アンテナショップ探訪

2014年4月、『日本橋ふくしま館 MIDETTE』に行ってきた!

ここ数年、都内のアンテナショップは増加傾向にあり、特に銀座・有楽町、日本橋エリアへの出店が相次いでいます。そこで今回は、「COREDO室町」の開業など、開発が進む日本橋に注目。2014年4月12日にオープンした福島県のアンテナショップ、「日本橋ふくしま館 MIDETTE」に行ってきました! 福島県産の農産物や地酒をはじめとする特産品を販売するほか、季節ごとの観光情報を発信。また、復興に向けた食の安全性に対する取り組みなど、福島県の"今"を伝える同店をご紹介します。

現地の生産者たちが、福島の"今"を伝える

日本橋というビル群の中で、木格子をあしらえ、落ち着いた外観がひと際目立つ「日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)」。「MIDETTE」という店名には、「見てってね」というお誘いの気持ちを福島の方言的に込めているとか。総武本線「新日本橋」駅から徒歩1分、日本橋の新たなランドマークとして話題の「COREDO室町」からも徒歩5分ほどで到着。

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」外観

入り口には、「全国新酒鑑評会、金賞受賞数日本一」を祝した大きな貼り紙が両側に。お酒を好む人は、これに吸い込まれるように入店してしまうかも

八重たん

当日は、大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン、「新島八重」をモデルにしたキャラクター「八重たん」がお出迎え

オフィス街の中心地にありながらも、約450平方メートルはあるという広々とした店内。入店し、まず目に飛び込んできたのが工芸品の数々。この中央スペースは、福島県の生産者たちが期間限定で出店するという「催事コーナー」。この日は、有限会社千藤さんが会津漆器を販売していました。伝統とモダンが調和する品々に、思わずウットリ。

催事コーナー
催事コーナー 催事コーナー

だいたい週ごとに入れ替わるという「催事コーナー」。そば打ちなどの実演販売が行われることも

「催事コーナー」のお隣には、毎日現地の生産者から届くという新鮮な野菜や果物など、旬の味覚がズラリ。とはいえ、午後になると残りわずかとなる野菜も。生鮮食品お目当ての方は、早めの時間に来店したほうがよさそう。

この日のオススメは、春採れのグリーンアスパラガス。直径2センチはあろうかという極太サイズにビックリ!アスパラガス
もしや硬くて、食べにくいのでは……と思ったが、試食させてもらうと非常にやわらか&みずみずしく、甘みもたっぷり! 今後は夏採れが入荷予定とのことなので、お見逃しなく。

旬の野菜・果物

今週の人気商品、ベスト3はコレ!

「催事コーナー」は常に商品が入れ替わるため、ここでは定番商品の中から最近の売れ筋ベスト3を教えてもらいました。

ままどおる(三万石)

ままどおる(三万石)
ミルク味の餡をしっとりとした生地で包んだ福島銘菓。1967年発売のロングセラー商品。5個入り432円(税込)

なみえ焼そば(旭屋)

なみえ焼そば(旭屋)
浪江町で生まれた焼きそばで、もっちりとした太めの麺が特徴。一味唐辛子をかけて食べるのが"浪江流"。3食入り341円(税込)

山塩シュークリーム(白亜館)

山塩シュークリーム(白亜館)
ミネラル豊富な「会津山塩」を使用した、甘じょっぱさがクセになるシュークリーム。「ふくしまおいしい大賞」2012菓子部門受賞。1個250円(税込)

▲ページTOPへ

「地酒コーナー」の充実ぶりがスゴイ!

