一度は行きたい!
人気の花火大会
ランキング2016

日本の夏の風物詩といえば、やっぱり花火。そこで、レッツエンジョイ東京では、昨年度の各イベントページへのアクセス数をもとに、人気の花火大会トップ10をはじきだしました! どこに行こうか迷ったら参考にしてみて。

  • 【1位】 隅田川花火大会

    東京の花火大会といえばやっぱり「隅田川花火大会」、納得のナンバー1 !どんなに込むとわかっていても一度は行ってみたい花火大会のひとつ。隅田川上流の第一会場では約9,350発、下流の第二会場では約10,650発、合計20,000発の花火が打ち上げられる。第一会場で打ち上げられる花火のうち200発は花火コンクールのもの。両国ゆかりの花火業者7社と、全国の競技会で優秀な成績をおさめた3社が腕を競う。ちなみに花火大会でお馴染みの掛け声「かぎやー」「たまやー」は、隅田川で花火大会が行われるようになった江戸時代に活躍していた花火業者の名前。各業者が交互に花火を打ち上げると、観客は口々に良いと思った方の名前を叫んだのだとか。今年、コンクールでお好みの花火を見つけたら、業者の名前を叫んでみてはいかが?

    第39回 隅田川花火大会  
    開催日:2016年7月30日(土)
    開催場所: 隅田川 桜橋   隅田川 言問橋
  • 【2位】 足立の花火

    都内でこの夏最速の「足立の花火」は第2位。”夏の花火は足立から…”というキャッチコピーのもと、都内の夏の花火大会としてはもっとも早く開催される。打ち上げ幅300メートル、足立の花火名物・ナイアガラや黄金に輝く満開のしだれ桜など、見どころもりだくさんの花火大会。なんと今年はエイベックスとのコラボレーションにより、河川敷がライブ会場に! 光るブレスレット(サイリウム)は、当日会場にて約5万本を配布する(なくなり次第、終了)

    第38回足立の花火  
    開催日:2016年7月23日(土)
    開催場所: 荒川河川敷(千住新橋~西新井橋間)  
  • 【3位】 東京湾大華火祭 ※2016年は開催なし※

    10発の尺5寸玉、100発の尺玉、「日本煙火芸術協会」による芸術玉など、約12,000発が豪華絢爛に夜空を染める様子が感動的。しかし、2016年は中止が決定。中止の理由は東京湾花火大会のメイン会場が、2020年東京オリンピックの選手村となりその準備のため。中央区ホームページによると当面休止だが、できるだけ早く再開したいとのことです。

  • 【4位】 武蔵村山市観光納涼花火大会

    会場内では、ダンスや生バンド演奏、空手の演武(予定)などさまざまなイベントが行われる。模擬店も多く軒を連ね、お祭り気分を盛り上げる。花火大会写真コンテストやメッセージ花火打ち上げも開催。

    第38回武蔵村山市観光納涼花火大会  
    開催日:2016年8月27日(土)
    開催場所: 野山北公園  
  • 【5位】 ひので夏まつり

    郷土芸能(お神輿・居囃子)や盆踊り、花火大会と夏気分が味わえる「ひので夏まつり」。郷土芸能保存会によるお囃子は、ひよっとこやおかめ踊りなどを、太鼓や笛の音色にあわせて披露する。祭りのフィナーレを飾る花火大会はスターマインやワイドスターマインなど、迫力満点!

    第12回ひので夏まつり  
    開催日:2016年7月30日(土)
    開催場所: 日の出町立平井中学校  
  • 【6位】 神宮外苑花火大会

    花火はもちろん、アーティストのライブも充実! 100万人を魅了する神宮外苑の花火大会。毎年、東京の夜空を約1万発の花火が彩る花火大会。神宮球場、秩父宮ラグビー場、神宮軟式球場、東京体育館敷地内の4つの有料観覧会場があり、チケットさえ取っておけば、ゆっくりと鑑賞できるのが魅力。人気アーティストのライブなど、花火以外のアトラクションも楽しみのひとつ。

    東日本大震災復興チャリティー日刊スポーツ新聞社主催2016 神宮外苑花火大会  
    開催日:2016年8月20日(土)
    開催場所: 明治神宮外苑  
  • 【7位】 江東花火大会

    打ち上げ場所からわずか150メートルの近距離から、大花火が見物できる花火大会。臨場感、迫力ともに十分な上、荒川に映える花火は納涼感もたっぷり。会場内の芝生にレジャーシートを敷いて、ゆったりと楽しむこともできる。

    第34回 江東花火大会  
    開催日:2016年8月1日(月)
    開催場所: 荒川・砂町水辺公園  
  • 【8位】 江戸川区花火大会

    江戸川河川敷を舞台に市川市民納涼花火大会と共同開催される江戸川区花火大会は、第8位にランクイン。全国でも江戸川区側と市川市側あわせるとトップクラスの観客動員数を誇り、約139万人にも上る。オープニングは江戸川名物の 5 秒間、1,000 発花火! 富士の山頂に太陽が燦然と輝く「ダイヤモンド富士」や「真夏のスターダスト」など、趣向を凝らした7つのプログラムが後に続く。

    第41回 江戸川区花火大会  
    開催日:2016年8月6日(土)
    開催場所: 江戸川河川敷(江戸川区花火大会会場)  
  • 【9位】 調布花火

    34回目を迎える歴史ある花火。調布が元祖である、音楽と花火のコラボレーション「ハナビリュージョン」は必見。調布のハナビリュージョンはコンピューター制御され、音楽と花火が完全シンクロし、見事なコラボレーションを奏でる。選曲も映画音楽やみなさんに馴染みのあるものからチョイス。最高のエンターテイメントショーに会場は感動の渦に巻き込まれる。ゆっくりとくつろぎながら、花火を楽しむことができる臨場感抜群の有料席がお勧め。

    映画のまち調布“夏”花火2016(第34回調布花火)  
    開催日:2016年8月21日(日)
    開催場所: 多摩川河川敷(京王相模原線鉄橋下流)  
  • 【10位】 いたばし花火大会

    板橋の夏の風物詩として親しまれる花火大会。対岸の戸田市と合わせると約12,000発の花火が打ち上げられる。都内では珍しい尺玉、おなかに響く大迫力の音などが大きな魅力のひとつ。有料席の一般販売は6月25日(土)からチケットサイトやコンビニで販売開始。

    第57回いたばし花火大会  
    開催日:2016年8月6日(土)
    開催場所: 荒川戸田橋上流 板橋側河川敷  

みんなの口コミ・現地情報

花火大会情報を投稿しよう

投稿する

PR