2016/10/26 16:00

秋の夜デートにぴったり!彼と行きたい都内の紅葉ライトアップスポット6選

 

木々を美しく彩る紅葉の季節。日が暮れてライトアップされると、その美しさはさらに幻想的に浮かび上がります。見ごろは11月末から12月初旬。春のお花見とはまた違う趣きがあってロマンチックなこの季節、彼と夜のおでかけを楽しみませんか? 都内で紅葉をライトアップしているスポット6つをご紹介します!

優雅な夜のティータイムも!「ホテル椿山荘東京」で楽しむ庭園散策

▲庭園内の三重塔も美しくライトアップされる。


ホテル椿山荘東京の庭園は日没時からライトアップされ、宿泊や食事利用の方は23時まで散策可能。夜の庭園デートには最適です。庭園内には由緒ある史跡が点在しており、中には有形文化財として登録されているものも! 幻想的な光の中、東京にいることを忘れてしまうような気分になれますよ♡ 紅葉の見頃は12月初旬です。


  • ▲ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」の店内

ホテル3階のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」からも、ライトアップされた庭園を望むことができます。夕方以降のメニュー「イブニングキュートティー」は1日20食限定のセット(3,000円)。美しい庭園の眺めと美味しいスイーツが、ロマンチックな気分を盛り上げてくれそう♪


庭園の紅葉ライトアップ&クリスマスデコレーション
期間:2016年11月1日(火)~12月25日(日)
時間:日没後~


ホテル椿山荘東京

住所:東京都文京区関口2-10-8
最寄駅:早稲田/江戸川橋
開園時間:6時~23時
定休日:無休



【※終了】歴史と風情を味わう、大人のデート。国の特別名勝「六義園」


1702年の築園当時から小石川後楽園とともに“江戸の二大庭園”と数えられてきた「六義園」は、回遊式築山泉水庭園。11月19日(土)から12月7日(水)までは開園時間を21時まで延長し、駒込駅から徒歩2分の染井門が開門されます。

朱色や黄金色に輝く木々がライトアップされ、水面に映し出される様子は幻想的! 江戸から続く長い歴史に、二人でじっくりと思いを馳せてみては。



園内のもみじ茶屋、抹茶茶屋も営業時間を延長。お抹茶セットや甘酒、豚汁などの軽食を楽しんだり、お土産処で六義園オリジナル手ぬぐいや人形焼きが購入できたりと、秋の夜祭り気分が味わえますよ。


六義園「紅葉と大名庭園のライトアップ」
期間:2016年11月19日(土)~12月7日(水)
時間:9:00~21:00(最終入園は20:30)


六義園

住所:東京都文京区本駒込6-16-3
最寄駅:千石/駒込
開園時間:9時~17時(ライトアップ期間のみ~21時)※最終入園は閉園の30分前まで
入園料:一般300円
定休日:年末年始休(12月29日~翌年1月1日)



【※終了】月明かりの下で音楽を楽しむ♪「大田黒公園」の回遊式日本庭園


杉並区荻窪にある「大田黒公園」は、音楽評論家・大田黒元雄氏の屋敷跡地につくられた公園。庭園内を歩きながら楽しむ、回遊式日本庭園です。荻窪駅側の檜(ヒノキ)の門から庭園まで続くのは、樹齢100年超の銀杏並木。その先には芝生広場、そして庭園の主役とも言える池を紅葉が美しく彩ります。

11月25日(金)には紅葉ライトアップがスタート。仕事帰りに待ち合わせて、夜のピクニック気分を楽しむデートはいかが?


期間中の11月27日(日)には、“音楽の秋”を楽しむ「紅葉コンサート」も。芝生地での箏(こと)の演奏を2回にわたって開催します。

園内の茶室では抹茶と和菓子のセット(500円)の販売も。秋の夜を彩る音楽に耳を傾けながら、ロマンチックな夜時間が過ごせそう!


大田黒公園 紅葉ライトアップ
日時:2016年11月25日(金)〜12月4日(日)
平日 日没後〜20:00(最終入園19:45)/土日 日没後〜21:00(最終入園20:30)
料金:入園無料


紅葉コンサート
日時:2016年11月27日(日) 15:00~、18:30~
料金:参加費無料


大田黒公園

住所:東京都杉並区荻窪3-33-12
最寄駅:荻窪



【※終了】週末はスペシャルイベントも。五感で楽しむ「目白庭園」のライトアップ


目白庭園の「秋の庭園ライトアップ」は通常閉園時間の30分後、17時30分からスタート(夜間入園料200円)。彩り豊かな紅葉が照らし出される庭園内の照明演出は、社会人スクール「リカレント」照明デザイン科の学生によるもの。コンペの優勝作品を協力企業と共同制作し、訪れる人を楽しませてくれます。


