2016/7/27 10:00

【六本木】ビアジャーナリストが伝授!デートで女性が喜ぶビアバー3選

 

六本木と言えば遊び慣れた大人をも夢中にするアトラクティブなエリア。たくさんの店があるけれど、ビール好きの彼女が喜ぶお店をスマートに選びたい。日本ビアジャーナリスト協会のビアジャーナリスト・コウゴアヤコが、六本木デートに使えるビアバー3店をご紹介!

外国人も多く集うスコットランド発のビアバー「BrewDog Roppongi」

▲ノーチャージで待ち合わせにも最適。

スコットランド発の個性的な醸造所BrewDog(ブリュードッグ)のオフィシャルバー「BrewDog Roppongi」。世界中に愛好者が多い醸造所とだけあって、店内で聞こえてくる声も多国籍。賑やかな雰囲気の中、異国気分のデートを楽しんでみては?

樽生ビールは自社のものが10種類と国内外のクラフトビール10種類。甘いもの、苦いもの、ハイアルコールなど味わいの幅が広く、型にはまらないユニークなラインナップ。迷ったらフレンドリーな店員さんに聞いてみよう。


▲フードはボリュームがあるので、二人で仲良くシェアして。

フードはイギリスの伝統料理「チキンティッカマサラ」や「ハギス」の他、ハンバーガー、チーズなど個性的なビールにぴったりの料理が揃っている。中でも人気は「Punk IPA vsフィッシュ&チップス」1,500円。看板ビール「パンクIPA」を衣に使っており、カリッとした食感がたまらない。

会計方法は選べるので、キャッシュオンで気軽に一杯を楽しんだり、後会計でゆったり過ごすのも。多国籍なおしゃれビアバーにスマートにエスコートすれば、あなたの株も上がること間違いなし。


▲店内のボトルショップでは、珍しいビールやグッズの販売も。

BrewDog Roppongi(ブリュードッグ ロッポンギ)
住所:東京都港区六本木5-3-2 齋藤ビル1F
電話:03-6447-4160
営業時間:月〜金曜日17:00〜24:00、土・日・祝日 15:00〜24:00
定休日:無休




洗練された大人のためのビアバー「BeerBar富士桜Roppongi」

▲定番ビール。左からピルス、ヴァイツェン、ラオホ、シュヴァルツヴァイツェン
(Mサイズ700円、Lサイズ1,000円税別)

六本木にいることを忘れてしまいそうなほど、落ち着きのある和の空間でビールが楽しめるのは「BeerBar富士桜Roppongi」。河口湖にある「富士桜高原麦酒」の直営店だ。富士山の天然水を使い、ドイツに学んだ醸造技術で造られる本格的なドイツビールが飲める。世界的なビールコンペティションで数々の賞を取っており、その品質はお墨付き。

ビールは同社のものと、ドイツや国産のクラフトビールが10種類ほど。「富士桜Roppongi Draft1」や「サマーヴァイツェン」などの限定ビールはとくにファンが多く、すぐに売れ切れてしまうので見つけたらすぐ注文しよう。


▲料理は山梨県の食材を使用したオリジナルメニュー。「信玄鶏やわらか揚げ」1,880円税別。

スタイリッシュな店内の雰囲気は、大人の上質な六本木デートを演出してくれる。約10メートルの白木のカウンター席は、二人並んでゆったりと飲むのにぴったり。より親密に過ごしたいなら奥の個室の予約を。大切な記念日のデートにも。


▲ゆっくり食事が楽しめる個室。掘りごたつ式で足が痛くならない。

BeerBar富士桜Roppongi
住所:東京都港区六本木4-8-7 嶋田ビルB1F
電話: 03-5411-3333
営業時間:平日 17:00〜23:30、金・祝前日 17:00〜29:00、土・祝日 16:00〜23:30
定休日:日曜日・月曜の祝日




深夜デートの味方。6時まで開いている「ANT’N BEE」

▲女性店長ならではの明るく可愛らしいビアバー。

朝6時まで営業しているビアバー「ANT’N BEE(アントンビー)」。深夜を過ぎても美味しい料理でお腹も満たすことができ、遅い時間からのデートや夜遊びの強い味方だ。


▲ゴルゴンゾーラソースの「じゃがごん!」720円にはペールエールがよく合う。

ビールは国産のクラフトビールが樽生で22種類。女性が好むフルーティなビールから、マニア垂涎のレアビールまで豊富なラインナップ。日替わりでどんどん変わるのでいつ行っても新しい味が楽しめる。メニューには簡単な解説の“一言コメント”が添えられているので、クラフトビールに詳しくない二人でも安心。何を注文しようかあれこれ相談し、シェアして飲めば相手との距離も縮まりそう。

女性が店長とだけあって、細やかな気遣いとアットホームな雰囲気。つい夜が更けるのも忘れて過ごしてしまいそう。朝まで一緒にいたい人を誘ってみては?


▲フードメニューは写真付き。「せーの」で食べたいものを指さしてみよう。

ANT’N BEE(アントンビー)
住所:東京都港区六本木5-1-5 地下1階
電話:03-3478-1250
営業時間:17:00〜翌6:00
定休日:無休




取材・文/コウゴアヤコ

※2016年7月27日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。


コウゴ アヤコ
コウゴ アヤコ

コウゴ アヤコ

旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。35カ国以上飲み歩いても最後は東京に戻ってきてしまう東京ラバー。ビアジャーナリストとして様々なメディアで活躍中。


http://gogorinreise.blog34.fc2.com/

http://www.jbja.jp/archives/author/kogo


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

定番 + 六本木 の関連記事

まったり + 六本木 の関連記事