2017/2/14 10:00

【代々木上原】サックサクのクロワッサン、ビジュアル系サンドイッチetc.パン屋めぐりデート5選

 

おしゃれな雑貨屋やカフェが集まる代々木上原。実は美味しいパン屋がたくさんある場所でもあります。そこで今回はクロワッサンが名物のベーカリーから、ボリューム感たっぷりのビジュアル系サンドイッチ屋まで、お散歩デートの合間や、彼と代々木公園へピクニックに行く前に立ち寄りたい5店を紹介。二人で一緒に休日を美味しく彩ってくれるパンを堪能してみて。

おしゃれなお店でオトナの二人のためのこだわりパンを/Boulangerie et Cafe Main Mano

1

▲パリの街を彷彿とさせるようなおしゃれな外観。テラス席の用意もあります。


代々木上原駅から徒歩1分ほどの場所にあるのが、パリの閑静な住宅街である16区をイメージしたという『Boulangerie et Cafe Main Mano』。

グランドシェフは、フランス・イタリア・ベルギーで修行を積み、パリの五つ星ホテル『ホテル・ド・クリヨン』で日本人初の製パンシェフに就任したという経歴の持ち主。

そんな豊富な経験と知識を持つシェフが作るパンは、自家製酵母や北海道十勝産の小麦をはじめ、フランス産の発酵バターを使うなど、素材にもしっかりこだわっています。有名ホテルやカフェなどにも提供しているんだそう。


2

▲店内のショーケースには、様々な種類のパンがずらり


店内をのぞくと、見た目もかわいいデニッシュ系からランチにぴったりのキッシュやサンドイッチ、ハード系や食パンまで、様々な種類がお行儀よく並んでいて心くすぐられます。


3

▲店で一番人気の「クロワッサン」(270円)は、豊かなバターの香りと軽めの食感が絶妙


一番人気はお店のこだわりが詰まった「クロワッサン」(270円)。ラ・ヴィエットの発酵バターや和三盆が使用された逸品で、バターの香りと27層の生地が生み出すサクッとした食感が楽しめます。

また、北海道産の小麦粉とフランス産の小麦粉を絶妙なバランスでブレンドして作る、パリパリの「バゲット」(350円)も評判なんだとか。


4

▲おやつにぴったりのスイーツ系も充実。手前から右回りに「シナモンロール」(250円)、「スイートポテト」(300円)、「ピスタチオとベリー」(440円)


スイーツ系の甘いパンが豊富に取り揃えられているのも女子にはうれしいポイント。特に上品な甘みとサクっとした食感の「シナモンロール」(250円)はリピーターも多い一品なんだとか。

店内にはイートインスペースもあり、アツアツの「BLTサンド」(440円)や「パニーニ」(420円)も味わうことができます。

お散歩デートの合間に立ち寄って、パンランチをしたり、おやつを買って彼とシェアしながら食べ歩きするのも楽しそうですね!


Boulangerie et Cafe Main Mano(ブーランジェエリー&カフェ マンマーノ)
住所:東京都渋谷区西原3-6-5 MH代々木上原1F
TEL:03-6416-8022
営業時間:8:00〜20:00(LO19:30)
定休日:火曜、第1月曜



デートを盛り上げてくれるボリューム満点のビジュアル系サンドイッチ/POTASTA代々木上原本店

5

▲駅から3分ほど歩いたの閑静な住宅街の中にひっそりとあるお店


パン好きに有名なサンドイッチのテイクアウト専門店『POTASTA代々木上原本店』。「野菜の美しさを伝えたい」という思いから、味はもちろん、見た目にもこだわったサンドイッチが並んでいます。

ギュギュっと具がサンドされた丸いユニークなフォルムは、思わずSNSにアップしたくなりますね。彼と二人、写真撮影で盛り上がれそうです♪


6

▲どれもボリューム感たっぷり!左「スクランブルエッグ&ベジタブル」(500円)、右「こうじ味噌きんぴら」(500円)


定番のスクランブルエッグから、独創的な麹味噌で味付けしたきんぴらごぼうまで、サンドイッチの具材が幅広いのも特徴。手にすると、ずっしりとした重さを感じます。これなら食いしん坊の彼もきっと満足するはず。