  • ▲12月3日(土)には「インド舞踊」のパフォーマンスを上演(参加料1,000円)

長屋門には、錦花池坊による野外いけばなの創作オブジェを展示。また、「香老舗 松栄堂」によるお香の香りの演出も楽しみのひとつです。

さらに週末には、箏と尺八のコンサートや雅楽のコンサートなども開催されます。インド舞踊と日本庭園のコラボレーションというめずらしいイベントも! 申し込みは10月末まで(詳細はホームページを参照)。二人の五感を刺激する体験ができそうです♪


秋の庭園ライトアップ
期間:2016年11月25日(金)~12月4日(日)
時間:17:30~21:00(最終入園 20:30)


豊島区立目白庭園

住所:東京都豊島区目白3-20-18
最寄駅:目白/雑司が谷
開園時間:9時~17時/ライトアップ17時30分~21時
定休日:第2・4月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日が休園)※ライトアップ期間中は開園
入園料:ライトアップ時は200円(通常入園料は無料。イベントごとに参加費が異なります)



【※終了】レトロな雰囲気にときめく♡ 「江戸東京たてもの園」の紅葉とたてもののライトアップ


小金井市にある野外博物館「江戸東京たてもの園」の広い敷地内には、江戸時代から昭和初期までの復元建造物30棟が並びます。11月25日(金)から27日(日)まで開催される「紅葉とたてもののライトアップ」では、レトロな雰囲気の邸宅と鮮やかな紅葉がライトアップされ、さらに幻想的なムードに。


ガス灯や暖炉、囲炉裏などの“昔のあかり”を体験する特別なイベントも開催。まるでタイムスリップしたかのような、不思議な気分が味わえそう!

さらに、東の広場では「キャンドルナイト」が行なわれます。温かくやわらかなキャンドルの火が並び、心地よい癒しの空間に。非日常感あふれる「夜のたてもの園」を散策すれば、二人の親密度もアップしそう♡


紅葉とたてもののライトアップ
期間:2016年11月25日(金)〜27日(日)
時間:16:30〜20:00(入園は19:30まで)

>>このイベントの詳細はこちら


江戸東京たてもの園

住所:東京都小金井市桜町3-7-1
最寄駅:武蔵小金井/花小金井からバス5分
開園時間:9:30〜16:30(10月〜翌3月)、9:30〜17:30(4月〜9月)
休園日:月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始
入園料:一般400円



【※終了】芝庭からうっとり眺めたい♡ 「東京都庭園美術館」の日本庭園


昭和初期に建てられたアール・デコ様式の洋館であり、国の重要文化財に指定されている歴史的建造物「旧朝香宮邸」。その美しい邸宅を美術館の本館として一般公開しているのが「東京都庭園美術館」です。

“庭園”という名の通り、広い敷地の中には芝庭と、池と茶室を持つ日本庭園、目黒通り沿いの西洋庭園があります。整備工事中のため、現在公開されているのは芝庭のみですが、日没後にライトアップされる日本庭園の紅葉は芝庭からのんびりと鑑賞できますよ♪


  • ▲夜間特別開館の期間に提供されるナイトメニュー「鶏ときのこと彩り野菜のペンネグラタン」1,200円(※内容は一部変更の可能性あり)

11月25日(金)から27日(日)までの3日間は夜間特別開館が予定されています。ギャラリートークなど展覧会の関連イベントが開催されるほか、館内の「カフェ ド パレ」には期間限定のナイトメニューも登場。美しい庭園を眺めた後は、夜カフェで優雅にワインとオードブル、なんて素敵ですよね♡


夜間特別開館
日時:2016年11月25日(金)~27日(日) 20:00まで開館(最終入場は19:30)


東京都庭園美術館

住所:東京都港区白金台5-21-9
最寄駅:白金台/目黒
開園時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
定休日:第2・第4水曜日(祝祭日の場合は開館、翌日休館)、年末年始
料金:庭園入場料 一般100円
※館内カフェ利用の際は展覧会チケットが必要です(一般900円)



まとめ

仕事帰りのデートにもぴったりの、夜の紅葉狩り。紅葉ライトアップの見ごろは11月末から12月初旬なので、今からデートの計画を立ててみては? 夜は冷えるので、ストールなどの防寒対策も忘れずに。



ライター:根本暖子
※2016年10月27日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。

東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 池袋 の関連記事

まったり + 池袋 の関連記事