初詣の意味を知っておでかけしよう! 全国パワースポット神社・寺まとめ

そろそろ来年のお正月に参拝する場所を決めたい時期。2016年を良い一年にするためには、年初めが大切! それぞれの思いを祈願しに、より神聖なるパワーが溢れるスポットに赴こう♪ お正月の豆知識も合わせてチェック!

知ってる? 今さら聞けないお正月の豆知識

お正月の豆知識

お正月は、自宅で祖先の歳神様をお迎えし、昨年の感謝と今年の祈願をする行事。鏡餅を神棚にお供えして拝礼した後、地元の土地を護る祭神様にお参りし、地域の安全と豊穣などを願うものが「初詣」の始まりとされている。初詣にいつまでに行くべきかは地域によって異なりますが、三が日または松の内(元旦から七日または十五日)までにお参りするのが一般的なようです。

元日には、歳神様と共に新年を祝う供物である「おせち料理」を家族の幸せを願いながら食し、「おとそ」を飲んで一年の邪気を払う。さらに供物である餅を下ろして食べる「お雑煮」でご利益をいただくのが通例。

ちなみに、大晦日に食べる「年越しそば」は、細く長く伸びることから、良い運気を長続きさせたり、長寿を祈ったりする意味があるそう。

そして初詣は、元々「恵方参り」が発展した形だといわれる。自宅から見て「恵方」という毎年変わる吉の方角にある神社やお寺にお参りをし、新年の幸せを祈るもの。江戸時代に盛んになり、やがて現在のように、遠くの有名な神社やお寺に出向くようになったといわれる。

[関東・甲信越]パワースポットとしても知られる初詣スポット

天下の険 箱根山で仕事運・出世運、縁結びのご利益をもらおう

箱根神社(神奈川)

箱根神社(神奈川)

箱根大神をお祀りし、開運厄除・心願成就・交通安全などにご利益があるといわれる神社。かつては関東における山岳信仰の一大霊場として知られていた。九頭龍神社新宮が隣接しており、共に箱根を代表するパワースポットとして有名。

特に仕事運や出世運を上げるといわれており、事業を着実に進めたい場合にパワーを得ることができるといわれている。一方、九頭龍神社は縁結びのご利益で知られており、女性の参拝者も多い。カップルや夫婦でそれぞれの願いをかけてみては?

慈悲深い浅草観音の懐で心静かに癒される

浅草寺(東京)

浅草寺(東京)

仏の中で最も慈悲深いといわれる観音様で知られる「観世音菩薩」を本尊とする浅草寺は、飛鳥時代からの歴史ある寺院。雷門や五重塔は、東京のシンボルにもなっている。元日から7日まで開催される「新年大祈祷会」は、弁天山の鐘楼による「除夜の鐘」と共に始まり、大勢の参拝客で溢れかえる。

厄除けや金運、縁結びなどにご利益があるといわれるパワースポットで、そこにいるだけで観音様の慈悲のエネルギーで心静かに休まるといわれる。

気力・体力が弱っているときに、パワーを授かる場所

三峰神社(埼玉)

三峯神社(埼玉)

埼玉県秩父市にある奥秩父三峯山の山頂に位置する、ヤマトタケル伝説などで知られる神社。秩父神社、宝登山神社と並ぶ秩父三社の一つで、国産み神話で知られる「イザナギノミコト」と「イザナミノミコト」が祀られている。訪れると、精神力と体力両方がアップするといわれる、強い気がたちこめるパワースポット。

元日には一年の安全とパワーを授かる初詣客が多数訪れる。御札に強いパワーが宿っているため、求める人も多い。澄んだ霊気を感じに行こう。

新潟随一のパワースポット「おやひこさま」でエネルギーを得る

彌彦神社(新潟)

彌彦神社(新潟)

祀られている「天香山命(あまのかごやまのみこと)」は知恵のある御祭神で、事業の創始や発展などの仕事運や、交渉力の向上、立身出世などのご利益があるとされる。

毎年、20万人以上もの初詣参拝客が訪れ、一年の無病息災や学業成就、厄除祈願を願っている。







住所 〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

電話 0256-94-2001

[北海道・東北]パワースポットとしても知られる初詣スポット

初心に帰って開運! 未知なる領域への勇気をもらおう

北海道神宮(北海道)

北海道神宮(北海道)

毎年、正月三が日には道内・道外問わず多くの初詣客が訪れる北海道神宮。明治天皇「勅命」が1869年に北海道の開拓に際して「開拓三神」を祀るよう勅令を下したのが始まり。現在は北海道の国土や国土経営、開拓の神々三神と明治天皇の四柱が祀られている。 山々に囲まれた北海道ならではの大自然を背景に、くぐると仕事運がアップするという「第三鳥居」や、未知なる挑戦にパワーをもらえるという「開拓神社」などがパワースポットとして知られる。

新年の幕開けに際して、前人未到の新しいことにチャレンジするとき、一歩踏み出す勇気をもらえそう。


住所 〒064-8505 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

電話 011-611-0261

日本三大霊場の一つ出羽三山で過去の因縁を解消し、運気を底上げ!

