2017/2/7 11:00

【体験レポ】揚げたてポテチ、じゃがりこならぬ“ポテりこ”も!「カルビープラス」東京駅店が楽しすぎ!

 

グルメスポットが充実している東京駅。その構内に、揚げたてのポテトチップスや、「じゃがりこ」ならぬ「ポテりこ」といった“ホットスナック”が食べられる、カルビーのアンテナショップ「カルビープラス」があるのはご存知ですか?スナック菓子好きのカップルなら一度は訪れておきたい、「カルビープラス」東京駅店を体験レポート!

▲ガラス越しにでポテトチップスをつくる様子が見られる。


JR東京駅の八重洲地下中央改札を出て、すぐ。お菓子メーカーが一同に集まった日本初のスポット、東京駅一番街の「おかしランド」内に、カルビーの直営店「カルビープラス」東京駅店はあります。

2012年4月に「お客さまにも、工場で食べる揚げたてのおいしさを味わってもらいたい!」とオープンして以来、休日には約5年経った今も行列ができるほどの人気ぶり。そのヒミツは、ポテトチップスを作る工程が見られること。東京駅にいながら、ガラス越しに、カルビーのミニチュア版「工場見学デート」が体験できるんです♪

お店にはポテトチップスをはじめ、じゃがりこのホットスナック版「ポテりこ」、チョコ掛けポテト、ポテトのチュロスも。店内にふわりと漂う揚げたてポテトの香りに、わくわくが止まりません!


▲工場と同様に、新鮮な生のじゃがいもを使用します。


主役のじゃがいもは、全国のカルビーの契約農家によって、ポテトチップス専用に育てられたもの。店内では、生のじゃがいもを厚切りチップス専用スライサーを使って、なんと手作業でスライスしているそう。


▲スタッフの作業は一瞬で終わるので、見逃さないよう要チェック。


カットされた生のじゃがいもを175~185℃の油の中へ。スタッフが、重ならないよう網で豪快にじゃがいもを混ぜ、約1分間素揚げ。さらに、空気に触れないで揚げられるポテトチップス専用フライヤーにくぐらせて、もう約1分揚げます。この工程は、実際の工場で行われる調理法をそのままに再現しているんだとか。この時点で、とってもおいしそう~!!


▲ベルトコンベアーに乗って、アツアツのポテトチップたちが、ついにお出まし!


▲ボールに落ちていくポテトチップに手を伸ばして、今すぐ食べたい!


最後は、出来上がったポテトチップスが、次々と大きなボールへダイブ!「おぉ~っ」と二人の気持ちも“アゲアゲ”になったところで、お楽しみの実食です。


▲「まろやかのり醤油」(290円)と「生ビール」(550円。セットは50円引き)。


まずは、マストで食べたい東京駅店限定の「まろやかのり醤油」にトライ。ポテトとのりのいい香りにテンションが上がります!触れてみると、ほどよく熱が残って、食べごろ温度。気になる食感は、サクッと心地よい!!薄いフラットなタイプではなく、1mmほどの厚みがある波状タイプなので、しっかりと歯ごたえある食感が楽しめます。

味はガツンと鰹ダシが効いていて、のりの風味もしっかり。お酒好きのカップルなら、生ビールが進んじゃうかも!?実際に、休日にはお昼から注文する人が多いそうですよ。


▲「スイートチョコ味+ソフトクリーム」(460円)。


甘党の彼と訪れたら、ぜひ「スイートチョコ味+ソフトクリーム」も味わって。えっ、ポテトチップスにチョコレート?なんて、意外に思う人も多いかもしれないけれど、これが絶品。

ミルクチョコレートとの相性が不思議なほど抜群で、甘じょっぱさが最高です。さらに、北海道産の濃厚でコクのあるソフトクリームとポテトチップスとのひんやり、アツアツの調和がたまりません!ぜひ二人で試してみて。


▲意表をつく食感が人気の「ポテりこ サラダ」(310円)。


お店の一番人気は、カルビーの大人気商品「じゃがりこ サラダ」のホットスナック版「ポテりこ サラダ」。

じゃがりこと言えば、口をすぼめて高速で食べたくなる、独特のサクサク食感が最大の特徴ですよね。ところが、この「ポテりこ」はひと口食べると、あら意外、外はカリッとしていて、中はホックホク。しかも、にんじんとパセリを練り込んだサラダ味は健在です。一度食べたら、やみつきになってしまうかも!?

彼と見つめ合い、「あ~ん」なんて、食べさせ合いっこをして、愛を深めるのもいいかも!?


▲立席タイプのイートインスペース。小さいテーブルは子ども用です。


食べる席は、立席タイプの小さなテーブル4台があります。週末は混み合うことが多いので、彼と肩を寄せ合って使いましょう♡「おかしランド」の中央にある、イートインスペースを利用するのもおすすめ。


▲レトロなパッケージが可愛い「東京釜揚げチップス まろやか醤油味」(700円)。


お土産におすすめは、東京駅店限定の「東京釜揚げチップス まろやか醤油味」。平日は150個、土曜・日曜・祝日は190個のみの販売です。おうちデートのおやつや、旅行の出発前に立ち寄って新幹線の中で食べるのもよさそう♪

なお、このまろやか醤油味は、お店で食べられる東京駅店限定の味と連携していて、一年に一度ぐらいのスパンで変わるそう。気になる人は食べ逃がさないよう、早めにチェックを!


まとめ

「カルビープラス」東京駅店のデートは、いかがでしたか?東京駅は2014年の改装オープン以降、1日中遊べるほど、お店が充実しているので、彼とあちこちめぐって、食べ歩きデートを楽しんでくださいね♡



『カルビープラス』東京駅店
電話:03-6273-4341
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1 東京おかしランド内
営業時間:9:00~21:00 、揚げたて商品の提供時間9:30~20:30(オーダーストップ)
定休日:無休



取材・文:上浦未来

※2017年2月7日時点の情報です。施設の情報、内容等は変更になる場合があります。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

まったり + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事