2017/4/8 7:00

【築地で朝ごはん】ふわっふわアナゴが絶品!知る人ぞ知るアナゴ料理専門店で贅沢すぎる朝デート!

 

東京を代表する観光スポットの築地は、デートスポットとしても人気。そんな築地を代表するグルメといえば、やっぱり美味しいお寿司や海鮮丼ですが、実は今、食通の間で注目されているのが、知る人ぞ知るアナゴ料理の専門店。今回は、フワッフワのアナゴ料理が楽しめる、築地の隠れた名店をご紹介します!

築地は朝から大にぎわい!まずは彼と一緒に市場の活気を楽しんで!

つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

今回のお目当てのお店は、築地場外市場にある、知る人ぞ知るアナゴ料理の専門店「つきじ芳野吉弥」さん。

早速お店に行きたいところですが、その前に、朝からたくさんの人でにぎわう市場を見て回るのも、築地デートの醍醐味ですよね。



つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

とはいえ、あちこちで売られている美味しそうな食べ物を眺めていると、お腹がどんどん空いてくるので・・・

彼の前でお腹がグーグー鳴ってしまう前に、本命のお店に移動しましょう!




アナゴの仲卸が直営!プロお墨付きのアナゴ料理は味も値段も申し分なし!

つきじ芳野吉弥

現在、4代目となるこちらの「つきじ芳野吉弥」さんは、アナゴの仲卸が直営するお店。

だからこそ、新鮮で美味しいアナゴがリーズナブルな価格で食べることができるんです。


つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

店内は、カウンター席と2階のテーブル席があります。



つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

いたるところに隠れアナゴがいるので、ご飯が出てくる前の間、彼と一緒に見つけてみるのも楽しいですよ♪




“ふわふわ”と“カリッ!”どちらの食感も楽しめるアナゴの「ばかしあい」に悶絶

つきじ芳野吉弥

早速頼んで出てきたのが・・・ジャジャーン! こちらが、つきじ芳野吉弥の名物メニュー「ばかしあい」(2,400円)です。

炙り煮アナゴと肉厚なアナゴの蒲焼の合い乗せで、一度に二つのアナゴの食感を楽しめちゃう、欲張りな彼にもぴったりのメニュー!



つきじ芳野吉弥

手前がアナゴの蒲焼き。表面はカリッと焼かれており、噛むほどにジューシーな味わいです。



つきじ芳野吉弥

奥が炙り煮アナゴ。フワフワに柔らかいので、箸で持つとホロっと崩れてしまうほど。



つきじ芳野吉弥

甘辛いタレが染み渡ったアナゴとご飯の間には、山椒の佃煮、大葉が入っており、さわやかな香りが口の中に広がります。

山椒や大葉が苦手な方は注文時に伝えれば、入れないこともできるのでご安心を。



つきじ芳野吉弥

添えてあるワサビを少し乗せれば辛味がアクセントとなり、さらにアナゴの旨味を引き出してくれるのでオススメです♪

「アナゴってこんなに美味しかったんだ〜〜!」と筆者自身、感動しました!

脂身がさっぱりとしていて、臭みもまっったくありません! こんなにボリューミーでもペロッと食べられてしまいます。



つきじ芳野吉弥

また、甘辛い秘伝のタレがとっても美味しいんです・・・!

このタレを作るためだけに、タレ専任の職人さんがいるのだとか。タレとご飯だけでこんなに美味しいってすごい!

さらに、こちらのお米は栃木県・那須の清らかな水に育てられた特別栽培米が使われていて、これがタレとアナゴとの相性も抜群なんです。

丼ものやお重などのタレがかかった料理は、時間が経つとお米に汁気が伝わり、べちゃっとした食感になってしまいますが、このお米は最後まで食感がしっかりしていて驚きました!



つきじ芳野吉弥

見てください! お米が最後までべちゃっとしないため、重箱も美しい!ご飯にしっかりとタレが染み込み、余すところなく食べることができますよ。



つきじ芳野吉弥

ちなみに、この「ばかしあい」は、4代目店主の高橋康友氏と創業者の長女・お千代婆さんとの心温まるエピソードの中で生まれたメニューなんだそう。

気になる方は、お店のテーブルの上にエピソードが書かれた紙が置かれているので、ぜひチェックしてみてくださいね。




さすが築地の真骨頂!実はアナゴだけじゃなくお刺身も絶品!

つきじ芳野吉弥

アナゴも美味しいのはわかるけど、やっぱり築地に来たならお刺身も食べたい・・・!というワガママな女子にぴったりのメニューも発見しました!

それが、ランチ限定10食の「気晴らし」(1,400円)。なんとこちらは、お刺身とアナゴの小丼がついた定食メニュー!このボリュームでこのお値段ってお得ですよね♪



つきじ芳野吉弥

築地の仲卸が経営するお店だけあって、お刺身も新鮮!



つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

旬の美味しいお刺身が、日替わりで5〜6種類盛られるのだとか。



つきじ芳野吉弥

つきじ芳野吉弥

こちらは、オクラと山芋が混ぜられたご飯の上に、フワフワの煮アナゴ。オクラと山芋が合わさることでさっぱり感が増し、あっさり味好きな女子もどんどん食べられちゃいます。



つきじ芳野吉弥

ちなみに、ランチタイムはご飯大盛り無料。ひとしきりアナゴを楽しんだ後に、お刺身をご飯の上にのせて、海鮮丼にして楽しむなんてこともできるのです!

一度で二度美味しいとはこのこと! コスパ良すぎでびっくりですね!



つきじ芳野吉弥

単品の「穴玉」(700円)を頼んでおけば、“穴玉のっけご飯”なんてツウな食べ方もできますよ。

この穴玉が、これまたフワッフワでほどよい甘さのため、スイーツのような感覚でパクパク食べられて困ってしまいます。



つきじ芳野吉弥

お店で丁寧に巻かれている穴玉は、アナゴの旨味と卵の甘み、コクを存分に楽しむことができる必食な一品です。



つきじ芳野吉弥

こちらのお店のアナゴづくしのお料理なら、食にこだわりの強い彼も大満足で、「次は夜にも来たいね!」なんて盛り上がること間違いなし。

夜の営業は金曜、土曜のみ、月・火・木のディナーは完全予約制(3日前まで)で、4名以上から受け付けているそうです。

ディナーでは、アナゴの白焼きや昆布締めなんかも楽しめるのだとか。これからのシーズンが、一番アナゴが美味しくなる季節なので、夜のメニューも食べてみたいですね!




【まとめ】

江戸前のこだわり絶品アナゴに、新鮮なお刺身までいただける「つきじ芳野吉弥」。

アナゴへの概念をガラリと変えてしまうそのお料理を楽しみに、築地デートでぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

筆者自身、築地にはよく行くのですが、こんなに美味しいアナゴを知らなかったなんて・・! と軽くショックを受けました。笑

これからも、まだまだ秘められた築地の魅力を発掘していきたいと思います♪



つきじ芳野吉弥
住所:東京都中央区築地6-21-5
TEL:03-6278-7079
営業時間:9:30〜15:30(LO 15:00)、17:00〜20:30(LO 20:00)※月~木のディナーは予約制。日祝はディナー営業なし。
定休日:水・木(木曜は不定休)
最寄り駅:築地




河瀬璃菜さん

★取材・執筆
河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属

料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事を一緒に食べることで自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
http://foodcreativefactory.com/ Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

※2017年4月14日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。価格は税込です。


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

まったり + 銀座 の関連記事

定番 + 銀座 の関連記事