2017/6/6 10:00

【雨の日】東京都内のあじさいは今が見ごろ!デートにおすすめの名所9選

 

気分もどんよりしがちな梅雨の時期。オシャレなレインブーツにお気に入りの傘を合わせれば、雨の日のおでかけもワクワクしてきますよね?今の時期にしか楽しめないのが、満開のあじさいを愛でるデート。東京都内にあるあじさいの名所で、雨音をBGMにゆったりと散策しながら、いつもとちょっと違うしっとりしたデートを楽しんでみては?

【1】絶好の散歩コース! 湖面からも美しい不忍池を縁取るあじさい/上野恩賜公園

飛鳥山公園

自然豊かな都会のオアシス「上野恩賜公園」では、「不忍池」周辺にあじさいがずらりと群生しています。3つに分けられた不忍池ですが、ボートが楽しめる池の周囲を縁取るようにあじさいが植えられ、絶好の散歩コースとなっています。

また、毎年7月ごろから開花する蓮の葉が水面を覆いつくす蓮池のほとりでも一部あじさいが観られます。緑一色の中にブーケのような花を咲かせる姿は一見の価値あり。

園内にも数種類のあじさいが点在するので、上野大仏や上野東照宮などのスポットとともに巡ってみてはいかがでしょう。



上野恩賜公園(上野公園)
住所:東京都台東区上野公園・池之端三丁目
電話番号:03-3828-5644(上野恩賜公園管理所)
最寄駅:上野


上野恩賜公園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:6月中旬~7月上旬
あじさいの種類:アジサイ、ガクアジサイなど約700株
⇒イベント詳細はこちら





【2】斜面を覆いつくすあじさいは圧巻! 二人の距離を縮める小径散策も/飛鳥山公園

飛鳥山公園

江戸時代からお花見の名所として親しまれてきた「飛鳥山公園」は、あじさいスポットとしてもおなじみ。公園の北側、JRの線路沿いに面する急斜面を1300株のあじさいが埋め尽くします。

デートに訪れたいのが「飛鳥の小径」と名付けられた崖下の小道。道が狭めですぐそばを電車が走るので、声を届けるにはぐっと近づく必要が。相手との距離を縮めたいカップルにオススメです。

階段を上った園内には、ひとやすみにピッタリな甘味処があるほか、3つの博物館があるので、アカデミックなデートも楽しめますよ。



飛鳥山公園
住所:東京都北区王子1丁目
電話番号:03-3908-9275(北区道路公園課公園河川係)
最寄駅:王子/王子駅前/飛鳥山


飛鳥山公園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:6月上旬~6月下旬
あじさいの種類:タマアジサイ、ガクアジサイ、セイヨウアジサイなど1,300株





【3】初デートにイチオシ!8つのテーマでめくるめくあじさいの魅力を堪能/としまえん

としまえん

遊園地内の北側になんと10,000株もの鮮やかなあじさいが咲き誇る「としまえん」。アメリカ原産の白いあじさい「アナベル」や、可憐な花を咲かせる「八丈千鳥」のほか、関東では珍しい品種もそろえた約150品種の個性的なあじさいが観られます。

8つのテーマを持つ「あじさい園」では、珍しいつる性のあじさいが頭上を覆う「あじさいトンネル」や、一面ブルーのあじさいで染まる「水色の丘」など、ロマンチックな景色の数々に出会えます。園に沿って走る模型列車「あじさい号」も運行。



としまえん

また、6月の毎週末には、夕方17時から『あじさいナイト』を開催。あじさい園がライトアップされ、幻想的な風景が広がります。通常1,000円の入園料も300円とお得になるので、おでかけの締めくくりに訪れてみてはいかがでしょう。



としまえん
住所:東京都練馬区向山3-25-1
電話番号:03-3990-8800
営業時間:10:00~17:00 ※あじさいナイト開催日は~19:30(雨天中止)
定休日:火曜・水曜 ※あじさい園は会期中無休
最寄り駅:豊島園


としまえん あじさい祭り
開催日:2017年5月27日(土)~6月30日(金) ※あじさいナイトは6月の土日に実施
入園料:大人(中学生以上) 1,000円、子供(3才~小学生) 500円
期間中のみ50歳以上 500円
※あじさいナイトのみ(17:00~)は、大人・子供ともに入園料300円
あじさいの種類:エンドレスサマー、ジャパーニュミカコ、十二単など150品種10,000株
⇒イベント詳細はこちら





【4】縁結びのご利益あり! この時期にだけ公開される貴重な富士塚も/白山神社

白山神社

画像提供:文京区


文京区の五大花まつりのひとつである「文京あじさいまつり」が今年も開催されます。舞台となる「白山神社」に咲く約3,000株のあじさいは、さまざまな色が楽しめるのはもちろん、色彩がとりわけ鮮やかなのが特徴です。

また白山神社は、縁結びや恋愛成就のご利益があることでもよく知られている神社なので、気になる彼をデートに誘って行ってみては?



