2017/4/10 17:00

【中目黒】宇宙食レストランて何だ!?あの天才クリエイターが手がける絶品イタリアンが斜め上すぎた

 

グルメ激戦区・中目黒に、“宇宙食”と銘打った本格的なイタリアンを楽しめるお店が注目を集めています。しかも、火星行きの宇宙船をコンセプトにしたお店でいただけちゃう、ユニークなお店!その美味しさは、大気圏を突き抜けるほど!?深夜デートにちょっぴり遊び心を取り入れたいカップルにオススメのお店を、早速レポート!

中目黒から火星にワープ!?イタリアンの新星「MARTE」

MARTE

▲足が生えたスライムのような、ユーモラスな火星人のシルエットが目印。


同店があるのは、中目黒駅近くにある雑居ビルの2階。

「マルちゃん正麺」のパッケージやAKB48「さよならクロール」のジャケットなどのデザインを手掛けるアートディレクター秋山具義氏がプロデュースし、中目黒の有名店「イカロ(ICARO)」のオーナーシェフ宮本義隆氏がメニュー監修したお店です。



MARTE

▲ビルの細い階段をのぼると、キュートな火星人がお出迎え。


店名のマルテ(MARTE)とはイタリア語で火星のこと。愛嬌があり親しみが湧く火星人は、秋山氏のデザイン。



MARTE

▲入口に敷かれたオリジナルのドアマットも可愛い!


プロデューサー秋山氏は、小学校の卒業文集に「将来火星に『火星屋』いうラーメンの旨い大衆料理店を開く」と書いていたんだそうです。

子どもの頃の夢に近づいたお店とあって、いたるところに火星モチーフがちりばめられています。



MARTE

▲打ちっぱなしのコンクリートに赤・黒・銀の配色がスタイリッシュ。


宇宙船をイメージした店内は、こぢんまりとしたシンプルな作りに、シックな色使いが特徴。まさに大人の隠れ家にふさわしい雰囲気です。

大きなステンレス製のカウンターテーブルをメインに、全20席。広すぎず狭すぎない程よいサイズ感のスペースは、まさに宇宙船!?



MARTE

▲「MARTE」の「A」を火星人に見立てたロゴデザインがおしゃれなショップカード。

MARTE

▲コートやマフラーを掛けられる壁のフックも、もちろん火星人。


イタリアンレストランはウッディでナチュラルな内装が一般的ですが、ココは全然違います。赤と黒、そしてシルバーのメタリックな輝きが印象的です。



MARTE

▲カトラリーレストとして、細長い身体でナイフとフォークを支える火星人。

MARTE

▲紙ナプキンは爆発しそうな火山!細部まで遊び心が効いています♪


スタイリッシュな雰囲気の中、随所にあしらわれた火星人モチーフに心が和みます。

火星がコンセプトの同店では、地球でおなじみのメニューにもひねりが効いていて、「スパゲッティ辛ボナーラ」「ペンネ辛ビアータ」「出世フォンダンショコラ」など、黒板にはユニークな料理名がいっぱいです。



