2015/9/2 17:42

【秋葉原】ご当地グルメ集結!B-1グランプリ食堂で食い倒れデート

 

2015年7月、秋葉原についに「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」がオープン! 全国のご当地グルメが一度に味わえる話題のスポットだけに、グルメ好き&旅行好きカップルのデートにぴったり。今度の休日は恋人と一緒に、全国のご当地の味を秋葉原でお腹がはちきれるまで食べ歩いてみては?

※「B-1グランプリ食堂」は2016年10月30日(日)、営業終了しました。


秋葉原駅から徒歩3分、JR線高架下にオープンした「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」は、「B-1グランプリ」の常設公認店だ。

全国各地のご当地グルメが常時10台のトレーラーが並び、「B-1グランプリ」の歴代の優勝団体の監修メニューや現在話題のメニューなど、一度は聞いたことがあるようなご当地グルメを気軽に食べられるのがうれしい。


秋葉原駅・電気街口を出て右にてくてくと歩いていくと、右手に「ちゃばら」という商業施設が見えてくるので、その施設に沿って進めばもうすぐだ。


歩道沿いに並ぶご当地グルメののぼりを目印に歩いて「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」に到着。高架下に細長く広がる施設の中央に、空調が整った屋内ブースがある。お店を回る前にまずはここに立ち寄っておきたい。


このブースに入ったところには、交通系電子マネー用のチャージ機が設置されている。ここでは、SuicaやPASMOなど交通系電子マネーを使って、そのまま各販売ブースで決済が可能だ。SuicaやPASMOを持っている人は、後で追加チャージしなくてもいいように、最初にたっぷりチャージしておこう。


ちなみに現金の場合は、券売機で食券を購入してから、各販売ブースで注文するシステムになっている。


チャージが済んだら、施設マップを見ながら作戦会議。たとえばカップルで来場した場合は、だいたい6品ほどをシェアして食べる人が多いのだとか。

14種類あるご当地グルメの中から、どのメニューにするか決めたら、二人で手分けして買い出しへ。ご飯もの、麺類、スナック、汁ものなどバランスよく選ぶのもいいし、数種類あるやきそばをあれこれ食べくらべてみるのも楽しいはず。「B-1グランプリ」で優勝した団体のメニューをチェックするのもおもしろい。

青いトレーラーは、ドリンクの販売ブース。ここでは、ご当地ハイボール(400円)などのお酒を手ごろな価格で販売しているので、お酒が好きなカップルはご当地グルメと一緒に味わいたい。お水をもらうこともできるので、気軽にスタッフに声をかけてみよう。


それぞれのトレーラーからは、ジュージューと鉄板の上で焼く音や香ばしい香りが漂よってくる。あちこち見て回るうちにどんどんお腹が減ってくる!


まずは福島県浪江町の「なみえ焼そば」(500円)を購入。第8回「B-1グランプリ」優勝の浪江焼麺太国が監修するご当地やきそばで、うどんのような太い麺が特徴的だ。ラードを使って、もやしと太麺を絡み合わせている。


ご飯ものが食べたいなら、愛媛県今治市の「今治焼豚玉子飯」(500円)がおすすめ。焼豚の上に目玉焼きが載っていて、見ているだけで食欲をそそられる。地元ではまかない飯が発祥とされる丼メニューで、煮豚風の焼豚と目玉焼きに甘辛いタレが相性抜群だ。


「今治焼豚玉子飯」の目玉焼きは、箸を入れて、割って……、


ちょっとお行儀が悪いけど、しっかり混ぜて食べるのが正しい食べ方。これがおいしくないわけがない!


汁物もほしくなったので、某ドラマで一躍有名になった岩手県久慈市の「久慈まめぶ汁」も購入。白い団子のようなものが「まめぶ」。くるみと黒砂糖が入った団子で、ほかでは味わったことのないくせになる味だ。


購入したメニューを机の上に並べて、二人でシェアしながらいろんな味を楽しめるのがデートの醍醐味。お互いの味の好みなどを話しながら食べていると、あっという間にペロリとたいらげてしまうかも。


ちなみに、高架下の両端やキッチンカー前の歩道沿いにテーブルとイスが用意されているので、好きな場所を選んでゆったり過ごそう。


腹ペコのカップルなら3品では、まだまだ満たされないはず。昨年の「B-1グランプリ」優勝の青森県・十和田バラ焼きゼミナール監修の「十和田バラ焼き」もぜひ味わっておきたいメニューだ。


「十和田バラ焼き」(500円)はごはんありとなしが選べる。値段は同じだが、ごはんなしのほうが少し肉が多くなる。おすすめはごはんあり。しっかりとしたパンチのある味付けなので、ごはんがとにかく進むのだ。玉ねぎの甘みと牛バラ肉のエキスが絡み合って絶品だ。辛いものが好きな人は、ぜひ唐辛子をかけて召し上がれ。


さらに、ちょっとつまむものも食べたいというカップルには山梨県甲府市の「甲府鳥もつ煮」(400円)。「鳥もつ」にかけて、「すべての縁をとりもつ」(?)メニューなんだそうで、これを食べれば恋人との絆をさらに深めてくれるかも!? 甲府市外ではなかなかお目にかかれないご当地グルメなので、この機会にぜひ食べておきたい一品だ。

真ん中の卵はきんかんという産まれる前の卵で、ふだん食べている卵にはないプチッとした食感が新鮮。

この「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」では、ほとんどのメニューがテイクアウトできるので、夕飯用に買って帰るのもいいかも。

そのなかでもおすすめなのは、三重県津市の「津ぎょうざ」(300円)。手のひらサイズの揚げ餃子は、もともと三重県津市で小学校の給食メニューとして生まれたご当地グルメで、どこか懐かしい味!

各ブースやドリンクブースでも、ご当地グルメのお土産が購入できるので、買って帰って後日家で味わうのもいいだろう。


平日・休日ともにランチタイム(11時~13時ごろ)は多少並ぶブースもあるので、14時~17時ごろがねらい目の時間帯。アルコール類も頼めるので、夜はビアガーデンのような雰囲気に。駅から近いので、会社帰りに待ち合わせて、ご当地グルメで軽く1杯なんてデートもありかも。

秋葉原に誕生した新グルメスポット「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」。メニューは数か月ごとに入れ替わる予定なので、いつものデートコースに取り入れて、全国のご当地グルメを二人で制覇してみては?



※2015年9月2日時点の情報です。「B-1グランプリ食堂」は2016年10月30日(日)、営業終了しました。
2015年9月中吊り・ポスター掲載記事

●秋のデートはこちらもチェック!
>>>秋に行きたい!HOTなデートスポットが満載!


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 上野 の関連記事

流行 + 上野 の関連記事