2017/7/7 11:00

視界いっぱいのお花に感動!夏に見に行きたいお花畑5選【2017年夏版】

 

「暑い夏はインドア派になりがち…」というカップルにこそおすすめしたいのが、夏の花畑デート。一面に広がる花々と青空のコントラストが鮮やかで、春のお花見とはひと味違う感動が味わえますよ! 夏レジャーと組み合わせるもよし、美しい自然を満喫するもよし。都内近郊でおすすめのお花畑をご紹介します。

【7月下旬〜8月上旬】夏らしさ全開のまぶしい黄色!「国営昭和記念公園」のひまわり畑

2017夏のお花畑

東京ドーム約40個分の広大な敷地で、豊かな花と緑が楽しめる「国営昭和記念公園」。梅雨時期のアジサイからバトンタッチするように、夏らしい鮮やかな黄色のひまわり畑が見頃を迎えます。

ひまわり畑といえば、麦わら帽子にワンピースで夏らしい写真を撮りたい!と思う人も多いはず。小顔効果を狙うなら、ひまわりを顔の手前にフレームインさせるのがおすすめ。「これぞ夏デート!」という雰囲気の、SNS映えする一枚が撮影できますよ♡


2017夏のお花畑

ひまわり以外には、サルスベリ、サギソウなども見頃。最新情報は、公式サイトの「開花状況」や「花だより」を参考に。週刊で、園内で見頃の花の情報を発信しています。

首都圏最大級の総面積63,000平方メートルを誇る「レインボープール」や手ぶらで行って楽しめる「バーベキューガーデン」など、アクティビティも豊富。泳いで、食べて、花を愛でて、素敵な夏の思い出になりそう!


国営昭和記念公園
住所:東京都立川市緑町3173
開園時間: 7月22日(土)〜8月20日(日)までは9:30〜19:00(7月の平日は18:00まで)
8月21日(月)〜9月3日(日)は9:30〜18:30(9月の平日は17:00まで)
定休日:年末年始、2月第4月とその翌日
最寄駅:立川/西立川/立川北



【5月中旬〜9月中旬】ピンク色に染まる花の谷。「マザー牧場」のペチュニア畑

2017夏のお花畑

南房総の山並み、九十九谷を望む「マザー牧場」。動物とのふれあいや旬の味覚狩り体験などが楽しめるだけでなく、5月から9月にかけて見頃を迎えるペチュニアが、「花の谷」を鮮やかなピンク色に埋め尽くします。

約2万5千株のペチュニアは「桃色吐息」という品種で、南房総の園芸家・杉井明美さんと千葉大学との共同開発によって誕生したもの。 場内の「とんとんCAFE」では、この桃色吐息をイメージした「桃色パフェ」550円を期間限定で販売しています。二人で仲良くシェアして味わって!


2017夏のお花畑

7月〜8月は、日差しの弱くなった夕方近くがおすすめです。ペチュニアの花色が濃くなり、さらに美しさが増すとのこと。

また、7月29日(土)以降の土日とお盆の期間(8月11日〜16日)には、打ち上げ花火も予定されています。この時間帯を狙って、お昼すぎからゆっくり出かけるのもいいですね♡

※桃色吐息は、雨にあたると花びらを閉じる性質があるため、状況によりピンクの花畑が見られないことがあります。




マザー牧場 打ち上げ花火【サマーナイトファーム】
期間:2017年7月29日(土)・30日(日)
8月5日(土)・6日(日)・11日(金・祝)~16日(水)・19日(土)・20日(日)・26日(土)・27日(日)
時間:19:50〜(約15分間)


マザー牧場
住所:千葉県富津市田倉940-3
営業時間:9:00〜17:00(平日は9:30〜16:30)
定休日:無休
最寄駅:君津/佐貫町


【7月下旬〜8月上旬】オリエンタルな美しさにうっとり。「上野恩賜公園」の蓮池

2017夏のお花畑

園内に美術館や博物館、動物園やカフェなどがあり、世代を問わず人気の高いデートスポット「上野恩賜公園」。夏のデートなら、不忍池の蓮ははずせません! 江戸時代には浮世絵にも描かれるなど、昔から花の名所として親しまれています。

