2017/3/10 10:00

【今年の花見は船上で】超優越感に浸れる!東京・横浜クルージング5選

 

春デートの定番「お花見」の季節が今年もやってきました!楽しみにしている半面、毎年人気のスポットは人が多く、場所取りが大変…と少し腰が重くなっている方もいるのでは?そんな方におすすめなのが、準備不要でゆったりお花見を楽しめる「お花見クルージング」。今回はそんなお花見クルージングのデートプランを5つご紹介。

手が届きそうな距離でせりだす桜を堪能!「目黒川お花見クルーズ」

目黒川お花見クルーズ

▲咲き乱れる桜に包まれる!目黒雅叙園付近を航行。


超人気のお花見スポット、目黒川で人の多さを気にせず、ゆったり桜を楽しむなら「目黒川お花見クルーズ」がぴったり。広々とした船のデッキは、オープンエアの開放的な空間。川辺にせりだす目黒川の桜が手を伸ばせば届きそうなほど身近に感じられます。

集合場所の天王洲ヤマツピア桟橋を出発して、目黒川水門「品川くじらの水門」を越え、大崎、五反田まで船で進みます。

満開の桜の見応えはもちろん、花びらが川面を覆う光景も楽しめます。ソメイヨシノが散った後は、目黒雅叙園前のしだれ桜が開花。その後、五反田の八重桜が見頃を迎えるなど、時期によって見どころが変わるのも目黒川クルーズの魅力です。


八重桜

▲五反田付近は、八重桜が咲き誇る。


毎年人気のため、今年から夜桜便を増便!夜は船のライトで照らされた桜や、都心の街あかりが幻想的な雰囲気に。飲み物の持ち込みも自由なので、ワインを片手に語り合いながら最高のロケーションを楽しむのもいいかも♡


オシャレな店内

▲オシャレな店内で、ランチやディナーを味わえる。平日限定ですが、店内テイクアウト用のドリンクやフードも販売。


発着所の天王洲ヤマツピア桟橋には、レストラン「キャプテンズワーフ」が併設。乗船の前後に船を眺めながら食事をすれば、特別感がアップしそう。


目黒川お花見クルーズ
参加費:3,900円(当日は4,500円)
※ 定員制・要事前予約
所要時間:約70分
運行日:3月23日(木)〜4月12日(水)

主催:株式会社ジール
TEL:03-3454-0432




たった2,000円で人気エリアをクルージングできる!「さくらクルーズ」

千鳥ヶ淵や靖国神社など、桜の見どころが多い千代田区の神田川を巡る「さくらクルーズ」は、なんと2,000円で参加できると話題。


さくらクルーズ

▲船から桜を見上げると、都心にいながら自然を感じられる。


JR秋葉原駅から徒歩5分ほど、和泉橋防災船着場をスタート。船で御茶ノ水渓谷を通過し、日本橋まで巡ります。見どころは、飯田橋アイガーデン付近の桜並木。普段とは違う目線で見る都心の風景と水辺に映える桜の美しさに、二人の気持ちも盛り上がるはず!

天気がいい日は、千代田区防災船着場で途中下船して、靖国神社や千鳥ヶ淵まで散策するのがおすすめ。毎年3月下旬〜4月上旬に開催される「千代田区さくらまつり」の時期には、千鳥ケ淵緑道の桜がライトアップされ、ロマンチックな夜桜も楽しめます。


桜並木

▲神田川から日本橋川へ曲がると、三崎橋からあいあい橋付近まで美しい桜並木が続く。


和泉橋防災船着場付近には、無料バス・丸の内シャトル「さくら祭り号」の停留所もあるので、クルージング前後の移動に利用できて便利です。


さくらクルーズ
参加費:2,000円
所要時間:90分
運行日:4月1日(土)・2日(日)、4月8日(土)・9日(日)

主催:神田リバーサイドプロジェクト事務局
(アルプス観光株式会社)
TEL:03-3253-1721 FAX:03-3253-7109




小旅行気分で本格ロングクルージング!「屋形船・隅田川桜見物と千鳥ヶ淵桜吹雪」

はとバスが主催する「屋形船・隅田川桜見物と千鳥ヶ淵桜吹雪」は、隅田川クルージングと都内のバス観光がセットで楽しめるプランです。

集合場所は新宿駅東口、または東京駅丸の内南口とアクセスも抜群。江戸情緒が色濃く残る越中島近辺までバスで移動し、冨士見桟橋から屋形船に乗り換えます。屋形船の中で食事を楽しみながら隅田川を巡り、桜を背景に東京スカイツリー(R)が眺められるのも魅力です。


スカイツリー

▲大迫力の東京スカイツリー(R)は、展望デッキから眺めたい。


特に、川辺から見る千本桜は必見! 「日本さくら名所100選」に選ばれた隅田公園の桜は、ソメイヨシノをはじめ、山桜、大島桜など種類もさまざま。折り返し地点の桜橋付近では停泊して、ゆっくり時間をかけて桜を鑑賞。花見客の喧騒を遠目に、贅沢な気分に浸れます。

お刺身や天ぷらなど、屋形船の食事も豪華。つい食べるのに夢中になり、桜を見そびれる人もいるそうなので、要注意!


