワネットは、断頭台の露と消えました。享年37歳。本展では、幽閉中に彼女が身に着けた肌着やヘアバンド、断頭台にのぼる際に脱げたとされる靴などが展示されます。


【日程】
2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)

【時間】
10:00~20:00(但し、火曜日および10月27日(木)は17:00まで) 
※入館は閉館の30分前まで

【会場】
森アーツセンターギャラリー

【休館日】
会期中無休

【料金】
一般:当日 1,800円 前売/団体 1,600円
大学・高校生:当日 1,200円 前売/団体 1,000円
中学・小学生:当日 600円 前売/団体 400円
※小学生未満は入館無料。
※団体料金は15名以上で適用されます。添乗員は1名まで無料。
※団体券(当日券の取扱のみ)および障がい者手帳をお持ちの方の割引は10/25以降、森アーツセンターギャラリー(森タワー3階チケットカウンター)での取扱いになります。
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、当日観覧料が一般900円(税込)、高校・大学生600円(税込)、小・中学生300円(税込)になります。
※混雑状況により、チケットご購入・引換・入場までに待ち時間が生じたり、入館いただけない場合があります。

【チケット】
●月替わりスペシャルチケット
・8月:「自由気まま」2人でも、1人2回でも楽しめる。
早割ペアチケット 2,800円(税込/2枚1組)
販売場所:オンラインチケット、ローソンチケット(Lコード:37777)、イープラス、セブンチケット、チケットぴあ(Pコード:767-672)、Yahoo!チケット

・9月:「退屈することが怖いのです」大人気キャラクター「リラックマ」と奇跡のコラボレーション!
リラックマグッズ付チケット ※数量限定 ※内容・価格は未定(衝撃のビジュアルは8月下旬に公式サイトにて発表予定)
販売場所:ローソンチケット(Lコード:37777)

・10月:「あなたもファッションリーダー!」見た目もかわいいグロスリップのような“みつあめ”がスペシャルパッケージで登場!
「Sweet Lip」付チケット 2,200円(税込) ※数量限定
販売場所:ローソンチケット(Lコード:37777)、イープラス、セブンチケット、チケットぴあ(Pコード:767-672)、Yahoo!チケット

●通常チケット
・オンラインチケット:http://www.e-tix.jp/marie/#tsujo
・ローソンチケット:電話予約 0570-000-777/オペレーター対応(10:00~20:00)0570-084-003(24時間対応)
インターネット購入 http://l-tike.com/event/marie/ Lコード:37777
・イープラス:インターネット購入 http://eplus.jp/marie/
・セブンイレブン:インターネット購入 http://7ticket.jp/g/000669 セブンコード:048-299
・チケットぴあ0570-02-9999(24時間受付・毎週火・水 2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止。)
・ヤフーチケット:http://r.y-tickets.jp/marie
※他にも全国ローソン・ミニストップ設置のLoppi、ファミリーマート『famiポート』、セブン-イレブン店内設置のマルチコピー機、チケットぴあ店舗、サークルK・サンクスで販売。

【主催】
ヴェルサイユ宮殿、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ、森アーツセンター

【お問合わせ】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
※諸状況により日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せください。おでかけの際は、公式サイト等にて最新情報をご覧ください。

基本情報

イベント名 ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実
最寄駅 六本木(徒歩4分) 麻布十番(徒歩5分) 乃木坂(徒歩6分)
日程 2016/10/25(火) ~ 2017/2/26(日)
オフィシャル
サイト
マリー・アントワネット展公式サイト

森アーツセンターギャラリーのその他のイベント

森アーツセンターギャラリーのイベント一覧を見る

このイベントの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからイベントやスポット・施設を探す

その他のイベント情報をエリアから探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる