2017/1/10 11:00

大人の二人は日本橋へ!和紙、楊枝、おでんetc.ツウも認めた老舗・専門店巡りデート

 

かつて江戸の城下町として栄えた日本橋には、その伝統を受け継ぐ料理店や専門店がズラリと軒を連ねています。今回は普段と少し趣の異なるデートを楽しみたいオトナ女子のために、日本橋の老舗・専門店を巡るデートプランをご紹介。はんなり和な雰囲気をたっぷり味わって。

【1】榛原/老舗和紙店で、日本の美を感じられるアイテムを手に入れる

榛原外観

▲職人によって作られた煉瓦や瓦を、最新の3D技術で設計・加工した建物は2016年のグッドデザイン賞を受賞しています


江戸時代・文化3年(1806年)に和紙小物販売から始まり、200年以上の歴史を持つ『榛原』。このお店で使用されている和紙「雁皮紙」(がんぴし)は、雁皮というジンチョウゲ科の落葉低木の皮を原料として漉したもの。表面がなめらかできめ細かく、光沢があり、その高級感から江戸時代より人気が高かったそう。

現在では数えるほどしかいないという紙すき職人が1枚1枚丁寧に手すきした上質な雁皮紙は希少で、まさにオトナのための逸品です。


榛原マスキングテープ

▲和紙でできたマスキングテープ「WASHITAPE」(432円〜)

店内には便箋や熨斗袋、折り紙などの他にも、バラエティに富んだ和紙アイテムが揃っています。なかでもオススメなのが、プレゼントのラッピングなどにさり気なく使いたいマスキングテープ「WASHITAPE」(432円~)。和紙ならではのやさしい手触りが印象的です。

また、上品なデザインのレターセットも人気なんだとか。『榛原』の和紙で彼への手紙を書けば、きっと二人の仲も今以上に親密になるはず♪

榛原

住所:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
電話:03-3272-3801
営業時間:10:00〜18:30(土・日曜は17:30まで)
定休日:祝日、年末年始、お盆





【2】森の時計/二人で童心にかえって、ロマンチックな鳩時計の世界にうっとり♥

森の時計内観

▲ずらりと壁一面に並んだ鳩時計は圧巻!


日本では珍しいドイツ製やスイス製の鳩時計やカッコー時計を専門に扱う『森の時計』。高価なイメージがする鳩時計ですが、2万円前後でも可愛らしいデザインのものがたくさん!彼と二人でふらりと訪れれば、そのノスタルジックなたたずまいにうっとりすること間違いなし♥

そのキュートさに魅かれて欲しくなったら、スタッフに相談を。スタッフは毎年本場ドイツの工房に赴き、時計を買い付けているだけあって、商品の知識も豊富。購入後の扱い方やメンテナンスについてアドバイスしてもらえるので安心です。


森の時計時計

▲店設立当初から人気が高い「山小屋からくりシリーズ」の木こりのお仕事(59,400円)

お店には現在60種以上の鳩時計が展示され、それらを間近で見ることができます。店舗を拡大する2017年春頃には、100点を超えるそうで、これだけの数の鳩時計を見られる機会は他にはないかも!?驚くほど精巧に作られ、ひとつひとつに小さなストーリーが秘められている鳩時計。じっくり見ていたらふたりで童心にかえって楽しめそうです♪

また、デコレーションパーツや時計のムーブメント部分だけの販売もしているので、二人であれこれ言いながらアレンジする楽しみもありますよ。

森の時計

住所:東京都中央区日本橋横山町8-5 4F(1F VERYインターナショナル)
電話:03-3249-8772
営業時間:10:00~17:30
定休日:土・日曜、祝日





【3】お多幸本店/有名おでん屋のランチでツウ好みの味を堪能する

オ多幸本店内観

▲お店は4階建て。1階にはカウンター席とテーブル席があります


日本橋デートのランチで食べたいのが大正12年創業の老舗『お多幸本店』のおでん。半世紀以上にわたり繰り返し継ぎたされてきた秘伝のだしが、種にしっかりとしみた関東風おでんは絶品です。


お多幸本店料理

▲ランチの一番人気は「とうめし定食」(670円)

熱々おでんと熱燗で一杯…と夜のイメージが強いおでんですが『お多幸本店』のおでんはランチでも人気。おでんだしをたっぷりとかけたご飯に、味がしっかりしみた木綿豆腐が大胆に乗った名物の「とうめし」も堪能できます。

「とうめし」に煮物、味噌汁、サラダに漬物がセットでボリュームもバランスも抜群の「とうめし定食」は670円。また、18種ある中から好きなおでん種を3種選べるおでん定食(800円)も用意されています。長年愛される名店の味を、ぜひ堪能してみて。

お多幸本店

住所:東京都中央区日本橋2-2-3お多幸ビル
TEL:03-3243-8282
営業時間:月~金11:30〜14:00 (L.O.13:30)、17:00〜23:00 (L.O.22:15)、土・祝日16:00~22:30(L.O.21:45)
定休日:日曜、年末年始





【4】日本橋 さるや/楊枝専門店で日本の伝統技術の奥深さを知る

さるや楊枝

▲熟練の職人が一本一本手作りする「上角楊枝」(約20本、864円〜)


