2014/9/25 18:00

実はすでにブーム到来! 憧れの乗馬で馬が取り持つハッピーデート

 

趣味は?と聞かれて、「乗馬」と答えたらなんだか素敵!と思っている人は少なくないはず。誰もが知っているメジャーなスポーツでありながら、なかなか敷居が高いイメージの乗馬だが、実は今ジワジワと人気が高まっていることをご存知だろうか? 優雅に乗馬を楽しむカップルに憧れるアナタ。始めるタイミングは今かもしれない!

思っていたよりもずっと気軽、そして深い! 乗馬の魅力と乗馬のススメ

馬って、なんだか見ているだけで癒される。言葉を交わせるわけではないけれど、特別なコミュニケーション能力を持つといわれる馬と、もっと仲良くなってみたい、そんな願望を胸のうちに抱く人も少なくないはず。

都内でwebディレクターの増田智行さん(33歳)と奥様の里奈さん(39歳)も、馬の魅力にはまりつつあるカップル。観光地で気軽な乗馬体験があったふたりは、機会があればもっと馬に乗ってみたいと思っていたそう。調べてみると、都内にも気軽に通える乗馬クラブがあることを見つけ、この日は休みを利用してちょっと訪ねてみることに。

全国33カ所に乗馬クラブを持つ「乗馬クラブ クレイン東京」の馬場があるのは、東京都町田市。ここ数年の乗馬ブームで、週末はもちろんのこと平日も乗馬を楽しむ人々の姿で大いに賑わっている。

まずはヘルメットとブーツ、そしてベストを着用し、本日ふたりのお相手を務めてくれる馬ルルとニュースターにご挨拶。乗馬体験があるとはいえ、まだまだ基礎にも不安があるふたりは、トレーナーの多胡さんから、基本的な馬の扱いをしっかりと教えてもらうことに。
馬に乗る時の姿勢、手綱の持ち方、“歩け”と“止まれ”の合図の出し方など、実際に馬の背に乗りながら身体で覚えていく。すぐにスムーズに馬の扱いをこなす智行さんをさすがという目で眺めながら、里奈さんはちょっと馬に振り回され気味。遠慮せずにもっとグッと力をこめてというトレーナーの声に従うと、ちゃんと馬が応えてくれ、思わず笑顔に。

ホースセラピー効果も。馬と一緒に育む愛情豊かなリレーションシップ

乗馬は相手が動物であることはもちろん、乗る方の技量としても筋力より全体のバランス力の方に重視が置かれるスポーツなので、女性にとってはとっつきやすく、上達に男女の身体的な差異は関係ないという。女性が楽しみやすいスポーツということで、カップルでクラブに通う人々も多い。

他のスポーツだと、どちらかといえば男性が女性に教える場合が多いように思うが、乗馬の場合、何か一緒にできるスポーツがあったらいいね、ということで同時にスタートするカップルがほとんど。そして、始めてみると柔軟性に優れる女性の方が早く上達するケースも少なくなく、男性の方が女性に隠れてこっそり練習なんてことも珍しくないらしい。

クレイン町田には常に120頭ほどの馬がレベルに合わせて用意され、中には競走馬として活躍していた馬もおり個性も様々。乗馬の魅力は、なんといってもそんな馬たちとのコミュニケーションかもしれない。通うほど、馬に乗りに行くのではなく、馬に会いに行くという感覚になるというのも納得だ。そして、腕が上達するとともにどんな馬でも乗りこなすコミュニケーションセンスが身に付いていくのが深い達成感に繋がるという。

カップルで一緒に乗馬を楽しむことのメリットは、共通の馬の話ができること。乗馬を始めると、今日乗った馬やお気に入りの馬の話など、自然と馬の話を多く語りたくなることにも頷ける。馬とのコミュニケーションが、人間同士のリレーションシップも育んでくれるというわけだ。


騎乗レッスンの後は、馬を厩舎まで引き連れお手入れタイム。乗せたもらったお礼の気持ちをこめて馬の身体にブラッシングをかけ、水を飲ませる。最初はちょっと緊張気味だった里奈さんも終わるころにはすっかり馬と打ち解けて仲良しに。この馬の世話は大切な馬とのコミュニケーションタイム。乗っていた時には覗くことのできない馬の瞳を同じ目線の高さで覗き込み、ありがとうと話しかける。接すれば接するほど、惹きこまれていく馬の魅力に早くもハマってしまいそうな気配。


クラブ内を歩いていると、他の会員が持つ馬具類に目がとまる。中には凝ったデザインの鞍もあり、思わず魅入ってしまう増田夫妻。お洒落なウエアに身を包む上級者の姿を見ると、俄然ギアにも興味が湧いてくる。乗馬クラブ クレインでは、馬具はレンタルも可能だが、始めてみるとやっぱり自分用のものが欲しくなるのは仕方がない。いきなり鞍まで揃えるのは大変だが、とりあえずブーツかヘルメットくらいはあってもいいかも、なんて話をしながら早速ブーツを手に取る姿が。予算の相談をしながらも、馬の話にプラスして、馬具を揃えていくという楽しみもあることを発見したようだ。

乗馬にはライセンスもあるから、とりあえず5級くらい取っておくのもいいかもと、すっかり乗り気の智行さんと、もっと馬に慣れて、山や海での外乗りに挑戦したいという里奈さん。ロンドンオリンピックでの乗馬日本代表選手、法華津さんが71歳であったことも記憶に新しく、乗馬は長く楽しめるスポーツであることも大きな魅力。これからの人生を豊かにしてくれる趣味として、実に有意義なスポーツといえるだろう。馬を通して過ごす共有時間に、ふたりの絆もしっかりと深まりそう、といいことずくめ。思い立った時がチャンスなのだ!

[ 文:小林 繭/撮影:鈴木英乙]

今回紹介したお店の情報

大きな地図を見る

乗馬クラブクレイン東京詳細を見る
TEL. 042-737-5600
住所 東京都町田市真光寺町1227
営業時間平日 10:00〜17:00/土日祝 9:00〜18:00 ※水曜日は14:00〜18:00
定休日火曜日(定休日が祝日にあたる場合は、前日が定休日となります。)
最寄駅 鶴川 / 町田

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 + 町田 の関連記事