一口食べると野菜のシャキシャキとした食感やみずみずしさが口いっぱいに広がって、幸せ一杯♥野菜好き女子なら、ぜひ一度は食べたい一品です。


7

▲野菜たっぷりのメニューのほか、うぐいす餡などを使ったおやつ系サンドイッチも


常時10種類ほどのメニューがラインナップしていますが、毎月少しずつ変わっていきます。できるだけ旬の野菜を使用して、季節感を楽しめるように配慮しているんだそう。

また「さつまいもと玉ねぎのカレーポタージュ」や「パンプキンチャイ」(各290円)などの日替わりの温かいスープやドリンクも用意されているので、サンドイッチと一緒に買って、近くの代々木公園を訪れれば気持ちのいいピクニックデートができますよ。


POTASTA(ポタスタ)代々木上原本店
住所:東京都渋谷区西原3-16-11 クラタマンション 102
TEL:03-5738-7545
営業時間:8:30〜19:30、土日祝9:30〜18:00
定休日:火曜




70~80種類がずらり!パン好きに有名な行列の絶えない名ベーカリー/カタネベーカリー

8

▲閑静な住宅街の中にひっそりと佇む人気店『カネタベーカリー』


代々木上原駅から歩いて10分ほどの場所にある『カタネベーカリー』。店内はいつもパン好きの人であふれ、ガラス越しには職人がパンを作る様子を間近で見ることができます。

店頭には常時70〜80種類のパンが並び、奥の厨房からは次から次へとパンが焼き上がってきます。


9

▲定番メニューのほか、少しずつ入れ替わる季節メニューもあるので何度来ても新しい出会いがあります


小麦は国産のもののみを使用し、店主自らできるだけ小麦畑まで足を運んで品質を確かめるというこだわりよう。素材への徹底したこだわりと、できるだけシンプルなパン作りを心掛けているんだそうです。


10

▲旬の素材やその時に手に入った野菜で作る、ピッツァやキッシュなどの食事系のパンも充実


10

▲手前から反時計回りに、「ヴィエノワサンド」(380円)、「オランジュ」(250円)、「バニラ」(140円)、「クロワッサン」(160円)、「パンオザルグ」(170円)など多種多様なラインナップ


朝一番にバゲットが焼き上がり、午前中はスイーツ系のパン、昼は食事系やハードパン、午後はバゲット系などが作られます。焼き上がりの時間帯に合わせて来店してみるのもオススメ。「パニーニ」(450円)や「チャバタサンド」(400円)なども、オーダーすれば、その場で作ってくれますよ。地下にはカフェも併設されていて、ベーカリーのパンやコーヒーをゆっくり楽しむこともできます。


12

▲見ているだけでも楽しい、おしゃれで実用的な雑貨が並ぶ『アコテ』


また、2016年にはベーカリーの隣に雑貨店『アコテ』をオープン。国内外からセレクトした、文房具や雑貨、食器などがセンスよく並んでいます。

『カネタベーカリー』で美味しいパンを二人で選んだあとに、『アコテ』で雑貨をお買い物、なんて一石二鳥なデートを楽しんでみてはいかがでしょう?


カタネベーカリー
住所:東京都渋谷区西原1-7-5
TEL:03-3466-9834
営業時間:7:00〜18:30※カフェは7:30~18:00
定休日:月曜、第1・3・5日曜

アコテ
TEL:03−6873−7623
営業時間:10:00〜19:00/土9:00〜18:00
定休日:日曜、月曜 



日本では珍しいアルゼンチンのソウルフード「チョリパン」で異国情緒を味わって/Mi Choripan

13

▲青や、赤、黄色などカラフルな屋根が目印の異国情緒あふれる外観


チョリソーを様々な野菜やソースと一緒にパンに挟んだ、アルゼンチンのソウルフード・チョリパン。店主は世界放浪の旅の最中に偶然チョリパンに出会い、その魅力に取りつかれたんだそう。

そしてブエノスアイレスの人気店で修行を積んだ後、代々木上原にオープンしたのがこちらの専門店『Mi Choripan』です。


14

▲レタスやトマト、炒め玉ねぎなど10種類の具材の中から自由にトッピングを選べる「カスタムチョリパン」(1,100円)


