東京のエステ・マッサージ・美容室・スパ・ネイル・まつげサロン情報

サロン検索:

  1. レッツビューティ
  1. 枕選びは高さが重要! 低めのマクラ+タオルで調節

枕選びは高さが重要! 低めのマクラ+タオルで調節

こんにちは、肩こり治療専門店 仙人掌(さぼてん)代表の一色泰造です。お客様から「...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、肩こり治療専門店 仙人掌(さぼてん)代表の一色泰造です。お客様から「肩こりが酷いんですけど、枕が合ってないんでしょうか?」など、枕に関する質問をいただくことは多いです。

枕選びで重要なのは睡眠の導入のしやすさと寝返りのしやすさにあります。特に重要なのは枕の高さです。



低めの枕+バスタオルで調節

枕の高さは、頭が脊柱のラインより少し挙上されている程度が良いでしょう。仰向けであればちょっと低め、横向きであればやや高めくらいの印象になるかと思います。このくらいの高さであれば、仰向けの場合は寝返りがしやすく、横向きの場合でも身体がねじれません。

枕の高さを合わせるのにオススメしたいのがバスタオルです。バスタオルを畳んだり丸めたりすることで厚さを自由に変えられるので、非常に重宝します。



睡眠時の姿勢は「正しさ」より「寝やすさ」

眠るときの正しい姿勢の良し悪しは様々で、色んな意見があります。例えば、野生動物はうつ伏せに寝るからうつ伏せが良い説、胃の出口が右向きだから右下にして寝た方が胃の働きを助けるので良い説、内臓が圧迫されずに血流が満遍なくめぐるので仰向け最強説などなど。

どれも一理あるような感じですが、指圧師的にはどうせ寝返り打つのでお好きなのでどうぞと申し上げたい。気分や体調によって寝やすい姿勢も変わると思います。



寝返りキッチリできてますか?

指圧師的には寝返りがキッチリできているかどうかに注目します。人は一晩で平均20~30回寝返りを打つと言われています。


寝返りをキッチリすることで
・身体の特定箇所への圧迫を防ぐ
・身体の熱を放散させ、汗を蒸発させる
・特定部位の筋肉の負担を減らす
・身体が歪むのを防ぐ

など、身体の調子を維持したり整えたりする効果が満載です。

逆に、寝返りがしっかりできないとずっと同じ姿勢でいることになるので首肩や腰周りの筋肉に負担がかかります。ここから、肩こりにつながってしまうというわけです。



就寝前の枕合わせはけっこう楽しい

私はかなり枕合わせが好きで、寝室に枕を3種類、枕にしているクッション2種類、そして枕用バスタオル2枚を日々駆使しています。寝に入る時に体勢を決めて、枕とバスタオルで高さを合わせてしっくり来た時の「キマッた感」がすごく好きです。真剣にやるとけっこう楽しいです。

みなさんもぜひ楽しみながら枕と戯れてみてください。朝起きた時に日々の疲れや肩こりがいつもより楽になっていると思いますよ。


著者
一色 泰造
1982年1月26日生まれ
東京都出身
あん摩マッサージ指圧師
国士舘大学ウエイトリフティング部 コーチ
ホームページ:肩こり治療専門店 仙人掌(さぼてん)代表


イラスト
ude
ツイッター:@truklagooon


編集・構成
斎藤充博
ツイッター:@3216



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美人のタネ
 最旬美容で品のある女性に♪大人の自分磨き特集
このページの先頭へ