2017/8/1 17:30

「こ、これは…!?」何かが“映る”かもしれない恐怖の「心霊スポット巡礼ツアー」体験レポート

 

夏といえば、背筋がゾーッとして涼しくなれる「怪談」の季節。定番のオバケ屋敷も楽しいけれど、2017年の夏は、一味違う“恐怖体験”を味わってみてはいかが?そこで今回はちょっと珍しい真夏の人気企画、タクシー会社「三和交通」が毎年開催する「心霊スポット巡礼ツアー」をご紹介します!

いつも通るあの場所この場所が!?彼と一緒に盛り上がる「心霊スポットツアー」を巡る!

2017三和交通心霊ツアー

2016年も横浜と八王子で行われ、大好評だった三和交通の「心霊スポット巡礼ツアー」。2017年は「凍京(東京)」と「不死身野(埼玉)」の2つを追加して開催が決定。

ドキドキ、ヒヤヒヤ体験をデートで共有すれば盛り上がること間違いなしの同ツアー、今回は「凍京(東京)」の“MAJOR”コースに参加させてもらいました!


2017三和交通心霊ツアー

はじめに体調不良の申告や写真撮影許可などについて記載された確認書が渡され、サインをします。

昨年の話を聞くと、霊感が強く気分が悪くなったため途中でリタイアした人もいたそう・・・。心理的な涼を求め、デート気分でくるカップルも多いのだとか。


2017三和交通心霊ツアー

念のために、手にお清めの塩を握りしめていくことに・・・。


2017三和交通心霊ツアー

早速、集合場所である新宿西口で待ち合わせ。タクシーに乗りこみ、スタート!

今回、このツアーの運転手を担当してくれたのはドライバーの正垣さん。霊感は全然ないとのことでしたが、ドライブ中もさまざまな怪談話を教えてくれ、ムードを高めてくれました。


2017三和交通心霊ツアー

正垣さんいわく、やはり東京は夜でも明るい場所が多いため、そこに行っただけで怖くなるスポットは少ないとのこと。そのため、そこにまつわるエピソードを話すことで、恐怖感を扇いでいるそう。

そうこう話しているうちに、ひとつめのスポットに到着。
ツアーは立地・安全性を考え、降車できるスポットと通過のみのスポットに分かれており、ここは通過のみのスポットです。


2017三和交通心霊ツアー

「この付近はカーブも多く、上を大きな高速道路が走っているため圧迫感があるのか、事故が非常に多いんです」と正垣さん。

そのせいなのか、夜間ここを走っていると、突然なにかが目の前を横切ることが頻繁にあるそう。

しかし横切った先である道路の片側は大きな壁・・・壁を通り抜けられる物体ならまだしも、普通なら横切って通ろうとする場所ではありません。

ここはそのような不思議な現象がドライバーの間で頻繁に起こるスポットなのだそう。

ひとつめにして少し悪寒を感じつつ、次に向かったのはとあるトンネル。都内に住んでいれば、通ったことがある人も多い場所です。


2017三和交通心霊ツアー

一見ふつうのトンネルですが、実はトンネルの上にあるのはお墓。トンネルの上がお墓とは、あまり聞いたことがありません・・・。

トンネルの入り口から上を見上げると、すごそこに卒塔婆が見えました。


2017三和交通心霊ツアー

このトンネルをタクシー運転手が通った際、ドンッという音がし、振り返るとなんと人が乗っていた・・・!という怪談話もあるそうです。

また、この近くのレコーディングスタジオで収録された音に、悲鳴が録音されていた・・・という話が、音楽業界では有名なのだそう。

話を聞くだけで背筋がゾワゾワ・・・。そんな時は彼の腕に掴まって、心を落ち着かせましょう。


2017三和交通心霊ツアー

赤く怪しく照らされたトンネルを後にし、続いて向かったのは、都心部にある広大な墓地。


2017三和交通心霊ツアー

タクシーにまつわる怪談で、夜中に墓地の近くに立っている女性を乗せて走り、目的地に着いたら誰も乗っていなかった・・・という話、聞いたことがある方も多いかもしれません。

実はこの墓地、その怪談の舞台とも言われています。

正直、古いお墓も多く、都心の真ん中なのに真っ暗というだけでも怖い・・・。そして、ふと撮影したこちらの写真。


2017三和交通心霊ツアー

右下隅の黒い影と、空にある白い丸はなんだろう・・・?