15

▲新鮮な牛肉と10種類のスパイスを混ぜて手作りする極太ジューシーなチョリソーが美味しさの秘訣


デートで訪れたなら「カスタムチョリパン」(1,100円)をオーダーしてみて。レタスやトマトをはじめ、0種類の中から、好みの具材を好きなだけトッピングできるチョリパンです。二人で色々なトッピングを試して食べ比べするのも楽しそう!チミチョリという酸味と辛味が絶妙なバランスのソースが、美味しさを一層引き立ててくれます。

ボリュームを抑えた「ミニチョリパン」(550円)もあるから、小腹が空いた時にもオススメです。


17

▲青い壁やラテンな雰囲気の雑貨など、店内は南米の街角を想像させるカラフルなインテリア


こちらにはイートインスペースもあって、「自家製ジンジャエール」(450円)などのソフトドリンクや、ビールやワインなどのアルコールと一緒にチョリパンを味わうこともできますよ。

チョリパンを食べながら、近くにあるモスク『東京ジャーミィ・トルコ文化センター』に向かってみましょう。きっと異国情緒たっぷりの、プチ世界旅行気分のデートができること間違いありません!


Mi Choripan(ミ チョリパン)
住所:東京都渋谷区上原2-4-8
TEL:03-5790-9300
営業時間:11:00〜22:00(日・祝は〜20:00)
定休日:火曜、第2・4月曜(祝日は営業)



噛むほどに旨みが感じられると評判の自家製酵母パンの老舗/ルヴァン 富ヶ谷店

18

▲代々木上原駅から徒歩10分ほどの場所あるお店は、木をふんだんに使った温もりのある雰囲気


パンマニアがこぞって訪れる『ルヴァン 富ヶ谷店』。代々木上原駅から徒歩10分ほど、富ヶ谷で約30年続く老舗で、自家製酵母を使った味わい深いパンが評判です。

天然酵母パンの草分け的存在で、遠方からわざわざ買いに来るお客さんもいるんだそう。店頭にはハード系のパンを中心に20種類ほどがラインナップ。噛めば噛むほどに甘みや旨みがしっかりと感じられるのが特徴です。


19

▲お店の看板メニューの「メランジェ」(右、1g2円+税)と「カンパーニュ」(左1g1.3円+税)


20

▲それぞれのパンの特徴がしっかり書かれたカードがあるのもGOOD


これらのハード系パンはグラム単位で量り売りされているので、好きな分量だけを買うことができるのもうれしいポイント。

昼近くになると、お店の一番人気「カンパーニュ」が焼き上がります。口元へ運ぶとほのかに優しい香りが。一口食べるとパリっとした外側とモチッとした内側のコントラストが楽しめます。

また、レーズンとくるみがぎっしり詰まった香ばしい「メランジェ」は、お酒に合わせるのもオススメ。特に赤ワインとの相性が抜群なんだそう!


21

▲ハード系パンだけでなく季節の果物を使ったパイやクロワッサンなどもラインナップ


さらに、手織りで丁寧に作っているパイやクロワッサンも人気。果物や野菜、ナッツ類は、できるだけ無農薬のものを使っているので、素材にこだわる二人も満足するはず。

パンは予約も可能なので、お目当てのものがあれば予約してから訪れるのが確実ですよ。また、併設のカフェでは、焼きたてのパンと一緒に、旬の野菜などを使った「サンドプレート」(1,000円)や、「カンパーニュのフレンチトースト」(700円)も味わえます。

食べるとホッとするような味わいのパンに出会える『ルヴァン 富ヶ谷店』。彼と一緒に公園でほっこり優しいパンを味わって、休日のリラックスランチタイムを過ごしてみて。


ルヴァン 富ヶ谷店
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-43-13
TEL:03-3468-9669
営業時間:8:00〜19:30(日祝は〜18:00)
定休日:月曜、第2火曜(祝日の場合は振替休日あり)



取材・文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり、撮影/女子部JAPAN(・v・) 鈴木愛海

※2017年2月14日時点の情報です。メニューや内容等は変更になる場合があります。
※記載のない価格は全て税込みの価格です。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

まったり の関連記事

流行 の関連記事