2015/8/28 15:00

デートで観るならこの映画!2015年9月のおすすめ3選 by トーキョー女子映画部

 

デートのネタが浮かばないときに映画鑑賞は最良の選択! でも、相手との関係性や映画の内容によっては、2人の関係に大きな影響を与えてしまうことも……。そこで、映画好き女子たちと日々映画の魅力を探求する「トーキョー女子映画部」さんが、二人の状況や映画のテーマなど独自の基準で「デートで観るべき映画」をピックアップ! 映画デートにさそう前にぜひチェックを。

[エッチ度、テーマの深刻度、好みが分かれる度]■■■低め、■■普通、■■■高め


どんなカップルでもOKのハリウッド王道作『M:I ローグ・ネイション』

©2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

こんなカップルにオススメ!⇒ どんなカップルでもOK
エッチ度⇒ ■■
テーマの深刻度 ⇒ ■■
好みが分かれる度 ⇒ ■■

IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織<シンジケート>を秘密裏に追跡していたが、ある者の陰謀によって、逆に自分たちが国際手配される側になってしまう。
主演トム・クルーズが、CGを使わない本物アクションに挑み、見応え充分。ラブストーリーの要素はほとんどなく、自分たちの関係に照らし合わせる点がないので、どんなカップルでも気兼ねなく観られる。世界の美しい街並み、女性キャラの活躍、アクションと男女共に楽しめるエンターテイメント作品。デートでも万能!

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

公開日:好評劇場公開中

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

監督:クリストファー・マッカリー

出演:トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/レベッカ・ファーガソン/ヴィング・レイムス/ショーン・ハリス/アレック・ボールドウィン


  • ©2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

本命と一緒に家族について考えるきっかけに。『at Home アットホーム』

©映画『at Home』製作委員会

こんなカップルにオススメ!⇒ 夫婦
エッチ度 ⇒ ■■
テーマの深刻度 ⇒ ■■■
好みが分かれる度 ⇒ ■■

どこにでもいる幸せそうな家族に見えるが、血の繋がりがない森山家は、父が空き巣、母が結婚詐欺で稼いでいる。ある日、そんな森山家に危機が訪れ、家族の絆が試されることに…。
ワケあって寄り添いながら生きる森山家の在り方は、本来の家族の絆とは何なのかを問いかけるストーリーになっている。血の繋がりだけではない彼らの絆の強さを観ることで、自分たちの家族観を振り返るきっかけになるはず。結婚予定のカップルや、夫婦にオススメ。

at Home アットホーム

公開日:好評劇場公開中

配給:ファントム・フィルム+KATSU-do

監督:蝶野博

出演:竹野内豊/松雪泰子/坂口健太郎/黒島結菜/池田優斗/板尾創路/千原せいじ/村本大輔/ 國村隼


  • ©映画『at Home』製作委員会

どこまでエッチなジョークがOKかチェック!?『テッド2』

©Universal Pictures

こんなカップルにオススメ!⇒ 交際ほやほや
エッチ度 ⇒ ■■
テーマの深刻度 ⇒ ■■
好みが分かれる度 ⇒■■■

テッド夫妻は、子どもが欲しいと思い始めるが、それ以前にテッドを人間として扱うべきなのかという法的議論が上がってしまう。そこでテッドと親友のジョンは、テッドが人間と同等の権利を有することを証明するため奔走する。
かわいいテディベアがおっさんのようにしゃべり、おまけに超下品ということで、前作公開時に大旋風を巻き起こした本シリーズ。デートで観て、お互いの笑いのポイントやジョークの許容範囲を確認しあってみては?

テッド2

公開日:2015年8月28日

配給:東宝東和

監督:セス・マクファーレン

出演:マーク・ウォールバーグ/アマンダ・セイフライド/モーガン・フリーマン


  • ©Universal Pictures

失敗しない映画デート術

デートに誘う前に、まず知っておきたいのが、相手の映画に対するスタンス。
ここで注意して欲しいポイントは、映画好きだからと言って、映画デートが好きとは限らないということ。映画好きであればあるほど、こだわりが強いので1人でじっくり観たいという人もいるし、ジャンルによっては誰かと観たり、一人で観たりと、スタンスを変えたいという人もいる。
なので、「映画は好き?」と質問した後は、「普段、映画はよく観る?」「どんなジャンルが好き?」「映画を観るときって、1人で観たい派?それとも気にしない?」など、具体的な聞き方をして、しっかり相手の嗜好をリサーチしておくのがオススメ。もし相手が映画に詳しかったり、こだわりが強いようなら、相手に主導権を握ってもらっちゃおう。


文:トーキョー女子映画部・マイソンさん


トーキョー女子映画部・マイソン
トーキョー女子映画部・マイソン

トーキョー女子映画部・マイソン

トーキョー女子映画部・主宰。トーキョー女子映画部とは、映画好きの女子が集まり、部活では映画を一緒に観て座談会をしたり、WEB上での企画も行ったり、映画の楽しさを世に広めたいと日夜活動している。ウェブサイト「トーキョー女子映画部」運営。
http://www.tst-movie.jp/

https://twitter.com/TKJoshiEigabu

https://www.facebook.com/tokyojoshieigabu.fan

※2015年8月28日時点の情報です。上映日および上映時間については、各劇場へお問い合わせください。

これまでの映画はこちら
デートで観るならこの映画! トーキョー女子映画部 連載記事一覧


女子必見!「映画デート」のおすすめコーディネート
スタイリスト荒木大輔さんが提案 Vol.14 『映画デートスタイル』


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 の関連記事