白山神社

画像提供:文京区


あじさいまつりの期間中の土日は、にぎやかな響きが会場に花を添える紫陽花コンサートや模擬店など、さまざまなイベントも催されます。また、11日(日)、18日(日)には珍しい歯ブラシ供養が行われているそう。

また、毎年この時期だけ、登り階段の両脇に咲き誇るあじさいがとてもきれいなことから、ふだんは閉鎖されている「白山神社古墳」、通称・富士塚が公開されます。大変貴重な場所なので、この機会を逃さず訪れておきたいですね。



白山神社
住所:東京都文京区白山5-31-26
最寄り駅:白山/本駒込


第33回 文京あじさいまつり
開催日:2017年6月10日(土)~6月18日(日)
時間:イベント内容により異なる ※詳細は文京区のホームページをご確認ください
お問合せ:03-5803-1941(文京区観光インフォメーション)
入園料:無料
あじさいの種類:アジサイ、ガクアジサイ、ウズアジサイなど、約20種約3,000株
⇒イベント詳細はこちら





【5】まるで雪山! 貴重種アナベルが丘陵を純白に染めつくす絶景/わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)

わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園

一面あじさいの景色を見たい!というカップルにオススメなのが「わんダフルネイチャーヴィレッジ」の「あじさい園」。他を圧倒する規模を誇り、約3万平方メートルのゆるやかな丘陵に約60種約15,000株のあじさいが織りなす景色は息をのむ美しさです。

あじさい園を代表する景色であり、一度は見たい絶景と賞賛されるのが、通称「アナベルの雪山」。

山の傾斜一面に北米原産の貴重種「アナベル」が群生し、純白で覆い尽くす様子はまさに雪山そのもの! 展望台もあり、雪山と秋川河畔の景色が眼下に広がります。



わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園

ほかにも珍しい「ピンクアナベル」と純白のアナベルが両脇に咲き誇る散策路や、姫アジサイの間を進むハイキングコースなど、園内には見どころが盛りだくさん。

6月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)には、苗木の無料配布や、大多摩地域(羽村市、青梅市、福生市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村、山梨県丹波山村、小菅村)の名産特産市なども開催されます。

また、愛犬家カップルにも人気があるこちらのスポット。都内最大級のドッグランを有するアウトドア施設「わんダフルネイチャーヴィレッジ」内にあるので、犬も入園できちゃいます。せっかくの週末だから、ワンちゃんも一緒にデートを楽しんじゃいましょう。



わんダフルネイチャーヴィレッジ・あじさい園(東京サマーランド)
住所:東京都あきる野市上代継600
電話番号:042-558-5861
営業時間:平日10:00~17:00、土日9:00~17:00
定休日:木曜 ※あじさい鑑賞期間中は無休
最寄り駅:秋川/八王子


第43回「あじさい観賞」
開催日:2017年6月10日(土)~7月9日(日)
入園料:おとな(中学生以上)800円、こども(小学生)400円、犬800円
※犬の入園には狂犬病予防接種注射済の証明と三種以上の混合ワクチン予防接種証明書が必要です
あじさいの種類:アナベル、ピンクアナベル、テマリアジサイ、ガクアジサイなど60品種15,000株
⇒イベント詳細はこちら





【6】和風好きのカップルに! 日本古来の青が彩りを添える庭園美に酔いしれる/旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園

画像提供:公益財団法人東京都公園協会


日本ならではのあじさいが楽しみたいなら、最も古い大名庭園の一つ「旧芝離宮恩賜庭園」へ出かけませんか。池を中心に石の配置や成形がなされた美しい池泉回遊式庭園を、日本固有のあじさい「ガクアジサイ」が控えめに彩りを添えます。

もともと日本の土壌が酸性のため、古来は青色だけだったあじさい。ここでは濃い藍色から儚げな水色まで、様々な青色のガクアジサイが咲き揃うほか、可憐なホンアジサイも観られます。

