• ドクター・ストレンジ 3D 4DX<日本語吹替版>

ドクター・ストレンジ 3D 4DX<日本語吹替版>

2017年01月27日(金)~ 公開中

携帯に送る

マイページに登録

  • トップ

元天才外科医が選んだのは“魔術”
監督

: スコット・デリクソン

出演

: ベネディクト・カンバーバッチ/レイチェル・マクアダムス/マッツ・ミケルセン/ティルダ・スウィントン/キウェテル・イジョフォー

製作年

: 2016

製作国

: アメリカ

配給

: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

上映時間

: 115分

解説・あらすじ

ニューヨークの病院に勤務する天才脳外科医スティーヴン・ストレンジは、交通事故で両手の機能を失ってしまう。絶望のどん底に落ちたストレンジが噂を聞いて最後にすがったのは、カトマンズにある謎の施設カマー・タージだった。ストレンジはそこで指導者のエンシェント・ワンの教えを受け、今までの傲慢な心を捨て、厳しい修行の末に魔術師となる。しかしその頃、闇の魔術を使うカエシリウスの魔の手が迫っていた。
マーベル・スタジオによる新しいスーパーヒーローは、なんと魔術師!今までどちらかといえばSF寄りだったマーベルヒーローに比べると、今回はファンタジー色が強いキャラクターと思われるかもしれない。しかし冒頭で主人公の元天才外科医ぶりをしっかり見せてファンタジー臭を消しているので、始まればいつものマーベル映画タッチだ。本作での大きな見せ場はふたつ。多元世界での戦いでは重力場が変わり、高層ビルが折りたたまれたり開いたりと、映画『インセプション』の映像を発展させたようで、スクリーンからの迫力十分。もうひとつは逆行する時間の中での戦いで、これもあまり見たことがなく新鮮だ。タイトルロールを演じるのは、TVシリーズ「SHERLOCK」で人気が出たベネディクト・カンバーバッチ。マーベルヒーロー映画は毎回キャスティングがうまいが、このカンバーバッチ=ドクター・ストレンジもまさにはまり役だ。脇をマッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントンという癖のある演技派が固めており、ツウの映画ファンも満足できるはず。

全国にて

ドクター・ストレンジ 3D 4DX<日本語吹替版>公式HP>>

この映画の特派員情報

特派員情報募集中!

あなたのイチオシ情報をお待ちしております!

この映画に特派員情報を

お探しの情報はみつかりましたか?

自分で指定して探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録