白い丸がカメラのフラッシュで何かが反射したものだとしても、黒い影のように、レンズ前を遮るものはなにもありませんでした。

ゴミかと思ってすぐに同じ場所で連続撮影をしてみましたが、映り込んだのはこの1枚のみ。墓地で写真を撮ったからバチが当たったのだろうか・・・。


2017三和交通心霊ツアー

背筋に冷たいものを感じながら再びタクシーに乗り、東京のシンボルでもある東京タワーを眺めながら都心を走行。

ちなみにツアーでは途中で記念撮影をする時間なども設けてくれるので、彼とのツーショットで何かが映りこむ・・・なんてことも体験できるかも?

そうこうしているうちに着いたのは、非常に急で細い坂道。


2017三和交通心霊ツアー

ちょっと不気味な名前がついているこの坂は、墓地とお寺にまわりを囲まれています。かなりの都心部に、こんなに暗くて細い坂があるとは・・・。

正垣さんによると、ドライバーの中には日中でもここを通ると不気味な気配を感じるため、走りたくないと話す人も多いそうです。


2017三和交通心霊ツアー

坂の途中にはこのような珍しい表情のお地蔵さんの姿も。かわいいと感じるか、怖いと感じるかは人それぞれのようです。失礼のないよう、彼と一緒にしっかりご挨拶をしておきましょう。

ちなみにこのツアー作成にあたり、霊感の強いドライバーがこの道を走行したところ、ほかの同行者がまったく気付かなかった人影が目の前を通ったのを見た・・・とのこと。


2017三和交通心霊ツアー

さて、ツアーもそろそろクライマックスへ。最終目的地に行く前に、その昔に手りゅう弾で自殺をした人がいるという神社の前を通過。

本来はこことても縁起のいい場所なのですが、夜に外から眺めると確かに少し怖い雰囲気に感じます。そして最終目的地の祠へ到着。


2017三和交通心霊ツアー

周りをビルに囲まれた超都心部にありますが、ここは筆者でも耳にしたことがあるほど「ヤバい」とウワサの場所。

ある歴史的有名人が祀られているのですが、たたりが多いとも言われている場所です。


2017三和交通心霊ツアー

現場にはこのように、「たたり伝説」についての新聞記事が置いてありました。

過去にもこの祠をどかそうとして、死者が出たこともあるそうです。都会のど真ん中で静まり返った祠・・・あまりの怖さから、いつも以上にきちんとお参りをして去りました。


2017三和交通心霊ツアー

この祠をもって、ツアーはすべて完了!最後は東京駅まで送っていただき、修了証をもらって終わりです。




まとめ

はじめて体験した東京での怪談巡りは、都会ならではの明るさのせいもあり、“ものすごく怖い”ことはおきませんでした。

そのため、怖いものが苦手・・・だけどちょっと気になる!なんて初心者カップルにもオススメです。

車でゆうゆうと巡る怪談ツアーなら、ドライバーと方との会話も楽しめ、東京の名所を巡りながらドキドキヒヤヒヤも体験でき、夏の夜のデートが盛り上がること間違いなし。

怖がりな自分を守る頼もしい彼の姿にドキドキしちゃったり、怪談系が苦手な彼なら意外な一面が見られてキュンとしちゃうかも?

なお、2017年度のツアー抽選申し込みは終了していますが、今後突発的に追加募集を行う予定があるそう。気になる方は公式サイトを要チェック!




三和交通 心霊スポット巡礼ツアー2017 凍京
開催予定日:8月6日(日)、7日(月)、13日(日)、14日(月)、20日(日)、21日(月)、27日(日)、28日(月)
料金:EASYコース<1時間30分> 9,000円(運賃・ガイド料金込み)/MAJORコース<1時間30分> 8,500円(運賃・ガイド料金込み) ※1台あたりの料金です。
時間:21時20分集、21時30分出発
場所:EASYコース 集合・赤羽駅、解散・池袋駅/MAJORコース 集合・新宿駅、解散・東京駅


取材・文/酒井明子
※2017年8月1日時点の情報です。商品情報、内容等は変更になる場合があります。




東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 新宿 の関連記事

流行 + 新宿 の関連記事