こちらは浜松町駅から徒歩1分というアクセスの良さも魅力。新緑も美しいこの時期には、色鮮やかなハナショウブやインドハマユウも楽しめますよ。



旧芝離宮恩賜庭園
住所:東京都港区海岸1-4-1
電話番号:03-3434-4029
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日:なし(年末年始12月29日~1月1日)
入園料:一般150円、65歳以上70円 ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
最寄駅:浜松町/大門


旧芝離宮恩賜庭園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:5月下旬~6月中旬
あじさいの種類:ガクアジサイ、ホンアジサイ
⇒イベント詳細はこちら





【7】あじさいマニアも大満足! 珍品種にフォトジェニックなスポットも/浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園

画像提供:公益財団法人東京都公園協会


旧芝離宮恩賜庭園の北側に位置する「浜離宮恩賜庭園」。こちらもまた、江戸時代の代表的な大名庭園で、都内で有数の大きさを誇ります。江戸時代から続く都内の庭園では、唯一海水を引き入れた「潮入の池」を有し、そのほとりにはガクアジサイが佇み、絶好の撮影ポイントになっています。

また、カシワに似た葉とピラミッド型の花を咲かせる「カシワバアジサイ」、花火のような八重の花を広げる「スミダノハナビ」など、様々な種類のあじさいが園内のあちらこちらに点在し、比較的長い期間楽しめます。

池の中島には「中島の御茶屋」があり、水辺の風景を楽しみながらお抹茶を堪能できます。例年6月上旬から中旬にかけて咲き誇る、約800株のハナショウブも見事です。



浜離宮恩賜庭園
住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
電話番号:03-3541-0200 (浜離宮恩賜庭園サービスセンター)
営業時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
定休日:なし(年末年始12月29日~1月1日)
入園料:一般 300円、65歳以上 150円 ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
最寄駅:築地市場/新橋/汐留


浜離宮恩賜庭園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:5月中旬~6月中旬
あじさいの種類:ヤマアジサイ、カシワバアジサイ、タマアジサイ、テマリアジサイ、スミダノハナビ、ガクアジサイなど約7品種175株
⇒イベント詳細はこちら





【8】多彩なあじさいならココ!伝統美あふれる和庭園で静かなデートを/京王百草園

京王百草園

豊かな自然を残す多摩丘陵の一角にある、小さな和庭園「京王百草園」。梅の名園としても名高く、古典文学に登場するような日本で古くから愛されてきた植物が四季を通じて楽しめます。

園内には約500株の西洋アジサイや和アジサイが咲き誇り、ピンクの八重咲き「スターマイン」や、紫色で内側に丸まったガクが特徴の「ウズアジサイ」、純白の「アナベル」など、色も形もバラエティに富んだあじさいが鑑賞できます。



京王百草園

茅葺屋根の古民家や、秋田杉で作られた茶室などもあり、日本の伝統美が溢れる雰囲気の中、ゆったりとした時間を二人で過ごしてみては? 天気の良い日には筑波山や富士山、東京スカイツリーも見えますよ。



京王百草園(けいおうもぐさえん)
住所:東京都日野市百草560
電話番号:042-591-3478
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜
入園料:大人300円、子人100円
最寄駅:百草園


京王百草園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:6月中旬~6月下旬
あじさいの種類:西洋アジサイ、アナベル、カシワバ、コアマチャ、シチヘンゲなど500株
⇒イベント詳細はこちら





【9】東京スカイツリー®観光と一緒に立ち寄りたい! 隅田川沿いを彩るあじさいロード/隅田公園

隅田公園

隅田川沿いにある「隅田公園」も、あじさい好きの間ではよく知られる有名なスポット。川沿いの園路には約1キロに渡ってあじさいが連なります。あじさいと東京スカイツリー®を同時に眺められるとあって、撮影スポットとしても人気を集めています。

今年は手を入れている状態なので、例年通りの姿は見られないかもしれませんが、東京スカイツリー®へのおでかけついでに散策するのに、気持ちのよい公園ですよ。



台東区立隅田公園
住所:東京都台東区花川戸1-1、花川戸2-1、浅草7-1
電話番号:03-5246-1321(台東区公園課)
最寄駅:浅草


台東区立隅田公園のあじさい情報(あじさいの名所・見ごろ)
例年の見ごろ:6月中旬~6月下旬
あじさいの種類:ホンアジサイ・ガクアジサイ(隅田の花火)・アナベルなど約10種約6,000株
⇒イベント詳細はこちら




取材・文/君島有紀

※2017年6月6日時点の情報です。イベント情報、内容等は変更になる場合があります。
※価格は税込金額です。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

雨の日 + 汐留・新橋 の関連記事

+ 汐留・新橋 の関連記事