MARTE

▲壁の黒板には、“本日の宇宙食”なるその日のおすすめメニューがずらり。


興味をかきたてるネーミングに、二人の会話も弾むこと間違いなし。気になる料理が出て来るまでのワクワク感も、同店ならではのごちそうかも。

前菜には、惑星を思わせる「ミニトマトのカプレーゼ」(1,200円)がオススメ。



MARTE

▲水・金・地・火・木・・・思わず太陽系の惑星配列を口にしたくなる、カラフルな「ミニトマトのカプレーゼ」


前菜には「ミニトマトのカプレーゼ」(1,200円)がオススメ。クリーミーでまろやかな水牛のモッツアレラチーズが、みずみずしいトマトとベストマッチ。



MARTE

▲食欲をそそる彩り豊かな一品に、思わずにっこり♪


ほんのり香るバジルが爽やかで、お酒も進みそう♪ワイン好きのカップルには是非とも注文してほしい一品です。



MARTE

▲新鮮な国産ウニが50グラムてんこもり!「うにのグチュグチュスパゲティ」は地球一の美味しさ♪


メインには、同店の名物「うにのグチュグチュスパゲティ」(2,200円)をオーダー。一皿に50グラムのウニを使っているんだそう。



MARTE

▲ウニがこんなにてんこ盛り!湯気とともに立ちのぼる、濃厚なウニの香りを楽しんで♪


そんなにもたくさんの量を一皿で楽しめてしまうなんて、贅沢ですよね。



MARTE

▲ウニを崩して、パスタによ~くからめて“グチュグチュ”にして召し上がれ♡


この魅惑的な料理満喫するコツは、かたまりのウニをすべて崩し、パスタによくからめて食べること。



MARTE

▲混ぜると、ウニはとろっとろのクリーム状に変わります。


モチモチした食感が楽しめる1.9ミリと太めのパスタに、とろけるような舌ざわりのウニがまんべんなくからみついたところをパクリ!至福の味わいです♡



MARTE

▲湯気と一緒に立ち上るウニの香り!風味がしっかり感じられて、思わずにっこり♪


濃厚なパスタは2人でシェアするのにピッタリ。濃厚な味わいのパスタは、2人でシェアするのに最適。グルメな2人も思わずうなる、極上の一品を、心ゆくまで楽しんで。

火星を連想させる赤のイメージから、スパイシーなメニューが豊富なのも同店の特徴。

中でも粗挽き黒コショウを全体に散らした「スパゲッティ辛ボナーラ」(1,500円)は、食欲をそそる香りとパンチの効いた味わいにヤミツキになる人が続出中♪



MARTE

▲火星まで吹き飛んでしまいそうな刺激!?

MARTE

▲コショウの量は、なんと50振り!まさにコショウのどしゃ降りです。


MARTE

▲見た目も、香りも、インパクト大。見ただけでくしゃみが出てしまいそうなコショウの量にびっくり。


辛すぎて食べられない!と思った方、心配はご無用。美味しくいただくポイントは、コショウが全体に行き渡るようによく混ぜること。



MARTE

▲お皿の縁のコショウもパスタでぬぐって、召し上がれ♪


コショウが全体に行き渡るように混ざったら完成!ひと口頬張ると、クセになるスパイシーな風味が広がって絶品。濃厚でまろやかなソースと合わさると辛過ぎず、程よい刺激がたまらないんです♡

料理名は一風変わっていますが、有名店で腕を振るった目黒航シェフの味はものすごく正統派。そのギャップに一気に虜になってしまうかもしれない、ちょっと危険なオトナの味わいです。



MARTE

▲口に運ぶたびに豊かな黒コショウの香りが立ちのぼり、うっとり♡


一皿に卵黄2個を使っているという濃厚なクリームは、時間とともに熱でかたまってしまうので、手早く混ぜ合わせて食べて。

ちなみに、コショウを控えめにしたいという人は、注文時に伝えればOK。スタッフが柔軟に対応してくれますよ。

スイーツも外せません。シメのスイーツは「逆アフォガード」(700円)をオーダーして。



MARTE

▲目の前で、熱々に泡立てたミルクをかけてくれる演出も嬉しい♪


アフォガードといえば通常バニラアイスにエスプレッソをかけるものですが、これは逆にコーヒーアイスにホットミルクをかけたものだそう。



MARTE

▲あっと言う間にコーヒーアイスと一体化するホットミルクホットミルク。


MARTE

▲温かさと冷たさの両方が同時に味わえて、最後まで美味しくて楽しい♪


これがまたユニークなだけでなく、とっても美味♡ 甘すぎず、やさしい味で重くないから、濃厚なパスタの後にもピッタリ!深夜でも罪悪感なく食べられていいですね。

逆転の発想で生まれた新しい美味しさに、「コレが火星流なんじゃない?」なんて、二人で盛り上がれそう。

本格イタリアンに遊び心をちりばめたユニークな料理の数々は、素材の旨みをしっかり生かした本格的な味わい。 おいしい料理とワインで楽しく夜更かしできる火星行きの宇宙船レストランは、いつもと違うムードを変えてデートを楽しみたい時にオススメですよ。




イタリアンバル・マルテ
住所:東京都目黒区上目黒1-19-4 中目黒TNビル 2F
電話:03-6303-1910
営業時間:月~土18:00~翌2:00(LO1:00)
定休日:日曜 ※月曜が祝日の場合は営業、火曜休み
最寄駅:中目黒



取材・文/佐々木志野



※2017年4月10日時点の情報です。商品情報、内容等は変更になる場合があります。



岡田彩花さん

★今回、「MARTE」を楽しんでくれたのは

岡田彩花さん(キャンパスクイーン)

1993年生まれ。成蹊大学ミスコン2014グランプリ、Miss of Miss2015アナトレ賞。TVや雑誌、ラジオなど幅広く活躍中。レギュラー番組に、文化放送「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」(レギュラーレポーター、毎週日曜11時~13時)などがある。
⇒岡田彩花さんのtwitterアカウントは@missseikei14_05




東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

おしゃれ + 中目黒 の関連記事

流行 + 中目黒 の関連記事