東洋風のモチーフとしても用いられる蓮の花は、清らかで可憐そのもの。水上に広がる円形の大きな葉も、花の美しさを引き立てています。 7月中旬頃に開花し、見頃は8月上旬まで。早朝から花が咲きはじめ、お昼には閉じてしまうので、いつもより少し早起きして“朝デート”を計画してみては?

2017夏のお花畑

2017年7月15日(土)からは「第66回 江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」もスタートします。日によってさまざまなイベントが開催されるので、出かける前にチェックしておくと良さそう!




第66回 江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり
期間:2017年7月15日(土)〜2017年8月13日(日)
場所:上野恩賜公園


上野恩賜公園
住所:東京都台東区上野公園・池之端3
開園時間:5:00〜23:00
定休日:無休
最寄駅:上野





【7月下旬〜8月上旬】カラフルな花に彩られる、「深谷グリーンパーク・パティオ」のゆり畑

2017夏のお花畑

季節の花と緑に囲まれてリゾート気分が楽しめる「深谷グリーンパーク・パティオ」。7月中旬からは、約1,150平方メートルの花壇いっぱいに赤、ピンク、黄色、白と、色とりどりのゆり約2万本が咲き誇ります。

深谷市はゆりの出荷量が全国トップということもあり、その品種もさまざま。園内の「フラワーショップフロル」で生花を購入できるので、お土産にも喜ばれそうですよ。 2017年8月26日(土)には球根の掘り取り体験イベントも開催。持ち帰った球根を自宅に植えて楽しむこともできます。

2017夏のお花畑

お花畑を満喫した後は、北関東最大級のアミューズメントプール「アクアパラダイスパティオ」でアクティブに楽しんで! 地中海沿岸をイメージした屋内プールは21時まで営業しています。




深谷グリーンパーク・パティオ
住所:埼玉県深谷市樫合763
開園時間:8:30〜21:00(20:15最終受付、20:40までプール利用OK)
定休日:7月〜8月は無休
最寄駅:深谷





【7月下旬〜8月上旬】映画のようにノスタルジックな風景が広がる、金谷郷のひまわり畑

2017夏のお花畑

知る人ぞ知る、穴場のひまわり畑でのんびりデートを楽しむのもおすすめ。大網白里市金谷郷の「農村ふれあいセンター」前には、地元ボランティアの方々が植えた約5万本のひまわり畑が一面に広がっています。

のどかな里山風景を背景に、ひまわりと頭上を走る外房線の電車との組み合わせがフォトジェニック! 映画やアニメで観たような懐かしい風景に、二人ともキュンとしてしまうはず。忙しい日常を忘れて、ノスタルジーに浸るひとときを楽しんで。

2017夏のお花畑

2017年7月20日(木)〜8月25日(金)の間、ひまわり畑の近くではブルーベリー収穫体験会を開催しています(小学生以上1,000円)。食べ放題が楽しめる上、一部はお持ち帰りも可能。彼と二人で、フレッシュなブルーベリー摘みを楽しんで♡




大網白里市 農村ふれあいセンター
住所:千葉県大網白里市金谷郷1356-2
開園時間:8:30〜17:00
定休日:無休
最寄駅:大綱





まとめ


まばゆい太陽の光りを浴びてきらめく、夏の花畑は思わず写真を撮りたくなる絶景。大好きな彼を誘って出かければ、素敵な思い出が増えること間違いなし♡今度の休日は少し足を伸ばして“自然デート”を楽しんでみては?

※2017年7月7日時点の情報です。イベントの情報、内容等は変更になる場合があります。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 上野 の関連記事

まったり + 上野 の関連記事