出羽三山神社(山形)

出羽三山神社(山形)

月山、羽黒山、湯殿山の総称「出羽三山」は、山形県内屈指のパワースポット。その各出羽三山にある月山神社、出羽神社、湯殿山神社を指す出羽三山神社は、それぞれ強いパワーが宿るといわれる。毎年大晦日には「松例祭」が、歳が明けると元日には「歳旦祭」が羽黒山山頂にて行われ、多くの人々でにぎわう。

特に羽黒山山頂にある出羽神社は、出羽三山のエネルギーが集合した強力なパワースポットといわれており、三神合祭殿や五重塔など運気を底上げしてくれる場所がそろう。霊的な因縁や過去を癒し未来への活力を得たいときにおすすめ。


住所 〒997-0292 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7

電話 0235-62-2355

[関西]パワースポットとしても知られる初詣スポット

お稲荷さんの総本宮。願いが“通る”ことを願い、千本鳥居を通り抜けよう

伏見稲荷大社(京都)

伏見稲荷大社(京都)

古く奈良時代から祀られており五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、諸願成就の神として信仰されてきた伏見稲荷大社は庶民のための聖地。全国3万社ほどある「お稲荷さん」の総本宮だ。京都屈指の初詣スポットの一つで、正月3ヶ日には西日本一の参拝客が訪れる。パワースポットとしては、神が宿るといわれる稲荷山の高い波動を受けるため、商売繁盛、金運上昇などを期待して訪れる人も多い。有名な「千本鳥居」の鮮やかな朱色は、魔力に対抗する色といわれている。

願いが「通る」鳥居を通って、一年の祈願をしよう。



住所 〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

電話 075-641-7331

[四国・九州・沖縄]パワースポットとしても知られる初詣スポット

縁結びの神様に男女の縁や人脈などを祈願しよう

出雲大社(島根)

出雲大社(島根)

元日から全国から大勢の初詣参拝客でにぎわう、「だいこくさま」と慕われる「大国主大神」が祀られている神社。国や村づくり、農耕・漁業を進めて人々の生活の基礎を固め、病苦を救うなど慈愛のある神であると同時に、男女の縁結びや社会のつながりが結ばれることへのご利益もあるといわれる。

境内には国宝に指定されている御本殿や、奉納行事が行われる拝殿など見どころも多い。また、出雲大社のシンボルにもなっている「大しめ縄」は、一度は見ておきたい。



住所 〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195

電話 0853-53-3100

交通安全を願う参拝者が大勢訪れる

宗像大社(福岡)

宗像大社(福岡)

三女神を祀る宗像大社は、沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、宗像本土の田島にある辺津宮の、三宮の総称。沖津宮のある沖ノ島は、九州と朝鮮半島をつなぐちょうど中央辺りに位置し、豊富な国宝を有するほか、女人禁制など古代の風習が今も色濃く残っている神聖なる島。そのパワーは沖ノ島より本土へと流れているといわれる。

三女神が祀られている本土の辺津宮には、毎年大勢の初詣参拝客がつめかけ、一年の交通安全や開運厄除などを祈願する。特に自動車専用のお守りは宗像大社が初だといわれる。



住所 〒811-3505 福岡県宗像市田島2331

電話 0940-62-1311

崖にそびえる波の上の聖地で、海の向こうのニライカナイに祈りを捧げる

波上宮(沖縄)

波上宮(沖縄)

琉球八社の最高位とされ、沖縄で多くの初詣参拝者でにぎわう波上宮は、ニライカナイの聖地として古より人々が祈りを捧げ、高い崖の上に鎮座しているのが特徴。ご本殿の両脇にはシーサーが佇み、参拝者を見守っている。御祭神は「熊野権現」で、海上安全や諸産業の振興、豊漁、家内安全のほか、縁結びや安産、厄除けなどの幅広いご神徳があると伝えられている。

強い神聖なる霊気による元気がでるエネルギーがたちこめているため、溢れるパワーを意識して参拝すると、リフレッシュの休息ができそうだ。



住所 〒900-0031 沖縄県那覇市若狭1丁目25-11

電話 098-868-3697

PR