2017/1/23 11:00

フルーツ山盛りパフェ、行列ラーメン店も!グルメパラダイス「東京駅」で食べ歩きデート

 

都心のメインターミナルとしてたくさんの人が行き交う「東京駅」。多くの人が訪れる場所だからこそ、数多くの名物グルメも充実しているんです。そんな東京駅構内や地下街で、彼と二人で楽しめるおすすめのお店を5つピックアップ!毎回違うお店を目当てに訪れるのはもちろん、一日で数軒はしごしてみるのもいいかも。

二人でシェアして食べたい!フルーツ系スイーツ満載の「果実園 東京店」

▲看板メニューの華やかな「フルーツパフェ」(1,188円)。


本物の果物の美味しさを届け続けて四半世紀という目黒の「果実園」の味が東京駅でも楽しめます。気軽に立ち寄って、新鮮な果物を楽しんでほしいというコンセプトから、リーズナブルな価格で楽しめるフルーツ系スイーツが揃っています。

とくに人気なのが、看板メニューでもある「フルーツパフェ」です。マンゴーやリンゴ、スイカにメロン、など、色とりどりの果物が盛りだくさん!季節ごとの旬な果物をふんだんに使い、その時々の一番美味しいフルーツが楽しめるので、定期的に通いたくなりそう。


▲ショーケースには美味しそうなケーキやデザートがずらり!


他にも「10種類近くの果物を使ったパンケーキ」(1,166円)や「フルーツポンチ」(918円)などフルーツ好きな女子にはたまらない品揃え。ボリュームが多めでメニューも豊富なので、彼とシェアしながら食べるのがオススメです。

新鮮でカラフルなスイーツは写真映えもバッチリ!思わずSNSで自慢したくなっちゃいそう!


果実園 東京店(キッチンストリート)

住所:東京都千代田区丸の内 1-9-1キッチンストリート内
TEL:03-5220-4567
営業時間:7:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:なし



レトロ感漂うくつろぎ空間「八重洲 アロマ珈琲」で、まったりデート

▲木目調のインテリアがレトロな雰囲気の店内。


東京駅構内に店を構える喫茶店「八重洲 アロマ珈琲」。昭和の趣を感じさせる落ち着いた店内にはコーヒーの香りが優しく漂い、自然とリラックスできます。


▲厚切りトーストにゆで卵とあんこが付いた「モーニングセット」(飲み物の価格に+100円)。


豆を直火焙煎で焼き上げ、サイフォンを使って淹れたブレンドコーヒーは、1970年の創業当時から続く歴史を感じさせる味わい。このコーヒーと一緒にいただきたいのが人気の「モーニングセット」(12時迄)です。ふんわり分厚いトーストとあんこの相性は、男女問わず人気の組み合わせ。バターたっぷりのパンにのせて食べるほか、コーヒーに入れて飲むのも通な味わい方です。いつもよりちょっと早起きしての朝食デートもいいかもしれません♡

地下街のさらに半地下に位置した、隠れ家的な雰囲気も魅力的。ちょっと懐かしいレトロな空間で、こだわりのコーヒーとともに、ゆったり流れる時間を二人で満喫して。


八重洲 アロマ珈琲

住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街中4号
TEL:03-3275-3532
営業時間:平日 6:30~21:30/土曜 7:00~21:00/日曜・祝日 7:30~21:00
定休日:なし



老舗おむすび店「笹八」でお米の美味しさを再発見!

▲「柿の葉すし 4種8個入」(1,080円)。創業以来の伝統の味を楽しめます。


「笹八」は、大正10年に米屋として始まった「ゐざさ中谷本舗」が手がける、おむすびとお寿司の専門店。奈良・吉野の名産「柿の葉すし」をはじめする伝統的な和食が堪能できます。

「柿の葉すし 4種8個入り」は鯖、鮭、鯛、エビの4種類がセットになった看板商品。同じく人気の「昆布巻さば棒鮨」は国産の〆鯖と道南産の黒板昆布を使った押し鮨で、程よい酸味と独特のクリーミーさが特徴です。どちらもこだわりのお米の味が活きた特別な逸品で、味もさることながら、ころんとしたお寿司のフォルムが可愛らしいのもポイント。


▲柿の葉すしをはじめ、お弁当、棒寿司、東京駅限定品なども揃う豊富なラインナップ。


柿の葉すしの他にも、おむすびやお弁当もたくさん取り扱っているので、テイクアウトして、近くの皇居外苑でピクニックデートもオススメ。お米にこだわりを持っている「笹八」で、和食の魅力をじっくり味わいましょう!


