今年も行きたい!人気の夏祭りランキングTOP10

昨年度のイベントページへのアクセス数をもとに集計した人気の夏祭りランキングTOP10を大発表! 写真や紹介文があるからどんな祭りか一目瞭然。どの祭りに行けばいいか迷ったら参考にしてみて!

      • 東京都/麻布十番
      • 納涼祭り

      ひと味違う大人の食べ歩き。 バラエティに富んだグルメ屋台が集結

      麻布十番 納涼まつり
      外国人も数多く参加する国際色豊かな「麻布十番納涼まつり」。六本木からも徒歩圏内で、アクセス抜群。祭りの定番の味や、全国50以上の市町村が自慢の特産品を持ち寄る「おらがくに自慢」をはじめ、麻布十番の名店の屋台など、バラエティ豊かなグルメ屋台を楽しめるのが魅力。特設ステージでは音楽ライブのほか、日本の伝統文化芸能も楽しめる。夜には風情ある提灯がともり、都心の夜景が一変。昔ながらの人情味あふれる商店街で大人の食べ歩きを楽しもう。
      開催日:
      8月26日(土)、8月27日(日)
      開催場所:
      麻布十番商店街
      最寄駅:
      麻布十番
      例年の人出:
      約30万人​
      屋台・露店数:
      あり​​
      時間:
      15:00~21:00​​​
      • 東京都/門前仲町
      • 例大祭

      三年に一度の本祭り。壮大な神輿渡御と水かけが名物

      深川八幡祭り
      昔ながらの下町情緒をたっぷり楽しめる江戸三大祭の一つ。3年に一度の本祭りでは、53基の神輿が練り歩く「神輿連合渡御」を楽しめる。なかでも、観客が神輿の担ぎ手に清めの水を豪快に浴びせる深川名物の「水掛け」では、担ぎ手と観客が一緒に水浸しなって盛り上がり、夏の暑さを吹き飛ばすにはぴったりのイベント。夜には境内特設舞台で太鼓や雅楽の演奏、能や踊り、ガムランの演奏など多彩な奉納行事があり見ごたえあり。
      開催日:
      8月11日(金・祝)~8月15日(火)
      開催場所:
      富岡八幡宮
      最寄駅:
      門前仲町
      例年の人出:
      約30万人​
      屋台・露店数:
      あり​​
      時間:
      9:00~21:00​​​
      • 東京都/阿佐ヶ谷
      • 七夕

      世相を反映したハリボテ飾りが名物。阿佐谷の商店街が七夕一色に

      阿佐谷七夕まつり
      日本三大七夕まつりの一つとして知られ、毎年数多くの人で賑わう「阿佐谷七夕まつり」。色とりどりの吹流しや竹飾りをはじめ、商店街の店主たちが工夫を凝らして作った人気のキャラクターなど、その年のブームや世相を反映した巨大なハリボテ飾りで彩られ、歩きながら眺めているだけでも楽しい。また、期間中は各店独自のセール企画や阿佐ヶ谷駅周辺8商店会による連携イベントも催され、大人から子どもまで楽しめる。
      開催日:
      8月4日(金)~8月8日(火)
      開催場所:
      阿佐谷パールセンター
      最寄駅:
      阿佐ヶ谷
      例年の人出:
      約80万人​
      屋台・露店数:
      100店前後​​
      時間:
      10:00~22:00​​​
    • 東京都/高円寺
    • 阿波踊り
    • 1957年に街の賑わいを求めて始まった東京の夏の風物詩

      東京高円寺阿波おどり
      本場・徳島をはじめ、全国から踊り手たちが大集合する関東の大イベントの一つ。昭和32年に高円寺の活性化のためにスタートし、今年で61回目。延べ一万人の踊り手と百万人の観客で、街は熱気の渦に包まれる。カランカランと軽快なリズムでリードする鉦の音と涼やかな笛と三味線の音色、大太鼓の躍動感あるダイナミックな音に心浮き立ち、思わず一緒に踊りだしてしまう観客も。
      開催日:
      8月26日(土)、8月27日(日)
      開催場所:
      高南通り(JR高円寺駅南口周辺)
      最寄駅:
      新高円寺/高円寺
      例年の人出:
      100万人前後​
      屋台・露店数:
      30店前後​​
      時間:
      17:00~20:00​​​
    • 静寂な水面に美しく揺らめく「とうろう」に想いを込めて

      浅草夏の夜まつり とうろう流し
      隅田川を流れる「とうろう」の灯りと、水面に映る周辺の夜景が独特の世界観をつくりあげるお盆の夜の風物詩。関東大震災をはじめ東京大空襲など、隅田川で亡くなった多くの霊を悼む為、昭和21年に行われたのが始まり。吾妻橋近くの隅田川親水テラスから、想いを込めて隅田川に流す。夏の夜に感動的な美しさを体感できる「とうろう」は有料にて販売。事前に申し込む事も可能なので、参加したい方は早めに問い合わせるのがおすすめ。
      開催日:
      8月12日(土)
      開催場所:
      台東区立隅田公園
      最寄駅:
      浅草
      例年の人出:
      4万5000人前後​
      屋台・露店数:
      なし​​
      時間:
      18:30~20:00​​​
    • 東京都/月島
    • 例大祭
    • 2017年は「蔭祭り」の年。 大祭式の神秘なる世界観を堪能しよう

      住吉神社例祭(蔭祭り)
      今年は3年に一度の例大祭(本祭り)とは趣を異にする「蔭祭り」。神輿の渡御や獅子頭の宮出しなどの賑わい行事はなく、神社社殿にて大祭式を執り行う。大祭式は、だれでも観覧が可能で、神職らが海川山野でとれたものを神様へお供えする奉納の儀や、国家・氏子地域の繁栄を祈る厳粛な神事を見ることができる。また、風流な神楽を間近で楽しめ、日本古来の伝統文化に触れることができる。
      開催日:
      8月6日(日)、8月7日(月)
      開催場所:
      住吉神社
      最寄駅:
      月島
      屋台・露店数:
      なし​​
    • 東京都/神楽坂
    • 納涼祭り
    • ほおずき市と阿波踊りの二本立て。江戸の風情が楽しめる恒例の夏まつり

      神楽坂まつり
      江戸の風情が残る食通の街・神楽坂で、今年も4日間に渡り夏まつりが開催される。第一部では「ほおずき鉢」の販売に加え、毘沙門天の門前では神楽坂の名店の屋台が立ち並び、金魚すくいやヨーヨー釣りなど昔ながらの縁日が楽しめる。まつりのクライマックスは第二部の坂道で行われる阿波踊り。軽快な掛け声とリズミカルな囃子の音とともに延べ40連による熱気あふれる踊りが披露され、日本の夏らしい賑わいが神楽坂の夜を華やかに彩る。
      開催日:
      7月26日(水)~29日(土)
      開催場所:
      神楽坂通り商店会
      最寄駅:
      牛込神楽坂/神楽坂/飯田橋
      例年の人出:
      約6万人​
      屋台・露店数:
      約45店​​
      時間:
      [第一部 ほおずき市] 26日(水)、27日(木) 17:30~22:00 [第二部 阿波踊り大会] 28日(金)、29日(土)19:00~21:00​​​
    • 神奈川県/みなとみらい
    • 盆踊り
    • 横浜港・みなとみらいを望む 抜群のロケーションで日本の夏を満喫

      みなとみらい大盆踊り
      中華街や横浜駅からもアクセス抜群。横浜の海風をあびながら本格的な盆踊りを楽しめる夏の風物詩。 会場となる「臨港パーク南口広場」にはスケール感のある本格的なやぐらが組まれ、売店やビアガーデンなどの飲食ブースや、お子様が楽しめる縁日も登場。夜には、幻想的な雰囲気を醸すやぐら提灯の向こう側に、青白くライトアップされた横浜ベイブリッジを一望でき、 昔ながらの夏祭りの風情と近代的な景色の融合を楽しめる。盆踊り大会は当日参加もOKなので、見るだけでも参加しても◎。
      開催日:
      8月18日(金)、8月19日(土)
      開催場所:
      パシフィコ横浜ほか
      最寄駅:
      みなとみらい
      例年の人出:
      1万7600人​
      屋台・露店数:
      15店前後​​
      時間:
      [18日] 16:30~20:30 [19日] 15:00~20:30​​​
    • 埼玉県/南越谷
    • 阿波踊り
    • 約70万人もの見物客を動員する埼玉県内有数の夏祭り

      南越谷阿波踊り
      徳島、高円寺に次ぐ規模を誇る日本三大阿波踊りの一つ。流し踊り・舞台踊り・組み踊りとさまざまなスタイルを楽しむことができ、街中を練り歩く「流し踊り」は、踊り手と観客との距離が近く一体感が楽しめる。その他にも、照明や音響を駆使した「舞台踊り」、屋外の特設会場で行なわれ阿波踊りをじっくり観賞できる「組踊り」と、本場徳島でもトップクラスの招待連による卓越した踊りが味わえる。
      開催日:
      8月19日(土)、8月20日(日) 
      ※18日(金) 19:00~21:00は前夜祭
      開催場所:
      南越谷駅周辺ほか
      最寄駅:
      南越谷/新越谷
      例年の人出:
      約70万人​
      屋台・露店数:
      250店前後​​
      時間:
      [流し踊り] 17:10~21:00 [舞台踊り]14:00~20:45 [組踊り] 16:20~20:45​​​
    • 屋台に花火に盆踊り。大人も子どもも楽しめる催しが満載

      江東区民まつり亀戸地区夏まつり大会
      今年も恒例の地域密着型夏祭りが亀戸中央公園で開催される。盆踊り大会、打ち上げ花火、縁日など 大人から子どもまで楽しめる催しが盛りだくさん。亀戸中央公園A地区のシンボルである時計台をメインステージに数多くの露店が出店し、バンド演奏や和太鼓演舞、歌謡ショーなど様々なプログラムを楽しめるほか、お子様連れには嬉しいミニSL運行も。公園内にある広い池では夏季限定で水遊びも楽しめる。
      開催日:
      8月19日(土)、8月20日(日)
      開催場所:
      亀戸スポーツセンターほか
      最寄駅:
      亀戸水神/亀戸
      例年の人出:
      約7万人​
      屋台・露店数:
      あり​​
      時間:
      10:00~21:00​​​

▲ページTOPへ

PR