スカイツリー

▲お刺身や天ぷらなどの豪華なお食事付き。※お刺身は舟盛りではなくお皿での提供となります。


4時間弱船上で桜を見られる本格的なロングクルージング。桜景色と美味しい食事に彼も饒舌になるかも。たっぷり時間をかけて距離を縮めてみては? バス移動の際にはバスガイドの車窓案内もあり、小旅行気分で楽しめそうですよ。


屋形船・隅田川桜見物と千鳥ヶ淵桜吹雪
参加費:11,800円(バス代、乗船料、昼食代含む)
所要時間:6時間30分
運行日:3月11日(土)〜4月9日(日)

主催:株式会社はとバス
はとバス予約センター
TEL: 03-3761-1100
(受付時間8:00~20:00 年中無休)




屋根付きで雨の日も楽しめる!「さくら回廊お花見クルーズ/夜桜お花見クルーズ」


さくら回廊お花見クルーズ

▲深川エリアの下町情緒に桜がマッチ!


下町探検クルーズ「がれおん」の季節限定特別便「さくら回廊お花見クルーズ」では、アットホームな雰囲気で、東京の下町・深川地区のお花見が楽しめます。門前仲町近く大横川の桜並木は花見スポットとしても有名で、両岸から枝が垂れ下がる桜のトンネルが見どころです。

定員12名の小型屋形船ならではの小回りの良さを活かし、桜の枝が手で掴める距離まで船を寄せられるのが特徴。間近に桜が感じられて、迫力のあるお花見が楽しめます。船は、屋内とデッキの両方あるので、肌寒い日や多少の雨でも大丈夫。雨で桜が散ってしまっても“花いかだ”を楽しめるので安心です。


花いかだ

▲散りどきは、ピンクの“花いかだ”が見どころ。


下町の名所を丁寧に案内してもらえたり、絶景ポイントでは船をとめて二人の記念写真を撮ってもらえたりと、スタッフのきめ細かいサービスもうれしい。

夜は提灯の明かりで、桜がほんのりライトアップ。下町情緒をより味わいたいなら、二人で着物に着替えるのもおすすめです。桜の季節には、深川・門前仲町の大横川をメイン会場とした「お江戸深川さくらまつり」が開催され、乗船後は、屋台やイベントでも楽しめますよ♡


川面に映り込んだ提灯

▲川面に映り込んだ提灯の明かりにうっとり♪※ 桜のライトアップは3月25日より


さくら回廊お花見クルーズ
参加費:2,300円
所要時間:30分
運行日:3月24日(金)〜4月9日(日)

夜桜お花見クルーズ
参加費:3,200円
所要時間:45分
運行日:3月24日(金)〜4月9日(日)

主催:下町探検クルーズがれおん
TEL:03-5858-6877




定番デートスポットみなとみらいを巡る「2017 春爛漫 大岡川お花見クルーズ」

ランドマークタワー

▲桜に囲まれたランドマークタワーが見られるのもクルージングならでは。


横浜・大岡川の桜並木は地元の人に長年親しまれてきたお花見スポット。約500本の桜が飾る見事な景色が堪能できます。横浜・大岡川の桜並木は地元の人に長年親しまれてきたお花見スポット。約500本の桜が飾る見事な景色が堪能できます。定番デートスポットのみなとみらいをクルージングで巡るのは特別感があるのでは?

出航場所は、JR桜木町駅から徒歩5分の「ピア日本丸」。桜木町から黄金町にかけて爽やかな風を感じながら巡ります。船から見上げる大岡川堤の桜並木は、こぼれ落ちそうなほど咲き誇る桜が圧巻です。


満開の桜

▲満開の桜に手が届きそうなほど近くへ。


17時以降のクルーズなら横浜の夜景とともに夜桜が眺められ、ムード満点。発着所の「ピア日本丸」から、赤レンガ倉庫や山下公園まで足を伸ばせば、お花見後もデートを十分に楽しめる。1日中一緒に居られる日におすすめです♡


夜桜お花見クルーズ
参加費:2,500円
所要時間:50分
運行日:3月22日(水)〜4月10日(月)
※開花状況により運航日は変更になる場合があります。

主催:京浜フェリーボート株式会社
TEL:045-201-0821




まとめ

所要時間が1時間前後で、準備不要ならデートに気軽に取り入れられますね。船から眺めるいつもと違う桜に、新鮮な気持ちで楽しめそう。満開の桜をゆったり堪能できるのもこの時期だけ。春ならではのデートを楽しんで!



取材・文/女子部JAPAN(・v・)橋村望

※メニュー、価格、サービス内容は2017年3月10日時点の情報です。


●2017年のお花見情報をまとめてチェック!
「お花見特集」




東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

まったり + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事