2017/4/18 10:00

【東京つつじ名所3選】都心で満開のツツジに癒される!大人カップルのお花めぐりデート

 

春本番を迎え、ツツジの季節が到来! ピンクや赤、白など、色とりどりの花を咲かせるツツジは、由緒ある日本庭園と相性抜群。今回は、新宿や谷根千といった、大人カップルのデートにぴったりのエリアでツツジ観賞できる名所を、厳選して3か所ご紹介します!

【駒込】日本庭園に咲くツツジを風景ごと楽しめる「六義園」

六義園

▲緑豊かな庭園内に咲くツツジを散歩しながら堪能!


江戸時代から園芸の街として栄えた駒込に残る、数少ない大名庭園の一つ「六義園」。

5代将軍・徳川綱吉の側用人だった柳澤吉保の下屋敷に、7年かけて造営されたという庭園は、小高い築山や池などを中心に、空間の展開を楽しめる回遊式庭園という様式。

1周約1時間ほどの広さは、園内をのんびりお散歩しながらデートするのにぴったりです。



藤代峠

▲小高い藤代峠から、ツツジと一緒に庭園全体の景観も楽しめる。


こちらでは、毎年4月中旬から5月上旬頃にかけて、さまざまな種類のツツジを鑑賞できます。

一番の見どころは、小高く築かれた藤代峠(富士見山)の斜面。琉球ツツジや霧島ツツジなどが密集していて、満開時には斜面を華やかに彩ります。ツツジを背景に、彼と一緒にSNS映えする写真もたくさん撮れそう♪

園内には、約30種類1,000株ほどのツツジが植えられています。樹齢約140年のオンツツジや古い品種である霧島ツツジ、古木のドウダンツツジなど、貴重な種類が多いのも特徴なので、ぜひ探してみて。

歩き疲れたら、園内のベンチや茶屋で一息。池の近くにある吹上茶屋では、抹茶とお菓子のセット(510円)が人気です。水辺に咲くツツジを眺めつつ、のんびりと自然を楽しむのも春のデートならでは♡

5月7日(日)まで、「春の六義園〜大名庭園でつつじを楽しむ〜」イベントを開催。江戸時代に発展したと言われる日本の園芸の歴史に触れられる催しも行われます。歴史好きな彼を誘って、ぜひ足を運んでみては?



六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
電話番号:03-3941-2222(六義園サービスセンター)
開園時間:9:00〜17:00(最終入園16:30)
※2017年4月29日(土)〜5月7日(日)のGW期間中は18:00まで延長(最終入園17:30)。
入園料:300円
最寄駅:駒込

春の六義園〜大名庭園でつつじを楽しむ〜
開催期間:開催中〜2017年5月7日(日)
※「樹木医によるつつじの特別ガイド」4月27日(木)10:30〜、13:15〜。
各回60分程度。当日自由参加。参加費無料(入園料別途)




【根津】下町デートで行きたい!3,000株のツツジが咲き誇る「根津神社」

ツツジ

▲早咲きから遅咲きのツツジへ移り咲くので、長い期間に渡って楽しめる。


東京の下町風情が漂う谷根千エリアにある「根津神社」は1900年前、日本武尊命が創祀したと伝えられる由緒ある古社。権現造りの傑作として、国の重要文化財にも指定されています。

そんな根津神社も、都内のツツジの名所として有名です。境内にある「つつじ苑」は、「文京つつじまつり」が開催されるこの時季には苑内が開放され、ツツジを間近で見ることができます。



クルメツツジ(きりん)

▲美しい花をつける代表的なクルメツツジ(きりん)。


毎年4月中旬頃から次々に咲き始め、約2,000坪の広い敷地に約100種類3,000株と種類も数も豊富で、見応えもばっちり。

豆粒ほどに小さいフジツツジ、黒ツツジと呼ばれるカラフネなど、他ではあまり見られない珍しい品種が多いのも、見逃せないポイントです。

つつじ苑内では、5月5日(金・祝)まで、骨董市や植木市、露天、甘酒茶屋も開店し、毎年約60万人の観光客で賑わいます。



楼門

▲つつじ苑から見た楼門。江戸時代から残る貴重な楼門も、見どころの一つ。


カップルにおすすめなのは、つつじ苑に隣接する乙女稲荷神社。京都の伏見稲荷のように、いくつも連なった鳥居が幻想的で、フォトスポットとしても人気です。仲良く並んで写真を撮れば、二人の縁も深まるかも?

谷根千エリアには、そこかしこにのぞいてみたくなるような素敵なお店や名所がいっぱい。ツツジを鑑賞した後も、一日デートを楽しんでみて!



根津神社
住所:東京都文京区根津1-28-9
電話番号:03-3822-0753
入苑時間:9:00〜18:00(最終入苑17:30)
入苑寄進料:200円
最寄駅:根津

第48回 文京つつじまつり
開催期間:開催中〜2017年5月5日(金・祝)
時間:9:00〜18:00(最終入園17:30)




【新宿御苑前】都心のど真ん中で、多様な庭園とツツジを鑑賞!「新宿御苑」

新宿御苑

▲丸く剪定された色鮮やかなツツジが可愛らしく並びます。


都心のど真ん中にあって、春にはお花見スポットとしてもにぎわう「新宿御苑」。

東京ドーム約12個分の広大な敷地には、1万本を超える樹木があり、季節ごとにさまざまな花や植物が楽しめます。

4月中旬頃からは、紅色や赤紫色、朱色、白、ピンクと色鮮やかなツツジが開花。千駄ヶ谷門近くにある、約170本のツツジを植栽したツツジ山が一番の見どころです。

園内にある「中の池」のほとりに立つレストハウスから、対岸のツツジ山全体を眺める景観もおすすめ! 遅咲きの八重桜とツツジが一緒に咲く雅(みやび)な風景は必見です。



ツツジ

▲園内にはベンチも多く、ツツジを眺めながらおしゃべりも弾む!


ツツジは全体で3,000株ほどあり、つつじ山以外でも見られます。イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園など、さまざまな様式の庭園を鑑賞しながら、ツツジも同時に楽しめます。

芝生にゴロリと寝転んだり、足を伸ばしてリラックスできるなど、自然に包まれた開放的なデートは、二人の距離もぐぐっと縮めてくれるかも。

最寄りの新宿御苑前駅はもちろん、新宿駅南口からでも徒歩10分とアクセスが良いので、ぜひ新宿デートのコースに組み込んでみては?



新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
電話番号:03-3350-0151
開園時間:9:00〜16:00(最終入園16:30)
入園料:200円
休園日:月曜(祝日の場合翌平日)
最寄り駅:新宿御苑前




取材・文/女子部JAPAN(・v・)橋村望


※2017年4月18日時点の情報です。花の見ごろやイベント期間、内容などは変更になる場合があります。



●GWのおでかけ情報はこちらをチェック!
>>>ゴールデンウィーク特集2017




東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 新宿 の関連記事

定番 + 新宿 の関連記事