• トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデ

2006年10月21日(土)~2006年11月24日(金) 公開終了

携帯に送る

マイページに登録

  • トップ

リドリー・スコット&トニー・スコット製作総指揮 悲恋物語「ロミオとジュリエット」の原点がついに映画化!
監督

: ケヴィン・レイノルズ

脚本

: ディーン・ジョーガリス

製作総指揮

: リドリー・スコット/トニー・スコット

出演

: ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル

製作年

: 2006

製作国

: アメリカ

配給

: 20世紀フォックス映画

上映時間

: 126分

解説・あらすじ

ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流される。やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデに救われる。若い2人は間もなく深い仲になるが、葬船がアイルランド軍に発見されたトリスタンは、この地を去らねばならなくなる。こうして引き離された2人は、思わぬ形で再会することに。イゾルデがトリスタンの恩人であるマーク候と、政略結婚することになったのだ。トリスタンは忠義心と愛情の間で苦しみながらも、イゾルデと密会を重ねるが……。
1500年前にケルトの伝説として誕生、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、やがて宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語「トリスタンとイゾルデ」。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなった古典の映画化を、20年も温めてきたという巨匠リドリー・スコット製作総指揮のもと、豪華絢爛な歴史絵巻が誕生した。トリスタンを演じるのは、「スパイダーマン」シリーズでおなじみのジェームズ・フランコ。甘口でロマンティックな彼の魅力が、最大限に活かされている。ラストには、「ロミオ〜」に勝るとも劣らない感動と衝撃が……!

みゆき座ほか全国にて

トリスタンとイゾルデ公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録