学園祭グランプリ2016 受賞校の発表!

社会人も子供も、ふらっと行って楽しめる学園祭NO.1を決める「学園祭グランプリ」。2016年度のMVP、受賞校を発表します!

  • 8回目を迎える本コンテストでは、近年、留学生や訪日外国人が増加していることを背景に、本年は留学生による企画部門や訪日外国人向けの企画部門などの部門賞を設立。過去最高の102キャンパスが参加しました。各キャンパスの学園祭実行委員会より提出される学園祭の開催前と開催後に提出されるレポートをもとに、学園祭実行委員OB・OGや留学生を中心とした審査員が厳正に審査の上、MVPが決定しました。

    学園祭グランプリ

    MVP お茶の水女子大学 第67回 徽音祭
    MVP お茶の水女子大学 第67回 徽音祭

    MVPお茶の水女子大学 第67回 徽音祭
    【153.7 pt獲得】

    5つの部門において全般的に評価が高く、総合獲得点数が高くなったことがMVPの大きな要因。
    「グルーバル企画賞」では日本舞踊や茶会といった大学の特性や建物を活かした「和」の企画や、女子大ならではのアイドル企画を初めとするクールジャパン的な企画など、総合的に日本を感じることができる企画が多い点がOBOG審査員・留学生審査員ともに高評価。また、「留学生企画賞」では、留学生と日本人の交流サークルが出店していた模擬店でたこ焼きのアレンジによって様々な国の持ち味をPRする企画があるなど、食べ物の工夫で勝負している点が非常にオリジナリティがあり、留学生が積極的に学園祭に参加できている点が高評価。「PR動画賞」でも累計再生回数が10,000回以上で1位に入賞しており、WEB上での広報に成功していると言える。

    他にも生活科学部・食物栄養学科に代々伝わる名物料理「ときわじるこ」も2時間待ちの行列ができるほどの人気で、全体的に日本人にも外国人とってもまさに「ふらっと行って楽しめる学園祭」と言える。

    東京理科大学 葛飾キャンパス

    5部門のうち、「地域コラボ賞」「ユニーク企画賞」「企業コラボ賞」の3種で入賞したことで、総合獲得点数をのばしたことが大きく要因。特に「地域コラボ賞」「企業コラボ賞」では、プロジェクションマッピング・地元野菜・物産展・フリーマーケット・古本市など、葛飾区や企業と連携した企画が多数用意されており、大学の立地条件を活かした外部とのコラボレーションを積極的に実施している点を初め、体育館や講義塔の1フロア全体を使用した理系大学ならではの実験教室も子供連れのファミリーで賑わっているなど、地域を巻き込んだ「町のお祭り」と言える。

    東京大学 駒場キャンパス 第67回 駒場祭

    5部門全体的に高得点をマークしたことで総合獲得点数をのばしたことが大きな要因。特に「ユニーク企画賞」では、10分で知ることができる東大の研究発表やロボット操縦体験など、一般的には難しいと思われがちの内容を体験企画として気軽に参加できるようにしていた点が審査員から高評価。また体育会による演目披露や灯篭企画などの日本文化を感じれる企画や、広告代理店とのコラボ授業企画など、1日では回りきれないほどの東大ならではの企画が多数用意されており、誰もが楽しめる学園祭であったことが上位入賞の要因と言える。

    ページTOPに戻る

    ページTOPに戻る

    ページTOPに戻る