10万年前から人間が使っていたという記録もある楊枝。日本でも江戸時代に専門店ができ、普及したといいます。

ここ『日本橋 さるや』は約300年もの歴史があり、現在では日本で唯一の楊枝専門店です。楊枝を折るとふんわり香るクロモジという素材を使い、一本一本丁寧に職人が手作りしています。弾力性に富み、しなやかさのある楊枝は折れにくく、歯あたりも抜群。そのため、さるやの楊枝は、由緒ある料亭や老舗和菓子店などでも広く愛用されているのだとか。


さるや職人

▲一本ずつ手作業する楊枝は1日400本程度しか作れないんだそう

極細の「上角楊枝」(約20本、864円~)の他にも、2017年の干支である”酉”の桐箱に入った干支楊枝(約20本、1,000円~)なども取り揃えられています。おうちご飯の後のひとときに、ちょっとリッチな気分に浸りつつ、気が利く小物で女子力もアップしちゃうかも!?

日本橋 さるや

住所:東京都中央区日本橋室町1-12-5
電話:03-5542-1905
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝日





【5】山本山 喫茶室/和を堪能できるカフェでのんびりとしたひとときを過ごす

山本山 喫茶室内観

▲落ち着いた雰囲気の喫茶室スペース。事前予約制でお茶漬けも食べることができます


元禄3年(1690年)創業のお茶と海苔を扱う『山本山』。創業当初はお茶と紙を扱うお店としてスタートしたそうです。煎茶よりも濃厚なコクと甘みを味わうことができ、高級茶としてのイメージが強い「玉露」も、実はこちらの六代目山本嘉兵衛さんが、天保6年(1835年)に発明したのだとか。

日本橋本店ではギフトや、日々の生活で使いたいお茶などを販売しているほか、喫茶室も併設。デートで一休みするのにぴったりな落ち着いた空間で和菓子を味わうことができます。


山本山セット

▲日本橋の名店がコラボした「お茶と和菓子」(700円~、玉露セットは800円)

中でもオススメなのは、同じく日本橋の老舗として知られる『長門』とコラボレーションした「お茶とお茶請けセット」。季節ごとにかわる上品な甘さの和菓子がセットになった「お茶と和菓子」(700円~)と、長門のおせんべいと山本山の、のりせんべいをお茶と一緒に楽しめる「お茶とおせんべい」(500円~)の2種類がラインナップ。お茶は玉露、ほうじ茶、昆布茶、抹茶、煎茶の中から選ぶことができます。

専門店のお茶と和菓子を落ち着いた空間で楽しめる日本橋らしいカフェ。デートで一休みしたい時は、こちらの喫茶室でほっと和んでみるのはいかがでしょう?

山本山 喫茶室(日本橋本店内)

住所:東京都中央区日本橋2-10-2
電話:03-3281-0010
営業時間:10:00~18:00(6~7月および11~12月は9:30~19:00)
定休日:年中無休(元旦を除く)





【6】日本橋だし場/身も心もほっこりあたたまる伝統の味に舌堤を打つ

日本橋だし場内観

▲店内にはスタンディングでだしを味わえるスペースが用意されています


かつお節を中心に「だし・つゆ」など、和食に欠かせない商品を取り扱う『にんべん』。創業は元禄12年(1699年)で、300年以上の歴史を誇る老舗です。特に半年以上の時間をかけて熟成して作る「本枯鰹節」は有名。

そんな『にんべん』が平成22年(2010年)に、コレド室町にオープンしたのが『日本橋だし場』。こちらでは自慢のかつお節をふんだんに使ってとっただしを、スタンディング形式で堪能することができます。


日本橋だし場料理

▲「かつお節だし」、「かつお・昆布の合わせだし」はお好みで塩や醤油を入れて味わうことができます(120ml、各100円〜)

店内にふんわりと漂うだしの香りに思わずにんまり。丁寧にとられただしは旨味が濃縮されていて、さすがの美味しさ!

シンプルなだしの他にも、ランチタイムにはだしを使った日替わりの汁物(360円)、14時からは「かつお節だし トマト仕立て」(120ml、150円~)など様々なメニューがラインナップしています。

店内でだし料理を味わった後は、販売されている自慢のかつお節を買って、彼とのおうちご飯で使ってみはいかがでしょう?きっと忙しい日常を忘れてほっと一息つける素敵な夜ご飯になるはずですよ♪

日本橋だし場

住所:住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 1F
電話:03-3241-0968
営業時間:だし・ドリンクメニュー:10:00〜19:00、ランチメニュー:11:00〜14:00(持ち帰りも可)
定休日:コレド室町1に準ずる





ショッピングもカフェもランチも、日本の粋を感じられる日本橋。そんな日本橋で、違いのわかる大人にぴったりの老舗・専門店めぐりを楽しんでみませんか?彼と二人で、はんなりデートが楽しめるはずですよ。




取材・文:菅原ミホ+都恋堂

※2017年1月10日時点の情報です。施設・店舗の情報、内容等は変更になる場合があります。



東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

まったり + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

定番 + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事