笹八 グランスタ店(グランスタ)

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階
TEL:03-5222-0338
営業時間:月~土曜 8:00~22:00/日曜・祝日 8:00~21:00
定休日:なし



見ても食べても楽しい!イギリス流カップケーキ専門店「Fairycake Fair」

▲白を基調にした店内には色とりどりのケーキが並び、イートインスペースも利用できます。


可愛らしいイギリス流カップケーキを取り扱う「Fairycake Fair」。“フェアリー(妖精)ケーキのお祭り”という意味の店名の通り、誰もが楽しくなるようなケーキがずらり。


▲ラブリーな「バニラパンダ」や「くまキャラメル」(各460円)は、見れば思わず笑顔になっちゃう♪


人気商品の動物シリーズの「バニラパンダ」は、思わず食べるのがもったいなくなるくらいの可愛さ!バニラケーキとマスカルポーネチーズクリームの濃厚な味わいが絶妙のコンビネーションです。
また、手づくりの塩キャラメルクリームにチョコとナッツで顔を描いた「くまキャラメル」は、つぶらな瞳がとってもキュート。美味しさと可愛らしさの両方に癒されます。いつもクールな彼がちょっと照れくさそうにカップケーキを食べる姿にも、キュンとしてしまいそう!


▲カップケーキやスコーンと相性抜群の「いちご・ベリーソーダ」(550円)。


イートインスペースで注文したいのは、カップケーキたちと相性がいい「いちご・ベリーソーダ」。いちごとラズベリーの自家製シロップを使用した甘酸っぱい味わいがクセになるドリンクです。

可愛らしいデコレーションケーキの並ぶ華やかな店内で、心ときめくひとときを二人で過ごして。


Fairycake Fair 東京駅グランスタ店

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階
TEL:03-3211-0055
営業時間:月~土曜 8:00~22:00/日曜・祝日 8:00~21:00
定休日:なし



行列ができる「斑鳩」のラーメンが、東京駅でも食べられる!

▲ステンドグラスや木目調のおしゃれな店内は、デートでも入りやすそう!


東京駅八重洲口の地下に、「東京ラーメンストリート」と呼ばれるグルメスポットがあるのをご存知でしょうか?都内の有名店が軒を連ねるここでは、市ヶ谷に構える名店「斑鳩(いかるが)」の味を楽しめます!こちらも本店同様、行列の絶えない注目の店です。


▲「東京駅らー麺」(1,000円)はトッピングも豊富。


人気No.1メニューの「東京駅らー麺」はそのスープに美味しさの秘密が。濃厚ながら臭みのない動物系スープに、香り高い一番だしの魚介系スープを絶妙のバランスでブレンド。こってりまろやかな味わいは流石の美味しさ!

濃厚すぎない、バランスの取れた「斑鳩」のラーメンは、女子でも食べやすく、でもしっかりとうま味が凝縮されていて彼も満足できる味。二人とも楽しめるのはうれしいポイントです♪


東京駅 斑鳩

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下一階 東京ラーメンストリート内
TEL:03-3286-3586
営業時間:10:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:なし



まとめ

仕事帰りや旅行の前にも立ち寄りやすい東京駅近辺には、食べ歩きしながらのデートにぴったりの注目グルメスポットが盛りだくさん。 いつでも気軽に立ち寄れる東京駅だからこそ、一日だけでなく何度も通って、お目当てのお店を制覇するのも楽しそうですね!



※2017年1月23日時点の情報です。店舗の情報、内容等は変更になる場合があります。

ライター:古澤健太郎(エフェクト)


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

まったり + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事