2017/7/4 17:00

【2017年版】夏デートの王道!彼と一緒に行きたい、都内近郊の花火大会10選

 

夏のデートといえば、何といっても花火大会。ショッピングや海デートと組み合わせてもよし、ばっちり浴衣姿で待ち合わせるもよし。都内近郊ではたくさんの花火大会が予定されていますが、その中でもデートにオススメの10大会をご紹介します。

【7/22土】早くも夏休み気分!約12,000発の花火が打ち上がる「足立の花火」

第39回 足立の花火

「足立の花火」は、都内で行われる大規模な花火大会のなかで、最も早く開催される夏の花火大会。荒川河川敷の土手に彼と並んで座って、この夏最初の花火を堪能してみては?打ち上げ場所は千住側ですが、ゆったりと花火鑑賞を楽しむなら河川敷の広い西新井側がおすすめです。
約12,000発の花火を1時間で打ち上げるため、ギュギュッと凝縮された密度の濃い時間が過ごせそう!


第39回 足立の花火

開催日:2017年7月22日(土) ※荒天中止(順延なし)

場所:荒川河川敷

最寄り駅:北千住/小菅/五反野/梅島/西新井/足立小台

【7/25火】昭和の気分と下町の情緒が味わえる「葛飾納涼花火大会」

第51回 葛飾納涼花火大会

会場の観客席と打ち上げ場所が近く、臨場感満点の「葛飾納涼花火大会」。約13,000発の花火を、6つのステージに分けて打ち上げます。映画『男はつらいよ』の舞台である葛飾らしく、昭和への郷愁をイメージした「和火」のステージも。また、世界花火師競技大会で世界一に輝いた進化系花火「デジタルスターマイン」も登場します。
会場に向かう前に、下町情緒あふれる柴又帝釈天参道をお散歩してみては?


第51回 葛飾納涼花火大会

開催日:2017年7月25日(火) ※荒天時は翌日順延

場所:葛飾区柴又野球場

最寄り駅:柴又/京成金町/新柴又

【7/29土】合計22,000発!江戸時代から続く夏の風物詩「隅田川花火大会」

第40回 隅田川花火大会

写真提供:台東区

今年で40回目の開催となる「隅田川花火大会」。その歴史は古く、江戸時代の水神祭を起源として「両国の川開き」という呼び名で親しまれていたそう。二つの会場で打ち上げられる花火の総数はなんと約22,000発! 夜空に輝くスカイツリーと大輪の花火をたっぷり楽しみたいですね。
浅草近辺には浴衣レンタルのお店も多いので、浴衣で浅草散策を楽しんだ後に花火見物を楽しむのも◎。


第40回 隅田川花火大会

開催日:2017年7月29日(土) ※雨天時は翌日順延

場所:第一会場 桜橋下流〜言問橋上流/第二会場 駒形橋下流〜厩橋上流

最寄り駅:本所吾妻橋/とうきょうスカイツリー/浅草/田原町/蔵前

【7/29土】大迫力の尺五寸玉が8発!「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」

立川まつり国営昭和記念公園花火大会

写真提供:立川観光協会

昭和29年に始まり、今年で59回目の開催となる「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」。歴史あるこの花火大会では、都内ではめったに見られない尺五寸玉(15号玉)8発、日本煙火芸術協会会員による芸協玉など、見応えたっぷりの花火が打ち上げられます。
当日18時以降は入園料が無料になりますが、良席を狙うなら早めの入園がおすすめ。日中は園内のプールで、夏らしくアクティブなデートを楽しんでみては?


立川まつり国営昭和記念公園花火大会

開催日:2017年7月29日(土) ※雨天時は翌日順延

場所:国営昭和記念公園

最寄り駅:立川/立川北/西立川

【8/1火】河川敷で楽しむ、夜のピクニックデート。「江東花火大会」

第35回 江東花火大会

写真提供:江東区広報広聴課

「江東花火大会」では、荒川に浮かべた台船から色とりどりのスターマインが次々に打ち上げられます。打ち上げ場所から会場の荒川・砂町水辺公園まではわずか150mという至近距離だから、目の前で広がる花火は迫力たっぷり。荒川の水面に映る花火も、納涼気分を盛り上げてくれますよ。
河川敷や芝生に敷くシートを持参すれば、二人でのんびりと夜のピクニック気分が楽しめそう!