店内でもっとも広いスペースを取られているのが「地酒コーナー」。福島県産の選りすぐりの日本酒やビール、ワインなど、常時約500種類の地酒を用意。数あるアンテナショップの中でも、群を抜く品揃えと言えるでしょう。

それもそのはず、福島県は「全国新酒鑑評会」(日本酒の品評会のようなもの)で、金賞受賞数2年連続1位を獲得。清らかな水とおいしい米から生み出される上質な味わいを、ぜひお試しあれ!
地酒コーナー
地酒コーナー
「日本一の酒処 ふくしま」をPR。「全国新酒鑑評会」で昨年26銘柄、今年は17銘柄の日本酒が金賞を受賞
地酒コーナー
平日限定で、3種類の地酒が味わえるお得な「ワンコイン飲み比べセット」を提供中。お酒は週替わりでセレクト

▲ページTOPへ

ご当地グルメが楽しめるイートイン&観光案内スペース

イートインスペース
店内の一番奥は、20席用意されたイートインスペース。こちらも「催事コーナー」同様、福島で人気のグルメ店が期間限定で出店するスタイルをとっており、福島の郷土料理からB級グルメまで、さまざまなご当地グルメを楽しめるのが魅力。提供メニューは、公式HPのイベントカレンダーでチェックできます。

また、テーブル席をぐるりと囲むように、福島の観光情報も豊富に用意。これからの時期は、首都圏から日帰りも可能なさくらんぼ狩りや、手つかずの自然を満喫できる裏磐梯のトレッキングなどがオススメとのこと。
「えちご家」の味噌ラーメン
1週間限定で、西会津の味噌ラーメンが登場。たっぷりと入った野菜と甘味噌が相性抜群の一杯! 「西会津みそラーメン」700円(税込)
会津べこの乳ソフトクリーム
香料や乳化剤を一切使用せず、しぼりたてのおいしさがそのまま味わえる「会津べこの乳ソフトクリーム」350円(税込)

▲ページTOPへ

取材後、思わず買っちゃいました!

全国的に知られる地元銘菓をはじめ、これまで現地でしか味わえなかった生鮮・加工食品、地酒など、福島の特産品がここ日本橋に集結! 魅力的な商品たちを前に、何も買わずに帰れるわけがありません。というわけで、取材後に衝動買いしてしまった3つをご紹介~。

お野菜ジャム(東栄産業)

お野菜ジャム(東栄産業)
野菜本来の風味を生かした、甘さひかえめの野菜ジャム。人参、生姜、枝豆、トマト、かぼちゃなど種類豊富。豆のつぶつぶ感が残った枝豆ジャムは、クセになる逸品!

布ぞうり(narahato)

布ぞうり(narahato)
布製の室内履き。さらさらとしていて履き心地よし♪ 洗濯機で洗えるのも◎。ひとつひとつ手づくりなので、すべてが唯一無二のオリジナル品なのもうれしい

ヨーグルト(会津中央乳業)

ヨーグルト(会津中央乳業)
昔なつかしいパッケージに引かれて購入した「ソフトクリーミィ ヨーグルト」。その名のとおり、"超"クリーミーで美味! 飲む前によ~く振らないと、吸っても吸っても出てこない濃厚さ。イチゴ味もあり

▲ページTOPへ

日本航空のパイロットたちが応援に!

日本航空では、 「JAL東北応援プロジェクト」を立ち上げており、さまざまな形で東北地方の復興支援を実施。その一環として、この日は同社の現役パイロットや客室乗務員、整備士の社員たちが、普段就業時に着用している制服を着て「ふくしま館 MIDETTE」をお手伝い。全員福島県出身ということもあり、地元の名産品や観光スポットのPRには並々ならぬ愛情を感じました。来店されたお客様たちは、「え? 本物!?」と驚きながらも、普段あまり接する機会のないパイロットたちと記念撮影をしたり、談笑したりと楽しまれていた様子。早い時間には、日本航空の社長も応援にかけつけていたとか。

JAL東北応援プロジェクト
何度となくお願いされる記念撮影にも疲れをみせずに笑顔でご対応。お客様を喜ばせるというプロ意識はさすがです。皆さま、お疲れさまでした!
日本橋ふくしま館 MIDETTE
住  所
東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1F
T E L
03-6262-3977
営業時間
平日 11:00〜20:00 土日祝 11:00〜18:00
休 館 日
年末年始
日本橋ふくしま館 MIDETTE

▲ページTOPへ

みんなの口コミ・現地情報

アンテナショップ情報を投稿しよう

投稿する

PR