2011年の取材レポートです。最新の高尾山ビアガーデン情報はこちら。

高尾山のビアガーデンに行ってきたよ!

夏といえばビール。そしてビールといえば、やっぱりビアガーデンでしょ!というわけで、東京中からお客が集まる、大人気のビアガーデン「高尾山ビアマウント」をレポートしちゃいます。

 

今回訪問した高尾山のビアガーデン

高尾山ビアマウント

高尾山ビアマウント

標高約500メートル、高尾山展望台にオープンした緑いっぱいのビアガーデン。天気がいい日は、八王子市街から横浜、都心のあたりまで広範囲に見渡せる。絶景を眺めながらのビールは最高!
メニュー・料金・予約方法はこちら>>

ライターM

ライターS

家飲みでは新鮮な刺身に、口当たりのいい日本酒…よりも、程よく冷えたビールをチョイス!

ビアガーデンまでは歩いても行けるけれど、ケーブルカー、リフトに乗るのがオススメ!

ビアガーデンまでは歩いても行けるけれど
ケーブルカー、リフトに乗るのがオススメ!

ビアガーデンのある展望台までは、高尾山ケーブルカーか二人乗りのリフトで上がるのがオススメ。特に、日本一の急勾配(31度18分!)を登って行くケーブルカーは体験の価値アリ。京王線高尾山口駅から徒歩5分、清滝駅から15分おきに運転している。もちろん、約40分のお散歩コースからビアガーデンを目指すのもアリ!

ビアガーデンの入り口はケーブルカーの駅を出てすぐ

ビアガーデンの入り口は
ケーブルカーの駅を出てすぐ

大きな白い展望台が見えてきたら、ビアガーデンはすぐそこ! 山の上なので、真っ昼間でも体感で2、3度は涼しく感じる。ビアガーデンへと上がる階段の横には、日光連山が一望できる展望台も。
8月のピーク時には、開店前に400~500人程度の行列ができることもあるそう。店長いわく、「予約がベターだが、予約席がいっぱいの場合はオープン前の早いうちから並ばないと入れない可能性もある」とのこと!

室内、屋根あり、ガーデン…好きなシチュエーションで楽しもう!

室内、屋根あり、ガーデン…好きなシチュエーションで楽しもう!

緑に囲まれた店内。野鳥や虫たちの鳴き声が涼しさを演出しているみたい。店内は「展望台(200席)」「パーゴラ(170席)」「ガーデン(330席)」の3つのブロックに分けられているので、好きな席を選ぼう(予約の場合は、自動的に屋根のある席になる)。子連れのお客も多く、登山を楽しんだ帰りに立ち寄る人の姿もちらほら。

一番人気は展望台の2階席。緑と絶景が合わさった“極上の眺め”が満喫できる!

一番人気は展望台の2階席。緑と絶景が合わさった“極上の眺め”が満喫できる!

一番の絶景スポットは、展望台席の2階。真っ先に埋まってしまう一番人気の席がココ。もちろん夜景は絶品だけど、明るい時間だと横浜港から東京湾まではっきりと見渡せる。都心から1時間弱で来ることができる、「最強の避暑地」かもしれない。きれいな空気が心まで洗ってくれるよう。特別な時間が過ごせそう!

料理コーナーは店内のあちこちに用意。日替わりで毎日50種類の食事がズラリ!

料理コーナーは店内のあちこちに用意。
日替わりで毎日50種類の食事がズラリ!

料理は和、洋、中のバイキングがメイン。その他にも、注文を受けてから作るラーメンやケバブ、最近人気のB級グルメコーナーなどバリエーションが豊富。たこ焼き機の貸し出しもしているので、挑戦してみては? 綿菓子やかき氷、流しうどんなど、子供向けのお楽しみも充実。家族みんなで楽しめるのがいい。

大皿に食事を盛って、ワイワイガヤガヤいただく。これぞバイキング形式の醍醐味!

大皿に食事を盛って、ワイワイガヤガヤいただく。 これぞバイキング形式の醍醐味!

食材にもこだわりが。料理には、地元・八王子の提携農家から仕入れた野菜をふんだんに使用。その日に取れた野菜を、一番おいしい調理法でいただくという、ビアガーデンらしくない粋なこだわりがうれしい。まずは「八王子野菜コーナー」をチェックしてみよう。何があるかは、その日のお楽しみ!
ドリンク類も、6種類のビールの他、カクテルや焼酎、ハイボール、ワインなどよりどりみどり。食事に合わせていろいろ飲めるのが楽しい。

日が落ちたら暑さも一段落。夜風が心地よく、ビールが進む!

日が落ちたら暑さも一段落。
夜風が心地よく、ビールが進む!

夏場だと、19時を過ぎる頃にはあたり一面真っ暗に。夜空を飛ぶムササビが見られることもあるそう。ふと感じられる夜風が心地よく、明るい時間帯とはまた違った高尾山が楽しめるのがいい。
ちなみにケーブルカーの終発は21時15分。居心地がよすぎて時間の感覚が麻痺しがちだけど、ペース配分はしっかりと~!

高尾山ビアマウントの夜景

イチオシPOINT

できれば、「1000万ドルの夜景」とも評される、展望台からの夜景を満喫してほしい! 多少の節電の影響はあるものの、見渡す限りの絶景はビールの最高のお供になる。もちろん、昼や夕方も違った高尾山を楽しめるので、気分に合わせて選んでみては。
なお、雨天の場合は屋根のある席でのみ営業。台風などの荒天の場合は事前に問い合わせよう。既に7、8月の予約は満席のため、当日直接並んでの入場が確実。ただし、土・日は大混雑が予想されるので、確実に入りたい場合はオープン前から並んだ方がいいかも。
食事は常時50種類が並ぶほか、チョコレートフォンデュやケーキなどのデザート類、綿菓子やかき氷なども取り揃えているため、家族連れや女性だけでも楽しめる。特筆すべきはドリンク類の充実。ビールは6種類(キリン一番絞り、アサヒスーパードライ、アサヒ黒生、ハーフ&ハーフ、ハートランド、ハイネケン)を用意。瓶から注ぐ焼酎(麦、芋)も人気。その他、カクテルやワイン、梅酒、リキュール類のほか、ソフトドリンクもアイス13種類、ホット5種類と豊富なので、お酒が飲めなくても満足できそう。

取材・文=志村 江   撮影=新井啓太

ビアホール PICK UP

みんなの口コミ・現地情報

ビアガーデン情報を投稿しよう

投稿する

携帯版もチェック

モバイルでもビアガーデン情報がチェックできます

QRコード