2017/2/8 16:00

ぷるっぷる白子の麻婆豆腐!?ふぐ、牡蠣etc.大人が楽しむ旬の東京冬グルメ3選

 

大人の男女たるもの、旬の食材はいちばん美味しい時期に食べたいですよね。今回は、今まさに旬を迎える白子、牡蠣、ふぐなど冬の味覚を、贅沢に味わえるレストランをご紹介。食にこだわるグルメな二人も納得の味を、ご堪能ください♪

山椒が香るマーボーに濃厚な白子がとろける!/スーツァンレストラン陳「冬限定!!当店自慢のマーボー白子」

スーツァンレストラン陳

▲上質な白子が入荷した時のみ登場する「冬限定!!当店自慢のマーボー白子」(3,564円)


四川料理の名シェフ・菰田欣也氏が総料理長を務める「スーツァンレストラン陳」。こちらで味わいたい旬の味覚は、豆腐の代わりに、なんと白子を用いた“変わりマーボー”。上質な白子が入荷した時のみ提供される、こだわりの季節限定メニューです。

白子はまったく臭みがなく、ぷるんとした身を噛むと、濃厚かつクリーミーな味が口いっぱいに広がります!山椒が効いたマーボーの程よい辛さと相まって、白いご飯が止まらない美味しさです。



スーツァンレストラン陳

▲副料理長の井上和豊さん

実はこちらの一皿、副料理長の井上和豊さんが、新時代を担う若き料理人を発掘する料理人コンテスト「RED U-35」の決勝審査で提供し、見事優勝を勝ち取ったメニューの一つ。

食の重鎮揃いの審査員たちをうならせた絶品メニューということで、是が非でも食べてみたい!と「マーボー白子」目当てで来店する人も多いそう。漁の状況で、白子が入荷しないと料理を提供できない場合もありますが、メニューに登場していたなら絶対食べる価値アリ!

同じく受賞メニューの「干し貝柱と白菜のやわらか煮込み」(2,614円)も、この季節のおすすめ。干し貝柱から出た極上のダシが白菜の味わいをより深いものにしており、「白菜ってこんなに美味しい野菜だったんだ!」としみじみ思うはず。



スーツァンレストラン陳

お店は渋谷駅周辺の喧騒から離れたセルリアンタワー東急ホテル内にあり、大人のデート場所として最適。独自のエッセンスが効いた本格四川料理で、素敵な夜を。



スーツァンレストラン陳

住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2F
電話:03-3463-4001
営業時間:ランチ11:30〜14:00、ディナー17:30〜23:00(L.O.21:30)
定休日:無休
最寄駅:渋谷





昭和43年創業の確かな職人技が光るとらふぐ料理/大塚三浦屋「とらふぐ会席」

大塚三浦屋

▲自慢のとらふぐ料理全般がお手頃に味わえる「とらふぐ会席」(7,800円)


ふぐの中で一番の高級魚とされ、11月~3月に旬を迎えるとらふぐ。言わずと知れた高級魚ですが、にこごり、刺し、唐揚げ、ちり鍋、雑炊…と余すことなく、しかも手頃な値段で堪能できるのが、大塚三浦屋の「とらふぐ会席」です。

日本一の生産高を誇る長崎産の養殖とらふぐを厳選して使用。とくに刺しは二代目店主自ら全て調理しているだけあり、確かな技術が光ります。伊豆産だいだいを手搾りした秘伝のぽん酢でいただきましょう!



大塚三浦屋

▲黄金色に輝くにこごりは、日本酒とも相性抜群!



ファンの多いにこごりは、鰹・昆布の一番出汁をベースに、とらふぐの身をたっぷり入れ、、ゼラチンや寒天を一切使わずとらふぐの皮のみで煮固めた逸品。口当たりが良く、コラーゲンたっぷりなので、美容を気にする女性に嬉しいメニューでもあります。

とらふぐ以外にもあんこう、うなぎ、すっぽんなど専門性の高い料理が食べられるのもこちらのお店の魅力。同じく冬が旬のあんこうも、二度目の訪問の際はぜひ味わって。



大塚三浦屋

下町らしい温かみに満ちた店内で、二人でちり鍋をいただけば、身も心も癒やされるはず。店主が利き酒師というだけあり、日本酒のラインナップも豊富なので、ついついお酒が進んでしまいそう!



大塚三浦屋

住所:東京都豊島区北大塚2-11-4
電話:03-3949-0414
営業時間:月-土ランチ11:30~13:30、ディナー17:30~22:00※ランチは仕込みの都合で休む場合もあり 日祝17:00~21:00 
定休日:不定休
最寄駅:大塚





他では味わえない!全国から鮮度抜群の牡蠣が集結/牡蠣Bar「おまかせ牡蠣盛り合わせ」

牡蠣Bar

▲「おまかせ牡蠣盛り合わせ」(3牡蠣1,700円、5牡蠣2,600円、全種類5,200円/税抜)。


冬の味覚といえば、生牡蠣をすぐ連想する人も多いのでは。そんな牡蠣好きカップルにおすすめしたいのが、牡蠣をこよなく愛し、数々のお店の牡蠣開けの指導をしてきた店主による、究極のオイスターバー「牡蠣Bar」。店主自ら全国を飛び回り、プロ意識の高い生産者からのみ直接牡蠣を仕入れているだけあり、安心安全にこだわった生牡蠣がいただけます。

この時期の一押しは「くにさきオイスター」(1牡蠣400円/税抜)という銘柄。殻の形、身入り、すべてにこだわった牡蠣で、小ぶりながらしっかりした歯ごたえが特徴。実はこの牡蠣、農具や発動機でおなじみの会社・ヤンマーが開発したというエピソードも含めて気になりますね!



牡蠣Bar

▲「ジューシーカキフライ」(1個250円/税抜)。タルタルソースでなく自家製ポテサラを付けていただきます。


生で食べられる牡蠣に薄く衣をまぶして揚げた、贅沢な「ジューシーカキフライ」も必食。揚げたてをほおばると、ジュワーっと広がる牡蠣汁がたまりません!

取り扱うお酒も「牡蠣に合うかどうか」を基準にしていて、牡蠣に合わせるために開発された白ビールまであるそう。



牡蠣Bar

カウンター席では、店主に牡蠣の銘柄や美味しい食べ方についてあれこれ聞くのも、楽しみのひとつ。牡蠣好きのカップルなら、どっぷり牡蠣の世界に浸かった至福の時間が過ごせますよ♪



牡蠣Bar

住所:東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル3F
電話:03-6274-6750
営業時間:11:30~14:30、18:00~24:00
定休日:日曜
最寄駅:銀座



※2017年2月8日現在の情報です。価格や内容は変更になる場合があります。


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 渋谷 の関連記事

特別 + 渋谷 の関連記事