2016/11/28 17:00

【超簡単!】イルミデートで劇的に可愛い自撮り写真を撮るコツ5つ

 

冬になると、キラキラ光るイルミネーションの下で彼と記念撮影するカップルは多いですが、意外と上手に撮るのは難しいもの。顔に影が出来たり、光がきれいに映りこまなかったりして、せっかくの記念写真がイケてない・・・と悩める女子も多いはず。そこで今回は、セルフィー上手な女子大生モデル「キャンパスクイーン」の岡田彩花さんに自撮りのコツを教わりました!

可愛いは作れる!? キャンパスクイーン・岡田彩花さんに聞く自撮りのコツ「5つ」

【コツ1】ツリーなどの大きなイルミは、近づかずに離れた場所から撮ればきれいにおさまる!


大きなツリーやきれいに装飾された建物などの前で自撮りする場合、つい目の前で撮りたくなってしまいますが、自撮りでは近すぎてせっかくのイルミネーションも台無しに。

ツリーやビルの全体がうまくおさまりきらず、後で見返してガッカリ…なんて経験、ありませんか?



「自撮りする場合は、近づきたい気持ちをグッとこらえて、イルミネーションから少し離れましょう」(岡田さん)

イルミの全体がおさまるぐらいに離れると、雰囲気のいい写真が撮れるんだとか。



「インカメラで画面を見ながら撮るのが基本。さらに、レンズが下にくるように、スマホの上下を逆に持って撮ると、下からのアングルで高いツリーも一緒に撮りやすいですよ」(岡田さん)

ベストポジションが定まったら、タイマーをセットして撮ると手ぶれを防止できるのもポイント。



ツリーが天辺まできれいに入って、上手に撮れました! これはイルミネーションの撮影以外にも使えていいですね!

「彼と一緒に写る場合は、ツリーが隠れないように、うまくアングルを調整してみてくださいね」(岡田さん)



下からのアングルになると、面長になるのが気になる・・・という方は、思い切って目から下を切って撮ってみて。

「目だけでも印象的な写真が撮れるので、普通の写真に飽きた方にもおすすめです」(岡田さん)



【コツ2】照明やイルミネーションを利用して「目に光を入れる」と、可愛さ倍盛り!


目に光が映りこむと、漫画の主人公のように目がきらっとしてグッとかわいらしい印象に! 映りこんでいない写真と比べると、まったく印象が違いますよね。



「目に光を映りこませるには、照明や外灯の光が正面にあたる位置を探しましょう。光を味方につければ、いつもの自撮りより可愛く盛れますよ!」(岡田さん)

特に難しい撮影テクニックが必要なわけでもないので、手軽に挑戦できそうですね♪


【コツ4】顔に影ができるのを防ぐには、カメラは目線より少し上に、目と並行に構えて撮るべし!


上目遣いを意識するあまり、アゴを引きすぎてしまうと、光の当たり方が不均一になってしまい、頬骨の下に影ができて表情が暗い印象になってしまうことも。



「アゴを引かずにカメラを目線よりも上に構えることで、上目遣いはキープしたまま、顔に影ができるのも防ぐことができます!」(岡田さん)




【コツ4】暗い場所での撮影は、もう1台のスマホのライトで照らしながら撮ると、顔が明るくきれいに撮れる!


照明のない場所でイルミネーションを撮ろうとすると、顔が真っ暗になってしまったり、顔色が悪くなって可愛く映らなかったりと、撮るのを泣く泣く諦めた経験も少なくないのでは?



そこで活躍するのが、スマホのライト機能です!



「レンズの近くにスマホのライトを近づけて持つことで、顔が明るく映り、さらに目にも光が入り込むので可愛く撮ることができるんです」(岡田さん)

彼のスマホで明るく照らしてもらえば、暗い場所でも二人で素敵な一枚を撮影できますね♪


【テク5】レンズに皮脂をつけて撮ると、チープに写りがちなイルミがポワンと雰囲気のある写真に!


実はイルミネーションは、クッキリときれいに撮ると、かえって雰囲気のない寂しい印象の写真になりがち。



そこで、鼻をレンズにあてて、皮脂をつけてみます。



すると…

「光がぼやけて、印象が柔らかくなり、きらめくイルミネーションの雰囲気が出るんです!」(岡田さん)



比較してみると、一目瞭然! 少し光が飛び気味ですが、まるでレンズにフィルターをつけたかのような明るく雰囲気の柔らかい写真が、簡単に撮れちゃいました!

「写真にキラキラ感が足りないな~という場合、手軽にアクセントを加えられるので、ぜひお試しを♡」(岡田さん)



【before→after】ライターが自撮りテクを実践!劇的に上手く撮れるのか!?


岡田さんに聞いた5つのポイントを駆使して、自撮りの下手さには定評(?)のあるライター・音仲紗良が、実際に自撮りに挑戦してみました!

習う前の写真は、肝心のイルミネーションが映りこんでいなかったり、顔が暗いしなんだかさえないですね・・・。




岡田さんの自撮りテクを実践した後の写真がこちらです!



なんということでしょう!

イルミネーションがばっちり映り込み、ホワンとした光が女の子らしくてイルミネーションのきらめく様子が伝わる雰囲気のある写真が撮れました・・・!



いつもさえない自撮り写真に失笑が聞こえてくる、自撮り下手な私が可愛く盛れています(よね?!)

ほんの少しのコツでこんなに変わるとは、自撮りテク、恐るべしです!



<まとめ>

1年に一度のビッグイベントを華やかに彩るイルミネーション。彼との一生モノの想い出の1枚は、可愛く撮りたいですよね。

岡田さんに聞いた5つの自撮りテクは、自撮りど素人の私ですら簡単にできるアイディアばかりなので、今年のイルミネーションが楽しみになりました(あとは彼氏が間に合えば)。

みなさんも即実践して、彼とのイルミネーションデートを例年よりもっと楽しんでみてください!



●都内のイルミネーションスポットを探すならこちらの特集もチェック!
>>>イルミネーション特集2016


岡田彩花さん

★今回教えてくれたのは
岡田彩花さん(キャンパスクイーン)

1993年生まれ。成蹊大学ミスコン2014グランプリ、Miss of Miss2015アナトレ賞。TVや雑誌、ラジオなど幅広く活躍中。レギュラー番組に、AbemaTV「VS女子大生~バトルする女たち~」レギュラー番組MC(毎週土曜22時~23時)などがある。
⇒岡田彩花さんのtwitterアカウントは@missseikei14_05

音仲紗良さん

★取材・執筆/音仲紗良

教科書・書籍の編集やフリーペーパーの取材・執筆を経て、大手出版社の女性向け情報誌の編集部に在籍。美容をはじめ食やライフスタイル、ファッションなど幅広いジャンルの企画・編集に携わる。現在、独立してフードコーディネーター&スタイリスト/美容・食ライターとして主にメディアで活躍中。

ズボラ&倹約家な性格を生かした、手ごろな食材やアイテムを使ってつくる簡単なのに、ごちそう&おしゃれ感のある食の提案が得意。主に食やインナービューティーに特化した企画の、編集・取材・執筆・レシピ開発・料理制作・スタイリング・撮影と、すべてを担当できるのが強み。

音仲紗良ブログ
株式会社ビューズ

(編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー



※2016年11月28日時点の情報です。内容等は変更になる場合があります。

●彼とクリスマスに行きたいデートスポットはこちらもチェック!
>>>クリスマス特集2016





東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事

流行 + 東京駅・日本橋・丸の内 の関連記事