東京スカイツリー 観光ガイド

東京の新しい観光名所「東京スカイツリー®」が2012年5月22日、ついにオープンした。高さ634mの世界一のタワーを中心に、「東京スカイツリータウン®」と名付けられた街には、商業施設「東京ソラマチ®」や水族館など多彩な施設が集結。見学スポットをはじめ、周辺おすすめ情報とともにご紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京スカイツリー®の豆知識


東京スカイツリー®の高さは634mだけど、展望台はどれくらいの高さにあるの?

東京スカイツリー天望デッキは350mの位置にあり、展望ロビーのほかレストランやショップが入居。展望デッキへのエレベーターは分速600mなので、約50秒で到着するそう。あっという間ですね。東京スカイツリー天望回廊は100m高い450mの位置に。

入場料金はいくら?

東京スカイツリー天望デッキは、当日券の場合、大人(18歳以上)2000円、中人(12~17歳)1500円、小人(6~11歳)900円、幼児(4~5歳)600円。事前購入する日時指定券はそれぞれ+500円。
当日購入のみの東京スカイツリー天望回廊は、大人(18歳以上)1000円、中人(12~17歳)800円、小人(6~11歳)500円、幼児(4~5歳)300円。
※3歳以下無料で、団体割引料金あり
※料金は2012年8月現在の情報です

どんなライティング?

江戸で育まれてきた心意気の「粋」と、美意識の「雅」という二つのデザインが1日ごとに交互でライティングされる予定。ライティングデザインは、浜離宮恩賜庭園のライトアップ等を手がけた、戸恒浩人(とつね ひろひと)氏。


(写真:ユーザ投稿

東京スカイツリー®周辺にはどんな施設があるの?

東京スカイツリー®を中心に、商業施設「東京ソラマチ®」や水族館、ドームシアター、オフィス施設「東京スカイツリーイーストタワー®」など、さまざまな施設があり、その総称を「東京スカイツリータウン®」と呼ぶ。

公式キャラクター、ソラカラちゃん®について教えて!

「とんがり星」から望遠鏡をのぞいていたら東京スカイツリーを見つけ、舞い降りてきたそう! くちぐせは「そらから これから いってみるから!」。テッペンペン®とスコブルブル®というお友達のサブキャラクターもいるそう。ぜひソラカラちゃん®の公式サイトでチェックしてみて。お土産に買って帰りたくなりそう!

業平橋駅の名前が変わった!

東武伊勢崎線の「業平橋駅」が2012年春、「とうきょうスカイツリー駅」に改称された。ちなみに改称は今度で3度目。明治35年「吾妻橋駅」として開業後、明治43年に「浅草駅」、昭和6年に「業平橋駅」に改称された歴史がある。

東京スカイツリー®のスポット情報
お土産情報(東京土産特集)
→内覧会の様子はこちら( 天望回廊編天望デッキ編
コニカミノルタプラネタリウム"天空"編すみだ水族館編

公式サイト

東京スカイツリー®周辺のおすすめスポット

周辺グルメ

周辺観光スポット

見学スポット

みんなの口コミ・現地情報

新名所・名所情報を投稿しよう

投稿する

PR