2016/11/26 17:00

【最新版】夜景ガイドに聞く!横浜みなとみらい「夜景&イルミネーション」最強デートプラン

 

夜景デートでテッパンの「横浜みなとみらい」エリア。夜景は年間を通じて楽しめますが、冬になると街中がイルミネーションで煌びやかになり、いつも以上に夜景が美しくなります。今回は桜木町駅周辺から赤レンガパークの旧横浜駅港まで、穴場ルートを含めた最新の夜景&イルミコースを、夜景ガイドの岩崎拓哉さんがご紹介!


<横浜みなとみらい夜景&イルミデートコース>

  • 【1】みなとみらいの夜景を眺めながら散歩を楽しめる「汽車道」
  • 【2】「運河パーク」でワールドポーターズ前のイルミネーションを満喫
  • 【3】汽車道の混雑を避けてゆったり歩ける「北仲通~ノートルダムルート」
  • 【4】クリスマス時期限定の全館点灯を眺められるベストビューポイント「万国橋」
  • 【5】お洒落なショップやレストランが並ぶオープンスタイルの「MARINE&WALK YOKOHAMA」
  • 【6】ベンチに座って赤レンガ倉庫を眺められる「旧横浜港駅」
  • 【番外編】暖かい室内から夜景を楽しめる「横浜ランドマークタワー」&「横浜マリンタワー」


【1】みなとみらいの夜景を眺めながら散歩を楽しめる「汽車道」


ワールドポーターズや赤レンガ倉庫、今年話題の新名所「MARINE&WALK YOKOHAMA」がある新港地区へのアクセスは、汽車道を通るルートが定番中の定番。

レール跡が残った遊歩道を歩きながら、左手にはランドマークタワーやアニヴェルセル、コスモクロックなどを見渡すことができます。水面に反射した光も輝きが増していて、夜景デートのテンションも上がっていきますよ!



汽車道を歩いていると、みなとみらい全体を見渡せる左側に目が奪われがちですが、右手を向くと2016年8月にオープンしたばかりの結婚式場「ノートルダム横浜みなとみらい」のライトアップが見渡せます。

汽車道の右手にはベンチもあるので、彼と肩を並べて座りながら、ロマンチックに夜景を楽しめるのもうれしいところです。



【2】「運河パーク」でワールドポーターズ前のイルミネーションを満喫


汽車道を抜けると、運河パークにたどり着きます。

横浜ワールドポーターズの周辺は毎年、クリスマスシーズンになるとイルミネーションが開催され、中でも花と大きなベルをイメージした正面ゲートのイルミネーションが一番の見どころ。

彼と一緒にエスカレーターを上がると光のゲートに包まれ、幻想的な空間からみなとみらいの夜景が見渡せます。



正面ゲートの手前には「光のオアシス」と呼ばれるイルミネーションがあり、ツリーを模ったオブジェが美しく、眺めていると華やかな気分になれますよ。


ファンタスティック クリスマス ~Future Christmas Garden~
開催場所:横浜ワールドポーターズ
開催期間:開催中~2016年12月25日(日)
点灯時間:16:30~24:00

>>イベントの詳細はコチラをチェック



【3】汽車道の混雑を避けてゆったり歩ける「北仲通~ノートルダムルート」


先ほど紹介した汽車道~運河パークを通るルートが定番ですが、休日は混雑するので、穴場ルートも紹介したいと思います。

汽車道の入口右手にある北仲橋を渡ると左手に「北仲通北第一公園」の看板があり、こちらのルートからも赤レンガ倉庫方面へアクセスできます。

万国橋までのルートに3つの公園があり、ベンチに座って夜景を観賞できるのもポイント。




また、北仲通北第二~第三公園の間には結婚式場「ノートルダム横浜みなとみらい」があり、フットライトで照らされた遊歩道がテラスのようになっていて、雰囲気も抜群。

ここなら休日もそれほど混雑しないため、彼とゆっくり夜景を楽しみたい女子には、穴場ルートとしてオススメです!



【4】クリスマス時期限定の全館点灯を眺められるベストビューポイント「万国橋」


運河パークからナビオス横浜のゲートを抜けると、右手に万国橋が見えます。

全長約50mの小さな橋からはみなとみらいの夜景全体を見渡せ、ここで記念撮影を楽しむカップルや観光客の姿が目立ちます。

万国橋からの夜景はランドマークタワーなどオフィスビルの明かりがメインとなるため、より美しい夜景を眺めるなら、休日よりもオフィス階の明かりが灯っている平日が狙い目です。



また、毎年クリスマス間近になるとランドマークタワーやクイーンズスクエアなどのオフィスビルが全館点灯され、一夜限りの絶景が楽しめます。

今年は12月22日(木)に開催されるので、お仕事帰りのデートでぜひ立ち寄ってみてください!


TOWERS Milight~みなとみらい21オフィス全館ライトアップ~
開催日:2016年12月22日(木)
点灯時間:16:30~21:30

>>イベントの詳細はコチラをチェック



【5】お洒落なショップやレストランが並ぶオープンスタイルの「MARINE&WALK YOKOHAMA」


2016年3月にオープンした「MARINE&WALK YOKOHAMA」は、横浜港を眺められるレストランやアパレルショップが充実する話題の商業施設。

建物の北側には歩道が整備されていて、遠くにはグランドインターコンチネンタルホテルの建物も望めます。

雰囲気がとても良く、2階のデッキからは赤レンガ倉庫も見渡せます。夜景を眺めながらディナーも楽しめるので、デートにぴったりですね。



遊歩道にはベンチがあり、横浜港を眺めながらゆったりできます。

昼間は多くの観光客や家族連れで賑わいますが、夜間になると遊歩道を訪れる人が少なくなるので、穴場スポットとして活用できそう。

海を眺めながら語り合うような、ロマンチックなシーンにぜひ!


【6】ベンチに座って赤レンガ倉庫を眺められる「旧横浜港駅」へ


そして最後にご紹介する場所が、赤レンガ倉庫の裏にある、旧横浜港駅のプラットフォーム。

かつては東京駅まで繋がっていて、蒸気機関車も走っていたようですが、現在は一部の旅客ホームのみ取り残され、ライトアップされた鉄骨屋根が印象的です。

ホームには休憩所として使われているベンチがあり、正面には赤レンガ倉庫や横浜マリンタワーが見渡せます。

休日でも混雑感が少ない場所なので、MARINE&WALK YOKOHAMAでディナーを楽しんだ後に、立ち寄ってゆったり夜景を楽しんでみるのもオススメですよ!



また、反対側を向くとMARINE&WALK YOKOHAMA、遠くにはランドマークタワーやナビオス横浜を見渡せます。

お散歩コースの最後に横浜みなとみらいを見渡して、夜景デートを締めくくるのも良さそうですね!


<最後に>暖かい室内から夜景を楽しめるスポットも!

今回は汽車道~旧横浜港駅までのおすすめルートを紹介させていただきましたが、寒さ厳しい真冬に外を巡るデートは女性には厳しいかもしれません。

横浜みなとみらいの夜景を屋内から楽しむなら、「横浜ランドマークタワー」「横浜マリンタワー」もオススメです。

散歩コースに屋内の夜景スポットを組み込むと、冬の横浜夜景デートをより楽しめますよ。彼との横浜デートプランを考えている女子のみなさんは、ぜひ参考にしてみてください!




岩崎 拓哉(夜景写真家、夜景フォトグラファー)
岩崎 拓哉(夜景写真家、夜景フォトグラファー)

岩崎 拓哉(夜景写真家、夜景フォトグラファー)

1980年大阪府出身。神奈川県川崎市在住。2003年より夜景写真家として活動し、国内外2000カ所以上撮影。Webエンジニアの経験も活かし、夜景情報サイト「夜景INFO」を運営するほか、夜景撮影ツアー講師、メディア出演も。著書に「プロが教える夜景写真 撮影スポット&テクニック(日経ナショナル・ジオグラフィック社)」など。

<HP>http://www.nightview.info/

<Blog>http://www.yakei-photo.jp/blog/

<Twitter>https://twitter.com/yakeiphoto



※文・写真/岩崎拓哉
※2016年11月26日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。


●横浜みなとみらいのイルミネーション情報はこちらもチェック!
イルミネーション特集2016


●2016年のクリスマスイベントはこちらをチェック!
クリスマス特集2016




東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

夜景 + 横浜 の関連記事

+ 横浜 の関連記事