東京都

江戸時代初期までこの付近は湿地帯で、多くの池が点在していたそうですが、
明暦三年(1657年)の大火後、幕府の命により、湿地の一部を埋め立てて日本橋の吉原遊郭が移されました。
以来、昭和33年までの300年間にも及ぶ遊郭街「新吉原」の歴史が始まり、特に江戸時代にはさまざまな風俗・文化の源泉となりました。
遊郭造成の際、池の一部は残り、いつしか池畔に「弁天祠」が祀られ、遊郭楼主たちの信仰を集めましたが、現在は浅草七福神の一社として、毎年お正月に多くの参拝客が訪れています。(現在の吉原神社)

池は「花園池」「弁天池」の名で呼ばれましたが、大正12年の関東大震災では、多くの人々がこの池に逃れ、490人が溺死したという悲劇が起こりました。
弁天祠付近の築山に立つ大きな観音像は、溺死した人々の供養のため大正15年に造立されたものです。
昭和34年吉原電話局(現在の吉原ビル)の建設に伴う埋め立て工事のため、池はわずかにその名残を留めるのみとなりました。
(※台東区教育委員会 看板より引用)

こちらの観音様には、いつもお線香が絶えることがありません。
浅草のとある有志のお店の方が、自前でお供養を続けておられるのだそうです。

「スピリチュアルスポット」として、「女性の願いを叶える」というパワースポットのように紹介されたこともあって、たくさんの女性が訪れるようになりました。

でも、どうかお願いです。
ここは「お供養の場」。
静かに手を合わせる場所である、ということだけは、忘れないで下さいね。


吉原観音はココ >>東京都台東区千束3−22


◎最新&お得な浅草情報が満載!↓ ↓ 
>>最新の浅草がわかる! LET'S GO ASAKUSA 浅草へ行こう!
http://www.enjoytokyo.jp/TK/169.html


◎浅草を1ヶ月まるまる楽しむ為に、他の情報も要確認!

>>「年始にめぐる浅草名所七福神」はこちら
http://www.enjoytokyo.jp/id/team_asakusa_migaki/

>>「限定品や逸品満載!浅草グルメ&お土産」はこちら
http://www.enjoytokyo.jp/id/team_asakusa_daiki/

投稿日: 2006/12/27 3:17

投稿画像(5枚)

前へ

次へ

  • 看板には悲しい記憶がつづられています

    看板には悲しい記憶がつづられています

  • 慰霊碑とお地蔵さま

    慰霊碑とお地蔵さま

  • 悲しいくらい美しいです

    悲しいくらい美しいです

  • 吉原の歴史が書かれています

    吉原の歴史が書かれています

おでかけ de POINT!

一覧を見る

上野・浅草



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

この投稿にひもづけられた情報

  • 紅葉特集

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

ニックネーム未設定

ニックネーム未設定さん

(30代/女性)

 

ページTOPへ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる