お花見穴場スポット
~地域密着型の桜まつり編~

全国的な知名度はなくても、地元の人なら誰もが知る隠れた桜の名所はたくさんあります。住民が温かく見守る桜がある街では、地域密着型の素敵な桜まつりが開催されているもの。2017年の花見に、観光を兼ねて出かけてみませんか?

  • 羽村堰

    東京都羽村市の「はむら花と水のまつり2017 さくらまつり」

    「はむら花と水のまつり」は羽村市の目玉である「桜」と「チューリップ」と「玉川上水」が満喫できるイベント。「さくらまつり」を前半、「チューリップまつり」を後半として、3月下旬から4月下旬まで行われます。
    「さくらまつり」の会場は玉川上水の取水口である羽村堰あたり。約200本の桜の下に模擬店などが並び、夜は幻想的な夜桜が楽しめます。4月の第2日曜日には市内各神社の山車や神輿が街を練り歩きます。特に八雲神社の神輿の川渡りは迫力満点。市内全体がお祭りムードに包まれます。

    羽村堰

    【最寄駅】羽村

    【開催期間】3月24日(金)~4月9日(日) 10:00~20:30

    はむら花と水のまつり2017「さくらまつり」


  • 播磨坂さくら並木

    東京都文京区の「第46回文京さくらまつり」

    文京区では「文京花の五大まつり」と題して、年に5回、季節の花をテーマにした祭りが開かれています。「文京さくらまつり」はその1つ。昭和46年から播磨坂で開催されています。播磨坂という名前は江戸時代、このあたりに松平播磨守の上屋敷があったからだとか。桜並木ができたのは戦後になってから。昭和35年の「全区を花でうずめる運動」によって150本の桜が植えられ、地元の人々に大切に育てられてきました。まつり期間中の4月1日(土)・2日(日)は歩行者天国となり、「こどもどうぶつ村」や吹奏楽の演奏などが楽しめます。

    播磨坂さくら並木

    【最寄駅】茗荷谷

    【開催期間】3月25日(土)~4月9日(日)

    第46回文京さくらまつり


  • 馬込桜並木通り

    東京都大田区の「馬込文士村大桜まつり」

    「馬込文士村大桜まつり」は南馬込4丁目48番から南馬込6丁目11番あたりまで続く全長約600mの「南馬込桜並木」で行われます。「馬込文士村」というのは、太田区の山王や馬込、中央といったJR大森駅の西側エリアの呼称。大正末期から昭和初期にかけて、このあたりに多くの文士や芸術家が暮らしたことから、いつしかそう呼ばれるようになったとか。こういった土地の特性もあって、祭りでは俳句大会も開催されます。また岐阜県郡上市明宝地区との交流があることから明宝の物産展が開かれ、郡上おどりなども披露されます。

    馬込桜並木通り

    【最寄駅】西馬込

    【開催期間】4月2日(日) 12:00~16:30 ※雨天決行

    馬込文士村大桜まつり


  • 常盤平さくら通り

    千葉県松戸市の「常盤平さくらまつり」

    「常盤平さくらまつり」が開催されるのは、新京成線の八柱駅と五香駅間に並行して走る「常盤平さくら通り」。約3kmにわたって桜並木が続く美しい通りで、1987年に「日本の道100選」に選ばれました。道の両側に樹齢50年ほどのソメイヨシノやオオシマザクラが約620本。春の風景はまさに桜のトンネルです。「常盤平さくらまつり」開催時は歩行者天国になり、チャリティライブやパレードなどのイベントを実施。ボーイスカウトに入っている市内の4つの中学生が清掃ボランティアで参加するなど、街ぐるみで盛り上がります。

    常盤平さくら通り

    【最寄駅】常盤平、五香

    【開催期間】4月1日(土) 11:00~19:00、4月2日(日) 10:00~18:00

    常盤平さくらまつり


  • 渋田川沿い桜並木

    神奈川県平塚市の「第18回渋田川桜まつり」

    神奈川線の伊勢原市と平塚市を流れる渋田川流域はかつて不法耕作や不法投棄で荒れ果てていたそう。そこで地元自治会が立ち上がり、清掃や桜の植樹を実施。現在は約600本の桜が咲き誇り、美しい川に甦りつつあります。
    鷹匠橋の上流で行われる「渋田川桜まつり」は、近隣の中学・高校による吹奏楽の演奏やダンスの披露のほか、地元各団体とのコラボを通じて交流を図るとともに、楽しみながら学ぶ学習コーナーが開催されます。

    渋田川沿い桜並木

    【最寄駅】平塚

    【開催期間】4月9日(日) 9:30~15:00

    第18回渋田川桜まつり


  • 舎人公園

    東京都足立区の「舎人公園 千本桜まつり」

    「舎人公園 千本桜まつり」が開かれるのは舎人公園。約61.2haの敷地はまだまだ拡大中で、最終的には69.5haになるというから驚きです。この広い公園にはソメイヨシノを中心に1,000本以上の桜が植えられています。なかにはレーガン大統領夫人が来日した際に贈られた「レーガン桜」といった珍しい桜も見ることができます。
    期間中は足立区内の桜の名所を巡る「あだち花季行 花めぐりバス花」も運行。足立区の桜を心ゆくまで堪能しましょう。

    舎人公園

    【最寄駅】舎人公園

    【開催期間】2017年の情報が届き次第更新します。


  • 秦野市運動公園

    神奈川県秦野市の「秦野桜まつり」

    「秦野桜まつり」の会場は「中央運動公園」と「弘法山公園」の2つ。メイン会場となる「中央運動公園」には飲食店や物販店など地元のお店が20店舗あまり参加。公園の脇を流れる水無川に沿って続く約1kmの桜並木を見ながらお買い物が楽しめます。
    一方第2会場となる「弘法山公園」では約2,000本のソメイヨシノが楽しめます。この公園は、「神奈川の花の名所百選」にも選ばれている景勝地。浅間山と権現山と弘法山の3つの山を含む自然豊かなエリア全体を指します。ちなみに、弘法山は弘法大師が修行した山。

    秦野市運動公園

    【最寄駅】渋沢、秦野

    【開催期間】4月1日(土)~4月2日(日)10:00~17:00

    第34回秦野桜まつり


▲ページTOPへ

みんなの口コミ・現地情報

花見情報を投稿しよう

投稿する

PR