第35回 江東花火大会

開催日:2017年8月1日(火) ※荒天中止(順延なし)

場所:荒川・砂町水辺公園

最寄り駅:南砂町

【8/5土】5秒間で1,000発!オープニングから大迫力の「江戸川区花火大会」

第42回 江戸川区花火大会

江戸川河川敷で開催される「江戸川区花火大会」に出かけるなら、遅刻は厳禁。5秒間に1,000発を打ち上げる迫力満点のオープニング「満開!江戸川大輪花!」は見逃せません! 8つのテーマに沿ったBGMに合わせて打ち上げられる華麗な花火は、遠隔操作による電気着火できめ細かい演出が可能に。
夜空と江戸川の水面を染め上げるカラフルな花火と音楽の競演に、二人のロマンチックな思い出がつくれそうですよ♡


第42回 江戸川区花火大会

開催日:2017年8月5日(土)

場所:江戸川河川敷

最寄り駅:篠崎

【8/5土】全長700m、関東最長級のナイアガラ登場!「いたばし花火大会」

第58回 いたばし花火大会

対岸の戸田市とあわせて約12,000発の花火を打ち上げる「いたばし花火大会」。目玉は関東最長級の全長700mを誇る「大ナイアガラの滝」に、来場者参加型の「15万人の三本締め!」でも打ち上げられる尺五寸玉です。直径360mの大玉が開花する瞬間は圧巻!
フードコートが出店する陸上競技場のイス席(3,600円/人)や打ち上げ場所正面のプライムシート(5,000円/人)など、豊富な席種も魅力です。良席は早めの予約を。


第58回 いたばし花火大会

開催日:2017年8月5日(土)※荒天時は、8月6日(日)に順延

場所:板橋区荒川河川敷(板橋区舟渡)

最寄り駅:浮間舟渡/蓮根/西台/高島平

【8/5土】開国の地、横須賀で開催!インターナショナルな「開国花火大会2017」

開国花火大会

2003年にペリー来航150周年を記念して始まった「よこすか開国祭」。そのフィナーレを飾るイベントとして開催されてきた「開国花火大会」です。メイン会場のうみかぜ公園内には有料席も(2,000円/人)。余裕を持って楽しみたいカップルは、早めの予約がおすすめです。
また、同日には米海軍横須賀基地でヨコスカフレンドシップデーも開催中。アメリカンな屋台グルメを味わいながら基地内から花火を楽しむこともできますよ。


開国花火大会2017

開催日:2017年8月5日(土) ※荒天中止(順延なし)

場所:うみかぜ公園、三笠公園ほか

最寄り駅:横須賀中央

【8/20日】ライブや縁日も!楽しみが盛りだくさんの「神宮外苑花火大会」

2017 神宮外苑花火大会

Ⓒ日刊スポーツ新聞社

約12,000発という花火の打ち上げ数、例年30万人を超える観客数と、都内でも最大規模を誇る「神宮外苑花火大会」。間近に見える大迫力の花火だけでなく、大黒摩季をはじめとしたアーティストのライブや、縁日の屋台が並んでお祭り気分が楽しめる会場も。
カップルにおすすめの会場は、青山一丁目駅からほど近い秩父宮ラグビー場。ゆっくり花火を楽しむためにも、狙っている席は早めに予約するのが吉!


2017 神宮外苑花火大会

開催日:2017年8月20日(日) ※雨天時は翌日順延

場所:明治神宮外苑

最寄り駅:国立競技場/信濃町/外苑前/青山一丁目

【8/26土】八景島デートとあわせて楽しみたい!「金沢まつり花火大会」

第43回 金沢まつり花火大会

平成28年 花火大賞 久米規夫「艶やかに舞う」

八景島のすぐそば、海の公園で開催される「金沢まつり花火大会」。八景島シーパラダイスでたっぷり遊んで、花火で締めくくるデートはいかが?
目玉企画の「お祝い花火」は、ちょっとめずらしい試みです。花火大会の事前に申し込んで、お祝いの気持ちを表す花火を打ち上げるというもの。今年の分はすでに締め切りを過ぎていますが、来年以降、友達カップルの結婚祝いや出産祝いなどに利用してみるのも良さそう♡


第43回 金沢まつり花火大会

開催日:2017年8月26日(土) ※荒天中止(順延なし)

場所:海の公園

最寄り駅:海の公園南口/海の公園柴口/八景島


※2017年7月4日時点の情報です。イベント期間、内容等は変更になる場合があります。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 青山 の関連記事

定番 + 青山 の関連記事